Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 南ア 鋸岳 


 山名
南ア 鋸岳
 山行日
2017年9月8日(金)-9日(土)
 人数
L:T.H
 コース
北沢峠-駒津峰-甲斐駒ケ岳-六合目小屋-中ノ川乗越-第二高点-鋸岳-角兵衛沢コル-戸台大橋
 費用
約10,000円
 
コースmap
鋸岳 登山コース
 

 コ−スタイム

9/8(金) 自宅1:00=仙流荘5:00/5:50=北沢峠6:50/7:10-駒津峰9:30/9:40-甲斐駒ケ岳10:40/10:50-六合目小屋12:00-水汲み場12:10/13:10-中ノ川乗越 テント泊

9/9(土) 中ノ川乗越4:10-第二高点5:00/5:10-鋸岳7:10/7:30-角兵衛沢コル7:50-角兵衛沢案内板10:50/11:00-戸台大橋13:00/13:10=仙流荘13:20=自宅

 

 リベンジ 鋸岳の単独山行

9/9(金) 昨年、同様のルートで第二高点から第一高点への道がわからず撤退したコース。夢にまで思う悔しい思いを1年間持ち続けてきた。鋸岳は危ないので一度は連れて行ってもらおうと考えたが、あいにくの天候により中止に。やはり単独で挑戦しろとのことなのだと思い、リベンジを決行。天気予報は登山日和とのことだったが、駒津峰を過ぎたころからガスに覆われてしまった。昨年の土砂降りよりはましであったが、鋸岳との天気の相性は良くないようである。

甲斐駒山頂から6合目小屋までの危険箇所は長い鎖の降りるところのみ。甲斐駒山頂から1時間くらいで到着した。今夜はさらに先の中ノ川乗越でテント泊予定のため、近くの10分くらい降りた水場に向かう。しかしながら、昨年はドバドバでていた水がスズメの涙ほどしか出ておらず、10分たってもペットボトル10分の1しか汲めなかった。やむを得ず、その場にたまっていた水たまりのような水を汲んだ。案の定、枝や葉っぱも浮いているが背に腹はかえられない。

水を背負い、中ノ川乗越へ出発。6合目小屋に泊まればいいと思う方もいるだろうが、わたしはここのコースの目印がわかりづらく、また滑りやすいため、なるべく明るいときに通過し、翌日は中ノ川乗越からスタートしたかった。予定では2時間くらいのルートだが、三ツ頭の手前で道を間違えたらしく、30分前にみた「中ノ川」という看板に、まるで漫画のように戻ってきてしまった・・・。後半に集中力がきれる怖さをあたらめて知った。予定より30分遅れて到着。翌朝まで霧が晴れることはなかった。

 
霧の鋸岳

9/10(土) いよいよ鋸岳への挑戦がはじまる。テントのなかでは不安が募る。「道まちがえたらどうしよう」「最悪どこで引き返そう」「引き返せなかったら・・・」など、単独山行の怖いところかも知れない。中ノ川乗越の有名なガレ場を登り、50分ほどで鬼門の第二高点に到着。先輩方から「ルートは南にと」アドバイスをいただいていたので、去年の自分をクリア。第一高点に向かう。まずは谷底まで滑るが安全な降りだったが、ここで霧が発生し前が見づらい。大ギャップをエスケープするため大ギャップから落ちてくるガレ場を横断し、横断先に目印はない。鹿窓へ向かう。鹿窓のガレ場も横断し、さらに一度樹林帯に入ると鹿窓の鎖に到着。ガレ場を直登しても問題ないと思われる。鹿窓の鎖は岩が濡れすべるため何箇所か鎖を使ったほうが安全であった。

