Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 上越 谷川岳一ノ倉沢中央カンテ 登攀 


 山名
烏帽子岩の下1500m程
 山行日
2017年5月28日(日)
 人数
L:Y.K 他1人
 コース
一の倉沢出合−中央カンテ取り付き−中央カンテ終了点、往路を戻る
 費用
 
コースmap
中央カンテ 登山コース
 

 コ−スタイム

27日(土) 18:10 一ノ倉沢出合(前泊)

28日(日) 一の倉沢出合4:00-テールリッジ取り付き4:25-中央カンテ取り付き5:25-13:30中央カンテ終了点14:10-(中央カンテ懸垂下降)取り付き17:30-19:00一の倉沢出合い

 
これから登る中央カンテ、中央の林みたいな所がテールリッチ頭

3時起床、周りには私達の他に3張りのテントがあったがまだ皆夢の中のようだ。テントの中で朝食、身支度を整えヘッドライトの明かりを頼りに4時出発!!今年は雪が多いいのか?テールリッチの頭だけしか見えず、おかげで最短ルートをとれるのでありがたかった。遠方にはガスに覆われている一ノ倉岩壁が物静かに待ち構えている。

5:20 1P目、中央カンテ取付きにて登攀開始、トップは後の核心部を考えYちゃんにお願いした。(奇数Y、偶数I。)前日の雨のせいで岩が濡れていていやらしいスタートとなってしまった。登るにつれて天気は回復傾向にあり視界も開け烏帽子岩も顔を出してくれた。2P目、緩いフェースだが草付帯は濡れていて岩苔に足を取られ自分たちのクライミングをさせてくれない。下は南稜取付きのルートなので落石を落とさないように慎重に登った。3、4P目バンドからカンテだが何なりと通過。5P目、ルンゼ状を登ると口を開けたチムニーが迎えてくれた。チムニーの中はザックが邪魔で登りにくく、岩は脆いので気を遣う!!どうにか手を大の字にして乗り越えた。6P目、フェースを左上し、カンテを右へ。ここも問題なく通過したが、周りを見るとガスに包まれ風も出てきた。霧雨で岩の状況が朝より悪くなっている。今思えばここで下山判断すべきだったのかもしれない。

7P目、今回の核心!!Yちゃんがピナクルを左から巻いたところで姿が見えなくなり、ロープの動きも止まりカシャカチャ音がしている。やはり濡れているため手ごわいだろうな〜と考えていたら上からOKの合図がきた。ピナクルを過ぎると垂壁、ハングからのコーナークラックがお出迎え!!内心(マジっと呟く)しかし、Yちゃんがクラックにカムをセットしアブミをかけておいてくれたおかげで(A1)どうにか登ることができた。思わず「Yちゃんありがとう」と口に出す。実際、他の投稿者は濡れていたら絶対にアブミを出すと書いてあった。いや〜濡れてなくても嫌なのに今回はグレードプラスでしょ!!

8P目、スラブを左上し9P目へ。草付きの凹状部もいやらしい形だ!!足場は濡れ思うように踏込むことができない。どうにかレイバックの体制で左上し登ることができ、ようやく烏帽子岩の真下まで来ることができ完登(13:00)できた。本来ならここから南稜へ向かい6ルンゼを下降していくのだが、時間とガスで危険と判断し中央カンテを下降することに。下降途中ではガスが切れ青空に変わり(もっと早く回復してくれれば〜)17:31中央カンテ取付きに無事着くことができた。

今回はガスの中でのルーファイ、ハーケンを探すのに手こずり時間がかかってしまった。また、天候が変わりやすく引き返すタイミングの判断が難しかった。次回は天気の良い時にリベンジしたい!!

 
5P目チムニーを登るY
5P目チムニーを登るY
懸垂で下山
懸垂で下山
 
 I.N 記
 
 山行記の訪問者数 今月:19件 累計:359件
TAG:谷川,登攀・沢登り,一ノ倉沢,中央カンテ,登攀

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

大源太山 北沢本谷 16年8月14日 

谷川岳一ノ倉沢衝立岩中央陵 16年6月4日 

谷川連峰 白毛門沢 14年8月31日 谷川岳の白毛門沢の沢登です。深夜はどしゃ・・・

白毛門沢 14年8月31日 ハナゲの滝やナメが続く快適な遡行