Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 2班班山行・藤野芸術の道 


 山名
金剛山(名倉金剛山)458m、京塚山(石山)358.7m、一本杉山(蚕影山)337.1m、高倉山378.7m
 山行日
2016年10月12日(土)
 人数
L:K原 他16人
 コース
藤野駅−緑のラブレタ−京塚山−一本杉山−葛原神社−金剛山−天神峠−高倉見晴し−高倉山−藤野駅
 費用
交通費:休日おでかけパス2,670円、食材400円/人
 
コースmap
金剛山 登山コース
 

 コ−スタイム

藤野駅8:35−藤野園芸ランドパーキング9:00/10−緑のラブレター9:20/25−京塚山9:45/55−一本杉山10:20/25−葛原神社10:50/12:00−金剛山12:40/45−天神峠13:10−高倉見晴し13:25/35−高倉山13:45−藤野駅15:00

 

 藤野芸術の道

の会の班山行は藤野芸術の道です。中央道が藤野に差し掛かると低く続く山肌にハートマークを付けた封筒を見付けることができます。藤野町がアートビレッジとして整備されたところでこれをたどる芸術の道があります。

緑のラブレターが見えます
緑のラブレターが見えます
藤野園芸ランドパーキングで体操
藤野園芸ランドパーキングで体操

弁天橋を渡り緑のラブレターに向かいます。鉄骨にキャンバスを張り付けたラブレターは年月の流れに痛みも進んでいるようです。遠くからも見えるように斜面を伐採、資材の運び上げなど工事はなかなか大変だったのでしょう。藤野の観光資源なのでしょうがその修復もなかなか大変なのでしょう。

京塚山の三角点を拾い雑木林の中の小さなアップダウンを刻むと登山道は舗装道路を歩くようになります。道端には森の記念碑、庵(いおり)、FLORA・FAUNAなどの作品がありました。

緑のラブレター上部
緑のラブレター上部
京塚山
京塚山
葛原神社への石段
葛原神社への石段
きのこ鍋
きのこ鍋

葛原神社(とづはらじんじゃ)の石段を登って行くと杉木立の中に休憩小屋があります。ここできのこ汁とおでんをご馳走になりました。食材を用意いただいてS藤さん、K下さん、60リットルザックで大きなコッヘルを担いできたリーダー、ありがとうございます。

金剛山の登り返しにひと汗を流すと狭い山頂です。白く濁った空の下には奥牧野方面の視界が開けています。晴れていれば大室山や大山などが見えているのでしょうが低く連なる山々は同定も難しいものです。

神社の休憩所できのこ鍋
神社の休憩所できのこ鍋
金剛山への登り
金剛山への登り
金剛山から奥牧野方面の展望
金剛山から奥牧野方面の展望
浄水施設の脇に出ました
浄水施設の脇に出ました

天神峠から高倉山の三角点を踏んだのち藤野に戻りました。この周辺は日蓮アルプス(藤野アルプス)とも名付けられているところです。総勢17人、たくさんの仲間と歩くゆっくり山行には丁度良いコースでした。

 芸術の道のアートめぐり

パンフレットなどによると昭和63年ころから平成の初めにかけふるさと芸術村構想として30ほどの作品が作成されたと言います。

森の記念碑
FLORA・FAUNA
羅典薔薇
森の守護神
射影子午線
記憶容量・水より、台地より

山里にたたずむ作品には説明版が置かれ作者からの思いが書かれていました。

 H.I 記
 
 山行記の訪問者数 今月:28件 累計:586件
TAG:中央線,ハイキング,班山行,中央線

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

房総 嵯峨山 班山行 16年3月19日 

道志 烽火山・尾崎山 15年10月09日 

湯ノ沢峠~滝子山を目指して 14年11月21日 大蔵高丸、ハマイバ丸の稜線は初冬のスノーハイク

中央沿線 滝子山 14年11月8日 中央沿線 滝子山 1班班山行

2班班山行 奥多摩・生藤山 14年9月6日 奥多摩の静かなハイキングコース

1班班山行 新緑の高水三山 14年5月24日 1班班山行です。お天気に恵まれ新緑の高水・・・