鹿窓を通過すると目の前にものすごく太い鎖がナイフリッジに設置されていた。これを掴みトラバースするのかと考えるとゾッとしたが、この鎖は反対側の小ギャップを降りるために設置されていた鎖であった。思わずカメラをしまってしまった(笑)。鹿窓を越えると、鹿窓と似ている紛らわしい岩のすき間があった。思わず降りてしまい間違いに気づき戻ったが、戻るのに一苦労するのでご注意を。

ナイフリッジを越え、いよいよ小ギャップ。小ギャップは降りるための鎖と第一高点に登るまでの鎖が2本設置されている。最初の20メートルほどの降りは鎖を使わず、右側の草がついている斜面を降りることができた。最後の5メートルくらいは鎖と合流するが鎖を使用せず、簡単に降りることができる。高さに恐怖しなかったのは霧のおかげかもしれない。

小ギャップの登りの鎖は、遠くからみるとすべてが垂直にみえるが、実際は、最初こそ垂直だが、残り半分はきつくない角度。鎖を使わなくても登れるくらいであった。油断するなと自分に言い聞かせながら登頂。いよいよ待つのは、悲願の第一高点の鋸岳山頂のみ。緩やかな稜線をまるでウイニングロードのようにゆっくり登っていく。あれだけ立ち上っていた霧も山頂に向かうにつれ嘘のように晴れていく。山頂で待っていてくれたのは、360度の大展望。南アルプスの山々、北アルプスまで、今までの緊張と疲れが感動につながるこの瞬間が最高なのだと思う。

 
鋸岳山頂

下山は、角兵衛沢のコルから、ガレ場と道のわかりづらい樹林帯と何度も渡渉する河原を標高1,500m以上も降りる。ガレ場で脚が疲労・・・でもオコジョに会えました。樹林帯はピンクとオレンジのテープまたケルン(ありがたい)を頼りに道に迷わないように降りる。河原は濡れてもいいようにサンダル(M谷さんからアドバイスをいただきました)を持参したが、すでに泥だらけであったため、登山靴のまま渡渉した。川の水が気持ちいい。去年は気がつかなかったが、登山口の反対側に歩きやすい林道があった。去年はずっと河原沿いを歩き、うんざりしたことを思い出した。

そして午後1時、ゴールの戸台大橋バス停へ到着。2日間の歩行時間合計17時間の山行が終了。バスは臨時便がでており予定時刻より40分も早く乗ることが乗車することができた。鋸岳の厳しい山行での単独登山は、不安と恐怖の連続だった。夜のテントのなかでは、普段はポジティブな性格もネガティブなことしか考えず、「大丈夫、大丈夫」と自分に言い聞かせていた。帰りのバスでは達成感と安堵から人目もはばからず自然と涙が・・・。こういう不安と恐怖が人を成長させてくれるものと信じ、これからも臆することなく、さらなる挑戦を続けていく。

アドバイスをくださった、急な山行計画の提出を受領してくださった、また下山連絡をご担当いただいた先輩方、本当にありがとうございました。またこれまで会でご指導いただいた皆様にも心から感謝申し上げます。リベンジ達成しました!これからもよろしくお願いいたします。

 
 T.H 記
 
 山行記の訪問者数 今月:30件 累計:252件
TAG:南アルプス,縦走(テント),南アルプス,甲斐駒,鋸岳,角兵衛沢,戸台大橋

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

南アルプス 荒川三山・赤石岳 15年8月16日-18日 

テント教室 塩見岳 14年10月4日-5日 台風が近づく中塩見岳の山頂へ

南アルプス 光岳〜聖岳 14年9月20-22日(前夜発) 南アルプスのテント山行

雨物語2014 南アルプス・甲斐駒ヶ岳 14年8月24-25日 甲斐駒ヶ岳から黒戸尾根

黒戸尾根から甲斐駒ケ岳へ 14年1月10-13日 1月の厳冬期、黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳の山・・・

黒戸尾根から甲斐駒ケ岳へ 14年1月10-13日 厳冬期の黒戸尾根から甲斐駒に登った写真集です。