Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 南アルプス 塩見岳 


 山名
塩見岳 3047m
 山行日
2016年7月29日(金)-31日(日)
 人数
L:M.N 他2人
 コース
鳥倉駐車場−三伏峠−塩見岳 往復
 費用
宿泊費:17,000円 交通費:8,000円程度
 
コースmap
塩見岳 登山コース
 

 コ−スタイム

07/29(金) 松戸5:00=鳥倉駐車場(第2)10:35−鳥倉登山口11:30−三伏峠小屋14:30

07/30(土) 三伏峠小屋5:00−塩見小屋8:00−塩見岳9:30/10:00−塩見小屋11:05

07/31(日) 塩見小屋5:00/5:25−三伏峠小屋8:40−鳥倉登山口10:40−鳥倉駐車場(第2)11:35

 
 

最近、新人の会では、入会から1年がたち、いよいよ新人の会を卒業するに当たっては、各自、山行計画を立てて、リーダーを務めることになっているそうな。今回の塩見岳計画は、このたびめでたく入会から1年を迎えたMさんの新人の会卒業山行であり、また、この7月に山の会に入会したばかりの新人Nさんの百名山99座目であり、そして、特に何もない私という3名での山行となった。

 

 2泊3日ののんびりコース

朝日に照らされる塩見岳

私が持っているガイドブックでは、この塩見岳は2泊3日のコースで紹介されている。しかし、ヤマレコで調べてみると、出てくるのは「日帰り」や「1泊2日」の計画ばかり。実際、出会った人々に聞いてみても、三伏峠小屋か塩見小屋に泊まっての1泊2日のコースで来ている人が多かった。ただし、1泊2日の場合、登山道から約4時間のところにある三伏峠小屋に宿泊すると、2日目の歩程が11時間超となる。また、山頂にほど近い塩見小屋に宿泊した場合は、初日の歩程が約7時間、2日目が8時間程度となるが、結構な山奥にある鳥倉登山口までの往路、復路の交通を考えると悩ましい。その点、2泊3日ののんびりコースは無理がない。実際、2泊3日の行程を終えてみると、本当に深い、深い山をのんびり満喫できた感じがする。もしお休みがとれるなら、2泊3日をすすめたい。

 

 雨のち晴れ♪

初日、まずは駐車場からの林道歩きを経て、鳥倉登山口から三伏峠小屋を目指す。登山口のあたりは地面一面に広がったシダの緑がとても美しい。前日に梅雨明け宣言が出たとはいえ、林の中は霧が立ち込め、なんだか雲行きが怪しい。予報は晴れだったのに、まさか、まさか・・と思ったら、やっぱり雨が降ってきた!しかし、覚悟を決めて雨具を着こんだとたん雨はやみ(そんなもんだよ・・)、その後も、ところどころ木の梯子(結構年季入ってそう・・)を越え、ホトケの清水が流れる水場で水をくみつつ、湿度120%の樹林帯を汗だくになりながら、三伏峠小屋に到着した。

 

 2日目は、朝から快晴♪

朝焼けの空、三伏山より

特に、三伏峠小屋から少し登ったところにある三伏山から、ようやくこれから登る塩見岳の全貌が見えて感動する。なだらかな傾斜を登ったり下ったりを繰り返し、3時間ほどで塩見小屋に到着した。さて、ここからは岩場である。夏のこの時期、早朝にどんなに晴れていても、朝9時頃ともなるとガスがあがってきてしまう。私たちが登っている間にもガスがあがってきていて、山頂部分の半分は見えなくなっていた。しかし、山頂に到着してしばらくするとガスは晴れ、先週登ったばかりの甲斐駒、仙丈、そして北岳、間ノ岳など、南アルプスの山々が見渡せた。何と言ってもここは南アルプスのど真ん中。下山するのがもったいないくらいの景色!

 
3人でピース、塩見岳山頂
3人でピース、塩見岳山頂
尾根を下る人々
尾根を下る人々
 

 のんびり下山、温泉、ソースかつ丼♪

3日目は、塩見小屋からのんびり下山。早朝、登ってくる人たちとすれ違うが、その日のうちに山頂を踏んで下山することを考えるからか、みんなかなりのハイペースだ。そんな中、私たちはのんびりとなだらかなアップダウンを繰り返し、時々、長々と写真撮影休憩を入れながら、本谷山、三伏峠小屋・・と登ってきた道を下り、昼前に駐車場に到着した。

下山後は、松川インター近くにある信州まつかわ温泉清流園(9種類ものお風呂がある立派な施設なのだが、町営施設なのでなんと日帰り入浴400円!)で3日分の汗を流し、その後、Mさんおすすめのお店、駒ケ根インター付近にある店でソースかつ丼を食べた。こちらは午後2時近くになるのに、店の外まで人が並んでいるほどの人気店。ボリュームたっぷりのソースかつ丼が売りで、甘めのソースとやわらかいお肉がおいしい!ときどき、山に登るのが好きなのか、それとも山から下りてきた後の温泉とごはんが好きなのかわからなくなる。いずれにしても、Mさんの計画は完璧だった。

 
塩見岳山頂からの眺め
塩見岳山頂からの眺め
苔むす森
苔むす森
 

 塩見小屋

塩見小屋は建て替えによりこの7月にオープンしたばかり。まだ木の香りがするピカピカの小屋である。この小屋で特筆すべきは、トイレが携帯トイレだということ。男性の小は携帯トイレのいらない専用のトイレがあるが、女性と男性の大に関しては、便座に携帯トイレを広げ、凝固剤で固めて、袋の口をしばり、専用の箱の中に入れる。携帯トイレは小屋のチェックインの際に男性1枚、女性2枚は無料でくれるが、それを超えて使う場合は1枚200円で購入する。このため、女性は、いかに賢く少ない枚数の携帯トイレで済ませるには、どのタイミングでトイレに行くべきか、トイレ計画をたてることになるはずです。ふふふ。

以上、塩見岳報告でした。

 Y.A 記
 
 山行記の訪問者数 今月:21件 累計:469件
TAG:南アルプス,縦走(小屋),塩見岳

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

南アルプス 荒川三山・赤石岳 15年8月16日-18日 

大雪渓から白馬岳、そして栂池へ 15年8月1日-2日 

南アルプス 鳳凰三山 14年11月8日~9日 青木鉱泉から降雪前の鳳凰三山へ

テント教室 塩見岳 14年10月4日-5日 台風が近づく中塩見岳の山頂へ

雨物語2014 南アルプス・甲斐駒ヶ岳 14年8月24-25日 甲斐駒ヶ岳から黒戸尾根

夏山合宿 南ア・北岳 14年8月22-25日 夏山合宿北岳・K池チーム、3000m稜線縦走は・・・

夏山合宿 南ア・北岳 14年8月23-25日 夏山合宿北岳・N村チーム、御池小屋から北・・・

雨物語2014 南アルプス 畑薙ダムから太平洋 14年7月20-22日 日本海から北・南アルプスを通り太平洋まで歩く

雨物語2014 南アルプス・アサヨ峰 14年7月6-7日 雨のアサヨ峰から仙水峠

三伏峠から荒川岳 13年7月28-30日 三伏峠から赤石岳を経て椹島への長い縦走路・・・

南アルプス雨物語その2 上河内岳 13年7月27日-30日 聖岳、赤石岳を縦走する予定でしたが生憎の・・・

南アルプス雨物語その1 茶臼岳から赤石岳 13年7月26日-30日 茶臼岳から聖岳、赤石岳の長い稜線を縦走し・・・