Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 北アルプス 立山 雪山教室 


 山名
一ノ越2700m
 山行日
2016年5月3日(火)-4日(水)
 人数
L:W.A他7人
 コース
室堂−雷鳥沢テント場−一ノ越−雷鳥沢テント場−室堂
 費用
約22,000円
 
コースmap
立山 登山コース
 

 コ−スタイム

05/03(火) ほりがねの里5:05=扇沢6:15/7:00=トロリーバス=ケーブル=ロープウエイ=トロリーバス=室堂8:30/8:40−雷鳥平テン場9:30/10:30−一ノ越12:30/12:45-雄山途中撤退13:10−一ノ越13:30−雷鳥平テン場14:45

05/04(水) テント撤収出発6:30−室堂7:45/8:45=大観峰、黒部平、黒部湖、ダム、扇沢9:50=温泉=松戸16:00着

 

 天候が心配

風に耐えながら歩く立山

今シーズン最後の雪山、期待感と若干の天候を気にかけながら8人で出発です。

5/3 まあまあの晴れ 乗り物を乗り継ぎ室堂に到着すると、真っ白な別世界です!外国人観光客も多く驚きました。普通のオシャレ靴で雪の上を歩き喜んで写真を撮っています。私達はのんびりしている暇はありません。雷鳥平テント場まで約1時間歩きます。途中「お酒を買うならここで最後よー」とリーダーの声「買います、買います」これで夜の準備OKです。

 
もう少しで一ノ越、頑張ろう

テント場に到着後、すぐにテントを張るが、天気予報通り風があります。いつも以上にしっかり固定し雄山に向けて歩きます。雄大な景色に囲まれ圧巻です。夏の立山との違いを比較しながら感動!感動再び感動で進みます。そんな私の気持ちは、山の神様には通用せず風は強さを増し、足元をヨロヨロさせながらなんとか一ノ越に到着です。

ここで一休み皆で考えます。この強風の状態で登り続けるかどうか。おそらく、山頂付近では今以上に猛風になり危険であると。わかっていてもやはりここまで来たのだから登頂したい気持ち。一ノ越から15分ぐらい登ったところでリーダーの判断で下山。気がつけば誰一人、雄山を登っている人はいませんでした。

テント場までの道のりは銀世界に囲まれ、壮大で山に吸い込まれそうです。風で心配していたフライシート(テント)はどなたか親切な方が飛ばないようにと結んでありました。とても有難いです。 夕方になるとますます天候は荒れ、テントの中で右側に座っていると、風で左側に押され、時には荒波の上にいる船のような揺れ、夜中は風+雨が降りました。

 
雄山途中断念
雄山途中断念
一ノ越でハイポーズ
一ノ越でハイポーズ
 
テン場に戻る途中、自然の偉大さに圧巻です
テン場に戻る途中、自然の偉大さに圧巻です
一ノ越から15分程登る
一ノ越から15分程登る
 

 テントが

5/4 翌朝、なんてことでしょうか!テントの中に池ができています。浸水です。シュラフ、靴、ダウン等々 ビチョビチョに濡れています。さらには風でテントが破れてしまいました。予定していた大日岳も諦め、テントを撤収し一日早く帰ることになりました。

帰りのザックが行きより重く感じました。全体的に水分が含んでいるからでしょうか?室堂に到着する頃には雨も上がりお天気になり、雷鳥を見ることができましたが、夕方〜翌日もまた悪天候とのことで次回リベンジです。

今回、登頂はできなかったが、より多くのことを学びました。そして判断の難しさを感じました。リーダーのAさん、お疲れ様でした。毎月、雪山計画書作成、食事、配車、装備、テントの手配、毎回キャンセルにより人数変更で再度作成する計画書、その度に、食材の量や共同装備の持ち物の変更、誰が何を持つのか。またテントの大きさも変えなければならないと、まだまだ見えないところでの苦労があったと思います。そのおかげで、毎回安全で楽しい山行を行かせてもらいました。ありがとうございました。

 B.R 記
 
 山行記の訪問者数 今月:9件 累計:638件
TAG:北アルプス,雪山・スキー,立山,一ノ越,雪山教室

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

焼岳 18年4月9日 前夜発 

雪山教室 北アルプス・五竜岳 15年5月3日-4日、前夜発 

水ノ塔山 雪山教室 14年12月6日 日帰り 

奥大日岳&立山三山 14年10月11日-12日(前夜発) 紅葉の奥大日岳と立山三山を縦走しました。

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 燕岳から表銀座を縦走する予定でしたが翌日・・・