Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 奥秩父 笛吹川水系釜ノ沢東沢 


 山名
笛吹川水系釜ノ沢東沢
 山行日
2016年7月30日(土)-31日(日)
 人数
L:S.Y 他2人
 コース
西沢渓谷駐車場−魚留滝−甲武信ヶ岳−西沢渓谷駐車場
 費用
18,000円
 
コースmap
釜ノ沢東沢 登山コース
 

 コ−スタイム

07/30(土) 松戸駅 7:00=西沢渓谷無料駐車場12:10−二俣吊橋12:45−鶏冠谷出合13:00−幕営地1250m地点14:45

07/31(日) 幕営地 5:40−魚留滝分岐7:30−両門の滝分岐 8:50−1771m付近10:25−1930m分岐11:15−1990mナメ滝−12:00−木賊沢との二俣分岐12:40−ポンプ小屋13:40−甲武信小屋13:50−木賊山分岐15:10−徳ちゃん新道分岐16:30−ネトリ広場18:20

 

 30日

西沢渓谷無料駐車場、2箇所あります。
西沢渓谷無料駐車場、2箇所あります。
入渓場所の吊橋です。吊橋を渡って河原に降ります。
入渓場所の吊橋です。吊橋を渡って河原に降ります。
入渓地点の、西沢渓谷の看板です。

東名高速の事故渋滞で、西沢渓谷無料駐車場に到着するのが遅れる。西沢渓谷駐車場から二俣吊橋までの道は、観光客が歩ける様に広く整備された舗装道を歩く。

二俣吊橋から河原に降りて入渓する。暫くゴーロの河原を歩くと左岸から鶏冠谷が入り込む。そのまま進むとゴルジュが現れる。ゴルジュの左岸をへつりながら進む。スラブの高傾斜を草付きを掴みながら進む。左岸から清兵衛沢、ホラ貝沢が入り込み、ホラ貝の小滝にぶつかる。深い滝壺があり直登が無理なので左岸を高巻く。この高巻きがかなり厳しい。暫く直上すると赤テープが見つかり踏み跡に出る。急な登り下りの踏み跡を進む。途中の崩壊箇所は注意が必要。明瞭な踏跡を進むと大岩の上の山の神の祠が現れる。大岩を下ると河原に出る。時間も遅くなったので天幕場所を探しながら広い明るい川原を進む。1,250m地点天幕場所。

 
最初のゴルジュを左岸からへつってます。
最初のゴルジュを左岸からへつってます。
ホラ貝の小滝、釜が深いので高巻きをします。
ホラ貝の小滝、釜が深いので高巻きをします。

高台にタープを貼り、川原に焚き火を熾し、夕飯作りながらまったりとした時間を過ごす。夜も更け満点の星空を天蓋としながらシュラフカバーに入り込む。夜中は気温がかなり下がり、ツェルトをかぶりながら寒さを凌ぐ。

 
河原で焚き火をしながらの夕飯風景です。沢泊ならではのゆったりとした時を過ごしました。
河原で焚き火をしながらの夕飯風景です。沢泊ならではのゆったりとした時を過ごしました。
テントマット、タープで、シュラフカバーの中に潜り込みます。寒くて、ツェルトを出してかぶりました。
テントマット、タープで、シュラフカバーの中に潜り込みます。寒くて、ツェルトを出してかぶりました。
 

 31日

5:40に遡行開始。10分程広河原を進むと左岸から東築江沢が入り込む30mの大スラブのナメ滝である。沢を進み沢が右に曲がると美しいスラブの大滝の50m乙女ノ沢に出会う。次に右岸から小沢の滝の奥ノ乙女沢が現れ、左岸に巨大な逆走した岩壁が現れる。明るい川原を進むと左岸から巨大な300mのスラブ滝の東のナメ沢に出会う。先に進むと釜が現れ、左岸のスラブ壁をへつる。次に左岸からスベリ台のような西のナメ沢の滝に出会う。美しい大きな釜が現れ、右岸の灌木帯に巻道を登る。綺麗な川原に戻り、渡渉しながら進むと右岸に大岩が現れ左岸を巻く。広河原を進むと右岸から国士岳が源頭の金山沢と甲武信岳が源頭の釜ノ沢の出会の二俣に到着する。左岸の釜ノ沢を進む。

釜ノ沢を進むと豪快な12mの魚留滝が現れる。右岸の立てかけた3本の木を足掛かりに乗り込み高巻きをする。滝口に降りると60mの千畳のナメと呼ばれる緩傾斜ナメ床を遡上する、上部は急になるので注意が必要。ナメ滝を通過するとナメ床が続く。6mの曲り滝にぶつかり、左岸を高巻く。ゴーロの川原に降り進むと。右岸から西俣、左岸から東俣、共にナメ滝で大きな淵に流れ込む30mの両門ノ滝で出会う。

 
東築江沢の30mの大スラブのナメ滝
東築江沢の30mの大スラブのナメ滝
乙女ノ沢の50mの大スラブ滝、ウォータースライダーが出来ます。
乙女ノ沢の50mの大スラブ滝、ウォータースライダーが出来ます。
 

左岸の東俣の5mナメ滝の左岸を登る。次に、左岸からマヨイ沢に出会う、進むと15mヤゲンノ滝を登る。続いて8mの斜滝を右岸から高巻く。広河原のゴーロを遡上すると4段10mのナメ滝を左岸から登る。登ると右岸ミズシ沢と出会う。荒れた沢を進むと二俣5に出会い、「矢印の看板」が掛っているので、左岸を進む。70mの大ナメ滝右岸から登り、更にナメ床を慎重に進む。沢がかえ急登を登ると2290mのポンプ小屋に到着。

裏手の仕事道を辿って甲武信小屋に到着。重いザックを小屋に置き、空身で甲武信岳頂上へ向かう。甲武信小屋から徳ちゃん新道の長い下りを進み、3時間程でネトリ広場に到着。

 S.Y 記
 
釜ノ沢出会いの印
釜ノ沢出会いの印
乙女沢通過後のゴーロ
乙女沢通過後のゴーロ
千畳のナメ
千畳のナメ
曲り滝通過後
曲り滝通過後
魚止滝滝口のスラブを慎重に登る
魚止滝滝口のスラブを慎重に登る
魚止滝滝口
魚止滝滝口
高巻き風景
高巻き風景
最後の4段50m程の滝
最後の4段50m程の滝
4段50m程の滝、一段目を左岸から上がった滝口
4段50m程の滝、一段目を左岸から上がった滝口
最後の登り、殆ど最後までナメ床が登れます。
最後の登り、殆ど最後までナメ床が登れます。
甲武信ヶ岳山荘のポンプ場、山荘まで後10分程
甲武信ヶ岳山荘のポンプ場、山荘まで後10分程
甲武信ヶ岳山頂での記念撮影
甲武信ヶ岳山頂での記念撮影
 
 山行記の訪問者数 今月:12件 累計:428件
TAG:奥秩父,登攀・沢登り,釜ノ沢,東沢,遡行

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

多摩川水系一之瀬川竜喰谷 18年5月14日 

二子山西岳1峰中央稜 16年5月13日 

秩父 二子山 西岳中央稜 14年11月3日 奥秩父の二子山中央稜の岩登りです。

笛吹川東沢釜ノ沢東俣・甲武信ヶ岳 13年7月13-14日 両門の滝への沢登りです。ナメがすばらしい・・・