Topimg

特集(快適な山登りを目指し)

〜山グッツ拝見〜

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山グッツ拝見

 山グッツ拝見〜リュックの中身拝見(テント縦走)〜 


無雪期のハイキングクライミング グッツAtuko会長のテント縦走夏山小屋泊まり縦走冬山日溜まりワンディハイク

リュックの中身拝見の3回目はatuko会長のリュックサックです。松戸山の会でも1、2を争う健脚で、夏冬を通じ重いリュックザックを背負いテント縦走を楽しんでいます。

 テント山行は軽量化が第一

テント山行では荷物も多くなりますので、軽量化を第1に考えることが大切です。

ザックはMILLET HN55/65とMILLET GJ50の2種類ありますが大体65リットルを活用しています。

日数や食事の内容、荷分けの仕方などによりザックの重さは一概に言えないようですが、夏山で16〜18kg、冬山だと18〜20kg程度になると言います。やはりそれなりの体力が必要と言うことでしょう。

MILLET HN55/65
MILLET HN55/65
MILLET GJ50
MILLET GJ50
夏用シュラフ(羽毛)Puro Monte EL150
夏用シュラフ(羽毛)Puro Monte EL150
スリーシーズンシュラフ(化繊) Mont-bell#7
スリーシーズンシュラフ(化繊) Mont-bell#7
冬用シュラフ(羽毛) Mt.Fly
冬用シュラフ(羽毛) Mt.Fly
3つを並べたところ
3つを並べたところ
収納袋に入れたところ
収納袋に入れたところ
シュラフカバー
シュラフカバー
テント一式
テント一式
テントを収納したところ
テントを収納したところ
エアーマット
エアーマット
銀マット
銀マット

夏用シュラフPuro Monte EL150は本体重量470g(羽毛量150g)です。 Mont-bellの3シーズン用シュラフは690g(本体重量)、冬用シュラフはオーダー品で、羽毛量700gですので、−20℃で使用しても全く寒さを感じません。また、シュラフが濡れないようにするため、その上にシュラフカバーを被せます。

テントはやはりRIPENの商標でお馴染みのアライです。ペットボトルと比較すると大きさが判ります。テントをを張ったら銀マットを敷き、次にエアーマットを膨らませます。

 水筒とコッヘル

コッフェルは、人数によって大きさを選びます。

ガスも下置き式の方が安定が良く、プリムス/スパイダー、EPIgas/SPILITの2種類を使い分けています。2つとも軽量ですが、EPIgasの方が火力は大きいため冬はこれを使います。

水筒はAtuko会長もPlatypusのソフトボトルを利用しています。

水筒類
水筒類
コッフェルと食器
コッフェルと食器
コンロ類
コンロ類
スタッフバック
スタッフバック

 アイゼンやピッケルなど

雪山では、アイゼン(12爪)、ピッケル、ワカンを持っていきます。

−20℃の中でテントを張り生活するので、テント内ではテントシューズや象足を履きます。テントシューズは保温のため、外に行く際に登山靴を履かず象足のまま出るのでとても便利です。

また、テントでは雪を溶かしてお水を作るためどうしても濡れますので、象足は濡れ防止の役目も果たします。

12爪アイゼン
12爪アイゼン
ピッケル
ピッケル
ワカン
ワカン
テントシューズと象足
テントシューズと象足

テント生活ではお水を多めに汲んでテントサイトに用意しておくためポリタンクが必要です。また、冬はもちろんですが、テルモスを用意し行動中に温かいお湯を飲むとリラックスできます。

 雨具、ウェストポーチ

ザックの腰ベルトに薄いウエストポーチをつけています。

その中にはすぐに取り出せるように、1.地図、2.磁石、3.筆記用具、4.計画書などを入れておきます。

小物類はポーチに入れておくとバラバラにならなくて便利です。

1.替え靴ひも、2.常備薬、3.ヘッドランプ(替え電池)、4.ホイッスル、5.ナイフ、6.虫よけスプレー(夏のみ)、7.三脚などを入れます。

雨具
雨具
ウエストポーチ
ウエストポーチ
ウエストポーチの中身
ウエストポーチの中身
小物類
小物類
ビナ類
ビナ類
カメラなど
カメラなど

その他、トイパー(中の芯を取出しスルスル取り出しやすくしたもの)、BC方式の山行であればサブザック、サングラス、デジカメを持っていきます。

サングラスは夏山だけでなく、春山の残雪期などは特に反射が大きいので目を保護するため必ず持参します。

デジカメは思い出を残すためだけでなく、通過点の記録として筆記用具を取り出さなくても撮っておくと記録が正確で面倒ではありません。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。
TAG:,山グッツ

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

電脳登山のすすめ(スマホ編)  電脳登山今回のテーマはスマホ、アウトドア・・・

電脳登山のすすめ(時計編)  最新のデジタル機器を活用した電脳登山(デ・・・

山グッツ・無雪期ハイク  小物など持ち物も工夫した無雪期の日帰りハイク

山グッツ・クライミンググッツ  安全に岩を楽しむにはクライミンググッツが・・・

山グッツ・夏山小屋泊まり  小屋泊まりの縦走では食事や寝床は小屋から・・・

山グッツ・冬の日溜まりのワンディハイク  冬の日溜まりワンディハイクを想定したリュ・・・