Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 北アルプス 祖母谷から白馬岳・朝日岳 夏合宿 


 山名
白馬岳2932m・朝日岳2418m
 山行日
2015年08月01日(土)-03日(月)
 人数
L:H.H他2人
 コース
猿倉・祖母谷温泉−白馬岳−朝日岳−蓮華温泉
 費用
〔猿倉から〕交通費19,000円、宿泊費2泊18,050円、合計37,050円
 
コースmap
祖母谷 登山コース

〔祖母谷から〕交通費24,630円、宿泊費3泊27,550円、合計52,180円

 

 コ−スタイム

8/1(土・晴) 〔猿倉から〕猿倉5:35−12:10白馬岳頂上宿舎 泊

〔祖母谷から〕祖母谷温泉4:00−10:05不帰岳避難小屋10:35−13:10清水岳下13:15−15:50白馬岳頂上宿舎 泊。実動9°15′

8/2(日・晴) 宿舎5:10−5:45白馬岳5:50−雪倉岳8:45−11:20水平道分岐11:30−12:55朝日岳13:05−13:55朝日小屋 泊

8/3(月・晴) 小屋5:25−6:15朝日岳6:25−花園三角点8:50−12:30蓮華温泉

 

 祖母谷は長い

欅平へ行くトロッコ列車

祖母谷は10年程前に計画ましたが都合で行けなくなったコースです。今回白馬集中を機に募集しましたが応募者はなく私一人で登ることになりました。2002年の山渓「山の便利帳」ではコースタイムが9時間20分でしたので、祖母谷温泉に前泊すれば1日で登れると考えました。さて、4時から登り始めましたが祖母谷温泉を歩き始めた所で道を間違えました。下の林道を歩き始めたのですが正解は通行禁止の上の林道だったのです。ここで20分のロス。次の難関は登山道に入って1時間半程にある大きな沢です。両側が切り立った沢を渡ります。ロープを頼りに一度沢に降り対岸の壁を登るのですが、コースはその時の雪の状態で変わるので安全に渡れる場所をその場で判断する必要があります。この後給水可能な小沢を4本程渡って不帰岳避難小屋に至ります。驚くことに、ここでツアーの下山グループ17人に会いました。清水岳下を過ぎれば勾配はゆるくなり、道の両側は花畑となるので疲れを癒してくれます。結局仲間が待つ頂上宿舎に着いたのは15時50分になってしまいました。この日このコースを祖母谷温泉から登ったのは私含めて2人でした。

 

 2日目は3人で朝日小屋へ

雪倉岳山頂

次の日からは猿倉から登って来た2人と合流し3人で行動します。三国境で栂池方面に降りる仲間と別れ、朝日岳を目指します。はるか遠くに本日の宿朝日小屋が見えます。雪倉岳付近から素晴らしい花畑が広がります。赤男山先の鞍部で道は朝日岳の頂上を巻く水平道と頂上経由の道に分かれます。水平道は3日前に開通したばかりです。私たちはこの分岐と朝日岳を結ぶ道を通ったことがなかったので頂上経由を選びました。この道の花畑も良く、遠回りしたことに満足しています。

 
中央が白馬岳
中央が白馬岳
朝日小屋
朝日小屋
 

 下山は蓮華温泉

兵馬ノ平

最終日は林道の不通で北又に下ることができないので遠い蓮華温泉まで下ります。このコースは10年前に栂海新道を詰めた後に通った道です。その時は最後の蓮華温泉の登りが辛かったのですが、今回は朝日小屋発なのでとても楽でした。

朝日岳周辺は花畑が素晴らしく、これは雪倉から蓮華温泉近くの兵馬ノ平まで続いています。時期もあるでしょうが清水岳より花は多いと思いました。また、朝日小屋の食事も素晴らしく、白馬岳から朝日岳はお勧めのコースです。

 H.H 記
 
カライトソウ
カライトソウ
チングルマ
チングルマ
 
キンコウカ
キンコウカ
タテヤマウツボグサ
タテヤマウツボグサ
 
 山行記の訪問者数 今月:9件 累計:651件
TAG:北アルプス,縦走(小屋),祖母谷,百貫登り,雪倉岳

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

北ア 薬師岳・黒部五郎岳 17年7月30日-8月2日 

北ア 黒部渓谷下ノ廊下 16年10月07日-08日 

北ア 大キレット 16年10月3日-5日 

夏合宿 唐松岳~白馬岳~栂池 15年7月31日~8月2日 

紅葉の涸沢 14年10月4-5日 紅葉の真っ最中の涸沢です。紅葉とテントと・・・

ジャンダルム 14年9月14日-16日 岩場だらけのジャンダルムを越え

標高100山 龍王岳、真砂岳 14年9月12-14日 標高100山の最後は立山

あこがれの白馬岳へ 13年7月26-28日 あこがれの花と雪渓の山、大雪渓の途中から・・・