Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 湯ノ沢峠〜滝子山を目指して 


 山名
大蔵高丸1778m、ハマイバ丸1752.0m
 山行日
2014年11月21日(金)
 人数
CL:Y川、ほか9名
 コース
湯ノ沢峠〜大蔵高丸〜ハマイバ丸〜米背負峠〜天目山トンネル
 費用
-
 
コースmap
大蔵高丸・ハマイバ丸
 

 行程

新松戸(6:01)=甲斐大和(9:10/9:18)−湯ノ沢峠(10:30/10:45)−大蔵高丸(11:25/11:35)−ハマイバ丸下(12:07/12:45)−米背負峠(13:40/13:50)−登山口(14:30/14:45)−天目山トンネル(15:50/16:20)−甲斐大和(16:40)

 

 湯ノ沢峠からのスノーハイク

前日の雨も止み、青空も見える登山日和である。みんなの心もウキウキ。私もこのルートは初めてで期待して参加した。

しかし、この時期の山を甘く見てはいけない。甲斐大和から湯ノ沢峠にタクシーで向かうが、昨日の雨が雪に変わった峠道上部ではタクシーがスリップして登れず、やむなく徒歩で峠に向かう。

湯ノ沢峠
湯ノ沢峠
甲府の上に南アルプス
甲府の上に南アルプス

湯ノ沢峠は10cm程の積雪。装備を付け滝子山を目指す。天気は良く青空も覗く、絶好の初冬の登山日和である。

小金沢連嶺の末端である黒岳や白谷丸、又雁ケ腹摺山、更に南アルプスの展望も良く、白峰三山〜赤石聖等も良く見える。北アルプスや富士山も顔を出す。

南斜面の急坂

今回はカメ山行との事だが、皆の足は揃い、結構飛ばす。もうカメは卒業して子ウサギ位でもいいのではないか。

しかし、この時期厄介なのは陽を受けた南斜面の登山道では雪が解け、泥と雪が混じりグチャグチャになり、下りはツルツルになる。

アップダウンの続く登山道ではこの下りで大分時間を費やす。皆、慎重に下るが足を滑らせて尻もちをつく人、滑った勢い前の人の足をすくい、共に滑り落ちる人、雪の斜面でヘッドスライディングをする人など、話題に事欠かない。

そんなこんなで時間を費やし、リーダーの判断で滝子山まで行くのが難しいため、途中の米背負峠より天目山温泉に下る事になった。

舗装の林道歩きは疲れたが、楽しい初冬の山歩きだった。又雪が消えた時期、滝子山までの稜線を踏破したい。

 K田 記
 山行記の訪問者数 今月:10件 累計:952件
TAG:中央線,ハイキング,カメの子

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

道志 烽火山・尾崎山 15年10月09日 

大山・ネクタイ尾根 14年11月16日 石尊沢から北尾根に突き上げる急なふみ跡

中央沿線 滝子山 14年11月8日 中央沿線 滝子山 1班班山行