Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 白馬から栂池 


 山名
白馬岳
 山行日
2015/8/1-2
 人数
5名
 コース
猿倉−白馬岳−白馬大池−栂池
 費用
 
コースmap
白馬から栂池登山コース
 

 コ−スタイム

8月1日(土):猿倉6:20-白馬尻7:20/7:40-葱平9:30/9:50-白馬頂上宿舎12:50(泊) 8月2日(日):白馬頂上宿舎5:15-白馬岳山頂5:55/6:10-三国境6:55-子蓮華山7:45-白馬大池9:35/9:55-乗鞍岳10:30-栂池自然園12:50

 

 夜行バスで猿倉へ

5月の山茶花で公開された計画はどれも3日以上の日数が必要だけど、ベストシーズンの白馬岳にはどうしても行きたい。そこで、夜行バスを利用した前夜発1泊2日の計画を立ててみた。

金曜の夜23:00、新宿から一路、夜行バスにて猿倉へ。しかし、道路状況があまりに良すぎて早朝4:00すぎには猿倉に到着してしまい、真っ暗な中、バスをおろされることに・・う〜ん、容赦ない。あと2時間は寝られたはずなのに、スムーズすぎるのも考えものだ。別の便で6:30頃到着する予定の鈴木さんを待つこと2時間、その間、同じ夜行バスで猿倉入りしたH美さん&E子さんペアの出発を見送り、猿倉に前泊したお父さん夫婦に挨拶し、H谷さんチームを出迎えた後、S木さんとも無事合流し、いざ出発!

 

 大雪渓の後は天国のお花畑

大雪渓にて
大雪渓にて

初日は、猿倉から白馬尻、そして大雪渓を登り、白馬頂上宿舎に向かう道のりである。 雪渓の上は涼しくて気持ちがいい。木の根っこやでっぱった岩などの障害物は一切なく、アイゼンさえ履いていればサクサク進む。しかも、顔をあげればこれから進むルートが先の方までよく見えて、さらにその先には真っ青な空が広がっているのだ!

ついうれしくなってペースが上がっていたのか、ふと振り返るとそこにはA井くんの姿のみ・・なんてことを繰り返しつつ登る。そもそも先頭を歩くことになれていないリーダー、つい、前を歩いている見知らぬ人に追いつき、くっついて歩きたくなる。なおかつ、年齢も、足の長さもまちまちな今回のようなパーティでは、最後尾を歩くサブリーダーK上さんのフォローが本当に欠かせない。  大雪渓を登りきるといよいよ花畑が始まる。青空の下、お花畑を眺めながら、途中、雪渓から流れる清水を飲んだりして、まるで天国にいるみたい。

が、しばらく登ったあたりでS田さんの足がつり、その後も休み、休みの状態に。みんなでS田さんの荷物を分担し、ゆっくり休みながら、花や風景の写真を撮ったり、清水を飲んだり・・と山を満喫しつつ、のんびりペースで進む。途中、後ろから追いついてきた、とにかく元気なK田班を見送って、また、猿倉で会ったH谷班とも再会しつつ、13:00頃、白馬岳頂上宿舎に到着した。

 

 稜線からの夕日

雪倉岳の向こうに沈む夕日
雪倉岳の向こうに沈む夕日

夕食後、S田さんと小屋の裏から稜線に登り、夕日を見に行った。 稜線からは杓子岳、白馬鑓ヶ岳へと続く道が見え、そして、雲の上に浮かぶ剣岳、立山、槍ヶ岳が見える。グラデーションを刻々と変えながら、雪倉岳の裏側にゆっくりと沈む夕日のショーだ。

一方、白馬村方面をみると・・見たことないほど分厚く盛り上がった積乱雲がかかり、ときどき雲の中がピカピカしている。穏やかに晴れた山の上から雷雲を見ているなんて・・いつもはあの下にいるのに、なんだか不思議な気分だ(@_@)。

 

 白馬岳からルンルン稜線歩き

雲ひとつない白馬岳山頂
雲ひとつない白馬岳山頂
 

2日目も空はきれいに晴れて、朝5時過ぎに小屋を出発。この日は、白馬岳山頂から白馬大池、乗鞍岳を越えて栂池自然園へ降りる計画だ。 朝イチで小屋から白馬岳山頂までがんばって登ってしまえば、あとはキラキラ光る雲海を眺めながら、なだらかなアップダウンを進む雲上散歩♪これから歩く道や山の稜線が全部見渡せる、アルプスらしい景色が広がっている。そう、今年の夏も、これが見たかったんだよ〜!写真タイムをたっぷりとりながら、三国境、子蓮華山、そして、白馬大池へとのんびり進む。

大きな岩のゆるい登りの道が続く乗鞍岳の手前で、S田さんが再び休み、休みの状態となり、今度はS木さんがS田さんのフォローにまわる。 乗鞍岳からの下山道は、大きな岩がごろごろした歩きにくい道が続き、疲れがたまった足には結構あなどれない。天狗原(湿原)の木道にようやくたどり着いたときはほっとした。そして13:00頃、栂池自然園に全員無事到着した。

 
 

今回、私は計画書を提出するのがギリギリで、かつ、寝不足必至の夜行バス利用プランのため、当初は「もしかすると一人で登ることになるかも・・?」と思っていました。 でも、結果的に4名のみなさんとご一緒することができ、グループの雰囲気を盛りあげてくれたサブリーダーのK上さんをはじめ、みなさまのサポートのおかげで楽しく登山できたことに感謝しています。

また、今回、不帰の剣のチャレンジコースや、栂海新道のロングコースに挑まれた方々、本当にまぶしいです。でも、次回、また機会があるとしたらきっと私のことだから、鑓温泉ほっこりコースや朝日岳お花畑コースを選びそう・・はは。

 
 A.Y. 記
 
 山行記の訪問者数 今月:24件 累計:952件
TAG:南アルプス,縦走(小屋),白馬岳, 栂池, 北アルプス

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

南ア 塩見岳 16年7月29日-31日 

焼岳 18年4月9日 前夜発 

南アルプス 荒川三山・赤石岳 15年8月16日-18日 

白馬三山縦走 15年8月1日~2日 

夏合宿 唐松岳~白馬岳~栂池 15年7月31日~8月2日 

南アルプス 鳳凰三山 14年11月8日~9日 青木鉱泉から降雪前の鳳凰三山へ

雨物語2014 南アルプス・甲斐駒ヶ岳 14年8月24-25日 甲斐駒ヶ岳から黒戸尾根

夏山合宿 南ア・北岳 14年8月22-25日 夏山合宿北岳・K池チーム、3000m稜線縦走は・・・

夏山合宿 南ア・北岳 14年8月23-25日 夏山合宿北岳・N村チーム、御池小屋から北・・・

雨物語2014 南アルプス 畑薙ダムから太平洋 14年7月20-22日 日本海から北・南アルプスを通り太平洋まで歩く

雨物語2014 南アルプス・アサヨ峰 14年7月6-7日 雨のアサヨ峰から仙水峠

三伏峠から荒川岳 13年7月28-30日 三伏峠から赤石岳を経て椹島への長い縦走路・・・

南アルプス雨物語その2 上河内岳 13年7月27日-30日 聖岳、赤石岳を縦走する予定でしたが生憎の・・・

南アルプス雨物語その1 茶臼岳から赤石岳 13年7月26日-30日 茶臼岳から聖岳、赤石岳の長い稜線を縦走し・・・

あこがれの白馬岳へ 13年7月26-28日 あこがれの花と雪渓の山、大雪渓の途中から・・・