Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 奥多摩 棒ノ折 温泉付き班山行 


 山名
棒ノ折山969m
 山行日
2014年10月26日(日)
 人数
L:W.Kほか11人
 コース
八桑−名坂峠−黒山−棒ノ折山−さわらびの湯
 費用
交通費3,240円、入浴・雑費800円
 
コースmap
棒ノ折山 登山コース
 

 コ−スタイム

10/26(日・晴れのち曇り) 新松戸5:50=(JR)=川井8:24=(バス)=八桑9:45−10:00名坂峠10:10−11:40黒山12:00−12:40棒ノ折山12:55−15:00さわらびの湯

 

 集合から

今回の山行は久々の山歩き。新松戸武蔵野線ホームで山の会の人が大勢で待っている。何とH谷リーダー率いる「高柄山グループ」と同じ電車に乗り合わせることになった。似たような人数構成である。リーダーは大変、間違いないよう注意喚起を促す。

前夜の天気予報では「曇り/夕方小雨」であったが、車窓か見えるものは青空。11対1の晴組の勝だ。気分も青空、メンバーもご覧のとおり役者が揃っていて楽しい1日が始まった。

「K上さんウチワはどうしたの」の声に「忘れたよ、こんなに晴れるのは予想外」。ウチワ踊が見られず残念。

 

 8:45、さあスタート

樹林帯の登り

先ずは岩茸石山へ樹林帯の登りが続く。この辺りはまだ普通の会話でおとなしい。

10:00名坂峠分岐、「100m先が岩茸石山です、行きたい人」の声。無言に岩茸石山はカット宣言。10分の休憩をして黒山に向かう。

ここからは「関東ふれあいの道」、コースはよく整備されている。尾根道は歩きやすいが巻道は湿気で石や木の根、それに赤土は良く滑る。黒山、権次入峠までは尾根が続き歩きやすい。棒ノ嶺手前の登りは赤土で、滑った跡がいくつもあった。

 棒ノ折頂上にて

 
棒ノ折頂上

12:40棒ノ嶺到着。集合写真を撮る。雲はあるが晴れて見晴しは良い。山々を見ながら「地図読み教室」が始まった。地図と磁石片手に「武甲山?」の同定。スマホかざして画面を操作する堀井さん、画面に山名が表示される優れものだ。皆脱帽です。

 

 さあ下山

下りは予報の雨に合わぬうちにと出発。岩茸石の見晴台(立入禁止)で模型飛行機を飛ばしていた。下りは湿気で岩、木の根は特に滑り易いので注意。

さわらびの湯へあと5分のところで木の根で派手に滑った。手で受け身をして無事。

 
歩きづらい下り階段
歩きづらい下り階段
温泉に咲いていた十月桜
温泉に咲いていた十月桜
 

 温泉にて

15:00下山。温泉に浸かって疲れを癒す。温泉での歓談の中、小生は最後に今日一番の幸運、感想文作成をくじで当てる。

計画を立てて下さったリーダー・サブリーダの皆さん、お疲れ様でした。

新松戸でもう一度反省会。笑顔のこぼれる今日一日でした。

 I.M 記
 山行記の訪問者数 今月:12件 累計:938件
TAG:奥多摩,ハイキング,棒ノ折山,岩茸山

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

奥多摩 御前山 17年6月11日 

奥多摩 城山 忘年山行 15年12月5-6日 

奥多摩 大岳山 忘年山行 15年12月05-06日 

赤ぼっこ 15年02月17日 

2班班山行 奥多摩・生藤山 14年9月6日 奥多摩の静かなハイキングコース

雨物語2014 奥多摩・棒ノ折山 14年6月18日 地図読み山行の宿題を

1班班山行 新緑の高水三山 14年5月24日 1班班山行です。お天気に恵まれ新緑の高水・・・

2012年度 第3回基礎講座 御前山 13年3月23日 基礎教室は御前山です。今回のテーマはスト・・・

カメの子ハイク・御岳山 13年1月19日 今年最初のカメの子ハイクの写真集です。予・・・

カメの子ハイク・御岳山 13年1月19日 カメの子山行は御岳山です。当初予定してい・・・