Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 雪山教室 木曽駒ケ岳・宝剣岳 


 山名
木曽駒ケ岳・宝剣岳
 山行日
15年11月21日-22日
 人数
6名
 コース
21日:千畳敷駅−乗越浄土 − 宝剣岳−中岳−木曽駒ケ岳−中岳−宝剣山荘テント場  22日:宝剣山荘テント場−伊那前岳−千畳敷駅
 費用
 
コースmap
木曽駒・宝剣コースマップ
 

 コ−スタイム

11日(土)菅の台バスセンター7:40/8:15=しらび平駅(RW)8:45/9:05=千畳敷駅9:12/9:20−乗越浄土10:10−宝剣岳10:35−中岳11:35−木曽駒ケ岳11:55−中岳12:25−宝剣山荘横12:45(テント泊) 12日(日)宝剣山荘横6:00/6:50−乗越浄土7:00−伊那前岳7:35−乗越浄土8:00−    千畳敷駅(RW)8:30/9:00=しらび平駅9:07/9:20=菅の台(BS)9:50着

 

 11月20日

11/20(金) 昨年の雪山教室は八ヶ岳で雪がなく、目の前の木曽駒ケ岳は雪がいっぱいであったため、今年の第一回雪山教室は、木曽駒ケ岳に決定。 今年初めての雪山チャレンジに期待に胸を膨らませ松戸千葉銀行前に集合。雪山に備えメンバーのザックも「パンパン」だった。スケジュールの都合上、1名は途中合流の予定。 定刻に松戸を出発したが、首都高速で渋滞にあい、当初道の駅で仮眠の予定を中央道「原」PAに変更。テント設営場所に到着したが、そこになんと覆面パトカーが・・・一時は再予定変更も考えたが、しばらくすると覆面パトカーも去り、なんとかテントを張ることができた。しばらくするともう1名も合流。明日の雪山に備え、アルコールで気合を注入。0時30分頃就寝。

 

 11月21日

5時30分起床。菅の台バスセンターに到着し、周りの山を見渡すもそこに雪はなし!!アイゼン、  ピッケルを装備から外し、雪のない木曽駒ケ岳へいざ出発。バス・ロープウェイにて一気に標高2,611メートルの千畳敷駅へ。千畳敷駅は日本で最高所の駅とのことだった。千畳敷カールにもうっすらとしか雪がない状態・・・。雪こそなかったが、風もなく、天候に恵まれ、すばらしい景色が広がっていた。 まずは、乗越浄土経由にて宝剣岳へ向かう。宝剣岳は岩場や鎖場が続く難路であり、登頂するか否かは現地に 着いてから判断することになった。乗越浄土に向かう登山道を振り返ると富士山が綺麗だった。目の前に聳える宝剣岳は、かっこよく威厳すら感じた。 天候もよく、雪もほとんどなかったので、荷物を置き宝剣岳を登頂することに。ガイドには危険と書いてあり目前で登頂を諦める登山者もいたが、登山道はしっかり整備され、鎖も新品になっており、特に危険を感じることはなかった。山頂には巨大な岩がありお約束の記念撮影。 宝剣岳からみる御嶽山は綺麗だった。 宝剣岳を下山し、本日のテン場を確認。いざ木曽駒ケ岳を目指し出発。まずは中岳へ。中岳山頂からようやく木曽駒ケ岳の全容が明らかに。 中岳をくだり、登り返し木曽駒ケ岳山頂へ到着。山頂は大パノラマ!!晴天で風もなく、御嶽山、乗鞍岳、北アルプス連峰、八ヶ岳連峰、南アルプス連峰、そして富士山が一望でき、それは素晴らしいものでした!!ここで記念撮影。山頂は平坦で広く、2つの神社があった。  この大パノラマを堪能し、本日の宿泊地のテン場へ移動。本日の宿泊地は乗越浄土にある宝剣山荘の横に決定。もともと雪山登山予定であったので、時間に余裕があり、13時にはテント設営完了。まだまだ登り足りなかった田村は伊那前岳へ。他のメンバーはテントにてお茶。その後、夜の宴会準備。田村 は、伊那前岳にて雲海の先に見える槍ヶ岳などの北アルプス連峰を、さらに伊那前岳から見る一段と迫力が増した宝剣岳をじっくりと堪能。他に登山者もなく、この景色を独り占め、まだまだ堪能していたかったが、宴会の準備を終え、待ちきれなくなったメンバーが田村を迎えに。後ろ髪を引かれる思いでテントに戻ったところ、15時30分だったが、すでに呑む気満々のメンバーたちが待ち構え、おでん、ポテトサラダ、ピラフが準備万端!!  そうしていつの間にか雪山教室は、呑み山教室に。なんと16時からスタート。最初は「私の分も呑んで」と言っていたメンバーも時間が進むうちにお酒もなくなり、「持っているお酒は隠さず全部だして」(笑)といった状態に・・・。こうして笑いの絶えない山の上での宴会は、20時まで続くのでした・・・。

宝剣山頂にて
宝剣山頂にて
駒ケ岳山頂にて
駒ケ岳山頂にて
 

 11月22日

6時に起床。予定では伊那前岳にてご来光をみるはずだったが、風が強かったため急遽中止に。朝食の肉団子うどんを食べた後、全員で伊那前岳に。伊那前岳で記念撮影後、下山となった。 雪こそなかったが、天候に恵まれ、すばらしい景色を堪能できる山行となった。呑み山教室も貴重な体験談や山での笑い話など、たいへん勉強になった。たしかに雪山に登りたかったが、それは次回の  楽しみとし、みんなを力強く引っ張ってくれるW辺(A)リーダーに感謝するとともに、すばらしい  メンバーと木曽駒ケ岳・宝剣岳を楽しめたことに心から感謝を申し上げたい。

 T記
 
 山行記の訪問者数 今月:12件 累計:573件
TAG:中央アルプス,縦走(テント),木曽駒ケ岳, 宝剣岳, 伊那前岳, 中央アルプス

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・