Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 北アルプス 西穂独標 雪山教室 


 山名
西穂独標2701m
 山行日
2016年4月23日(土)-24日(日)
 人数
L:W.A他9人
 コース
西穂高口駅−西穂山荘−西穂独標−西穂山荘−西穂高口駅
 費用
15,000円程
 
コースmap
西穂独標 登山コース
 

 コ−スタイム

4/23(土) 西穂高口駅9:09−西穂山荘10:30/11:10−丸山11:40−独標12:55−丸山12:30−西穂山荘13:45、 4/24(日) 西穂山荘6:40−西穂高口駅7:30

 

 初めてのテント泊

 
西穂小屋への急登

23日の前夜は、新島々先の道の駅に天幕を張った。深夜だというのに、肌寒くなく今年の暖冬を物語っていた。営業時間外なのにトイレが使用でき、管理も行き届いており、快適そのものであった。それとは対照的に、会のテントは非常にかび臭く、鼻につくものであった。Kさんより、岩登りの話を伺い、眠気が覚め、睡眠不足気味で朝を迎えることとなった。

西穂高駅からは、始発のロープーウエイに乗れ、天気も上々で快調な滑り出しを切った。20kg越えの荷物を担いでいたので、息が上がったが、キツイ登りではBさんがペースメーカになってくれ、心の底で「感謝、感謝」。それに比べ、勇猛果敢に登りきるリーダーの姿には、「鬼」の一字が浮かんだ。

 
西穂天場にて
西穂天場にて
いざ独標へ
いざ独標へ

弱音を吐きそうなころ、西穂小屋に到着。天幕を張って、いざ出陣!積雪量は例年に比べると半分以下ではないだろうか?泥混じりの雪の中を進み、岩稜部ではほとんど雪がなく、アイゼン歩行がとても辛かった。丸山に到着後、アイゼン・ピッケルをデポして、独標へ向かった。もはや夏山気分である。

独標到着時、若干雲が出始めていたが、30分後にはガスが湧いてきた。その間、記念撮影をし、前穂や西穂方面、あるいは笠、乗鞍方面の展望を満喫し下山の途に就いた。個人的には西穂往復をしたかったが、天候を考慮すると今回の計画が正解であったのだろう。

 
西穂丸山手前
西穂丸山手前
丸山で一休み
丸山で一休み
独標手前の岩場
独標手前の岩場
独標にてニッコリ
独標にてニッコリ
 

 楽しい夕食

 
ビール片手に歓談

小屋の前で1時間くらい、ビール片手に全員で歓談。身体の冷えを覚えて解散。天幕は昨夜同様、リーダー組とサブリーダー組に分かれ、飲みながら食事の準備に取り掛かった。17時前だというのにかなり酔っ払い、気分を良くしていたところ、事件が起こった、らしい。リーダー組近くのソロテントより「うるさい!」とのクレームが入った。辺りは静まり返り、鳥のさえずりさえ覆い隠すほどの重い空気が漂った。と言っても、サブリーダー組の天幕ではそんなことも知らず、和気あいあいと飲んでいた。

常識論をかざして、「まだ、明るいのだから」という話もあるが、私の家族からいえば、こんな時期に雪山に登ること自体が非常識らしく、論理的にはややこしい話になる。まあ、うるさいと感じた人には、やはりうるさかったのだろう。

サブリーダー組では、会の中でも美貌をさらけ出しているIさんが、食担で腕を振るった。メニュ−は、特製トン汁にセロリ風味のレモン味を利かせた、キュウリとイカの薫製サラダ。なんと絶妙な味のバランス!心地よい疲労を覚えている身体には、骨の髄まで染み渡る。「まいうー」!具材の大根、人参の几帳面な切り方、もはや「I」そのもの。これを、旦那に無断で食してよいのだろうか?そして、愚妻に無断で食べてもよいのだろうか?標高2400m付近の天場で葛藤していた。空しくも、理性は「食」という欲には勝てなかった。嗚呼、美味かった!

 
壮麗優美な西穂と1枚

昨夜の睡眠不足と疲労が相まって、一人18時過ぎに爆睡状態に入ったらしい。そして、朝まで熟睡を目論んでいたが、山の神は許さなかった。なんと、0時過ぎに私の寝顔目がけて、滴が容赦なく落ちてきた。外は大雨、あの臭い天幕の絞り出した汁かと思うと、飲むわけにもいかず、あのトン汁を食べた愚妻の怒りの表れであろうか?と、とっさに合点した。「くわばら、くわばら」、綺麗な花には棘があるとはよく言ったものだ。結局、5時前にはBさんと、Tさんが起きだし、Iさんとの楽園は終焉を迎えた。

下りのロープーウエイを待つ間、駅4Fの展望台で眺めた西穂高の壮麗で猛々しい姿を初めて知り、(感動)5であった。今まで、前穂からの眺めしか経験がなく、西穂への興味が全く湧かなかったが、今回の山行で認識を新たにさせられた。

 

 雨の原因

最後に、夜半の雨の件だが、展望台から上空を眺めていたら、槍の脇から飛行機雲が見え、その上に巻層雲が確認できた。一般に、温暖前線が迫る予兆だが、帰宅後天気図を確認したところ、太平洋上に停滞前線が鎮座しており、合点が行った。850hPa(約1500m)の高層天気図では、上空に8℃の等温線が引かれており、温暖前線から流れ込んだ太平洋上の暖かく湿った空気が上空で冷やされ、夜中の雨となった模様と推測する。

会に入会して山でのテント泊は初めてであったが、皆さん快く新人を向かいいれて頂き多大なる感謝です。今後、縦走にも参加を目論んでおります。よろしくお願いいたします。

 
 I.E 記
 
 山行記の訪問者数 今月:13件 累計:745件
TAG:北アルプス,雪山・スキー,西穂独標,独標,雪山教室

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

焼岳 18年4月9日 前夜発 

雪山教室 北アルプス・五竜岳 15年5月3日-4日、前夜発 

水ノ塔山 雪山教室 14年12月6日 日帰り 

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 燕岳から表銀座を縦走する予定でしたが翌日・・・

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 雪山教室、ゴールデンウィークの表銀座縦走・・・