Topimg

特集(快適な山登りを目指し)

〜山グッツ拝見〜

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山グッツ拝見

 リュックの中身を拝見〜冬の日溜まりのワンディハイク〜 


無雪期のハイキングクライミング グッツAtuko会長のテント縦走夏山小屋泊まり縦走冬山日溜まりワンディハイク

少しでも快適な登山のためにリュックサックやウェア、登山靴やコッヘルなど、山グッツ選びは気になるところです。山の仲間はどんな道具を持っているのか、どんな工夫をしているのか・・・。今回は2月の学習会で紹介したYさんのリュックサックの中身を拝見してみましょう。

ザックの中身は行く山、目的、日数、季節により違います。今回は冬の日溜まりワンディハイクを想定したリュックの中身を紹介しましょう。

リュックの中身を如何に軽くするか、如何に楽しむか。自分の体力に見合った範囲でその中身を選択する必要があります。便利なものでも自分の体力を越えたも のをリュックに詰め込んでは楽しいはずの山登りが苦痛になります。また必要なものを持って行かなければ最悪事故に?がることも考えられます。

Yさんはカモシカライトハイカーの使い込んだザックに、上手にパッキングしていました。冬の日帰りハイクだと10kg程度になると言います。

 必需品−山の会の山行計画書に載っているもの

ザック(25リットル〜35リットル程度)、雨具、水筒(プラティハスとペットボトル)、ヘッドランプ(LEDライト 50時間対応)、替下着、靴下、帽子、手袋、筆記用具、メモ帳、テッシュペーパー(トレペ)、ポリ袋(レジ袋)、ナイフ、靴紐予備、時計、計画書、会員書、保険書(コピー可)、常備薬、地図、磁石、小物一式(手拭かタオル、財布、化粧品ほか)が必要です。

タオルはウルトラマイクロファイバーのタオルが便利。髪の毛の100分の1の極細繊維で、汚れが取り易いと言います。

冬の日溜まりワンディハイクではこのほか防寒着(フリース・羽毛ベスト)が必要になります。

ザックはカモシカライトハイカー
ザックはカモシカライトハイカー
ザックはカモシカライトハイカー
ザックはカモシカライトハイカー
雨具、上下を別々にパッキング
雨具、上下を別々にパッキング
ウルトラマイクロファイバータオルと地図
ウルトラマイクロファイバータオルと地図
水筒はPlatypusのソフトボトル
水筒はPlatypusのソフトボトル
350ミリのペットボトル、穴をあけたキャップを持っていくと傷を洗う時に便利
350ミリのペットボトル、穴をあけたキャップを持っていくと傷を洗う時に便利
LEDヘッドランプと予備電池
LEDヘッドランプと予備電池
冬は羽毛のベスト
冬は羽毛のベスト

 必需品−必要に応じ持っていくものもの

折りたたみ傘、食器、テルモス、補助ロープ、スパッツ、軽アイゼン、ストック、ザックカバー、携帯電話、温泉セット

冬山では軽アイゼンは必ず持って行きましょう。

6本爪の軽アイゼン
6本爪の軽アイゼン
チタンの軽いテルモス
チタンの軽いテルモス

 共同装備−パーティごとに用意するもの

救急薬品、カメラ、コンロ、コッヘル、ツェルト

救急薬品はバンソウコウ、バンドエイド、滅菌ガーゼ、三角布、消毒薬、綿棒、体温計、鎮・解熱剤、小型ナイフ・はさみ(登山医学入門より)。

ツエルトは軽量のものが発売されています。90cm×200cm×90cmで230g、リックの中に入れておくといざという時にも安心です。

救急薬品
救急薬品
ツエルト
ツエルト

 食糧・嗜好品

主食(お握り、パンなど)、予備食(どらやきやアンパン)、非常食(保存がきくもの)、行動食(食べやすい、高カロリー)

嗜好品は牛乳パック入れた果物、好きなお菓子、紅茶やコーヒーなどの飲み物を用意します。

非常食・行動食
非常食・行動食
牛乳パックに入れたバナナ
牛乳パックに入れたバナナ

 非常袋

緊急連絡メモ、鉛筆、固形燃料、ライター、ガムテープ、針金、サバイバルシートをセットにして小袋に入れていきます。

針金やガムテープは靴など壊れた時の補修など色々使い道があります。

非常袋
非常袋

 あると便利なもの

新聞紙、大きなビニール袋、ホカロン

新聞紙は濡れたもののほか寒さにも有効です。また大きなビニール袋は雨の日の荷物の水濡れにも有効でしょう。

新聞紙と大きなビニール袋
新聞紙と大きなビニール袋
ホカロン・トイレットペーパー
ホカロン・トイレットペーパー

 その他

7点セット(ロープ、カナビナ、シュリンゲ)、高度計、ホイッスルなど

ロープやシュリンゲは急な崖や岩場の通過などで利用します。普段からロープの使用方法などを覚えておかなければいざという時に役に立ちません。

7点セット(ロープ、カナビナ、シュリンゲ)
7点セット(ロープ、カナビナ、シュリンゲ)
高度計
高度計

 パッキングの仕方その他

下のほうに軽いもの(替下着など)あまり使わない物、上に重い物やすぐ使うものを入れる。左右のバランス。背中側が密着するようにするようにしましょう。

レジ袋の色や小袋の色を変えることにより、リュックの中に何があるか判りやすくすることができます。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。
TAG:,山グッツ

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

電脳登山のすすめ(スマホ編)  電脳登山今回のテーマはスマホ、アウトドア・・・

電脳登山のすすめ(時計編)  最新のデジタル機器を活用した電脳登山(デ・・・

山グッツ・無雪期ハイク  小物など持ち物も工夫した無雪期の日帰りハイク

山グッツ・クライミンググッツ  安全に岩を楽しむにはクライミンググッツが・・・

山グッツ・テント縦走  テント山行では荷物も多くなりますので、軽・・・

山グッツ・夏山小屋泊まり  小屋泊まりの縦走では食事や寝床は小屋から・・・