Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 三つ峠天狗岩・十二ヶ岳 


 山名
三つ峠1785m、十二ヶ岳1585m
 山行日
2017年12月9日(土)-10日(日)
 人数
L:M.T, 他6人
 コース
三つ峠裏登山口-天狗岩-登山口 十二ヶ岳西湖登山口-十二ヶ岳-登山口
 費用
 
コースmap
三つ峠天狗岩 登山コース
 

 コ−スタイム

9(土) 三つ峠裏登山口-天狗岩岩トレ開始-岩トレ終了-登山口

10(日) 十二ヶ岳西湖登山口-十二ヶ岳場岩トレ開始-岩トレ終了-登山口

 

 岩沢分科会 忘年山行(三つ峠天狗岩・十二ヶ岳)

 

【1日目】当日は快晴でしたが、山は前日に降雪があったようで、登山口近くの路面は薄く雪に覆われていました。M氏の車はこれを予想してか数日前にスタッドレスタイヤを装着、難なく駐車場まで登坂していましたが、夏タイヤでは少し厳しい状況でした。岩場までのアプローチは新雪に覆われ、快晴と相まって「今日は岩じゃなく、ハイキングがベスト??」と思うぐらい、心地良い初冬ハイクが楽しめました。

天狗岩は三つ峠山荘よりも木無山側にあり、北側に屏風岩を望みます。展望ベンチの先右手に岩場頂上と取り付きへの踏み跡があります。頂上は広く、陽当り眺望とも良いので、荷物のデポと休憩に良い場所ですが、当日は多少積雪があったため、荷物を担いで取り付きへ下りました。この下りが急な崖、しかも泥濘状態で滑りやすく、数名が転倒(自分含む)、今回の山行で最大の(岩場よりも)危険ポイントでした。

「岩場は南側に面し、終日風も無く、冬とは思えないほどの暖かさでした。岩の中央付近に2本のロープを設置し、初心者は懸垂下降を練習した後、トップロープでクライミングを楽しみました。メンバーの熱のこもった指導と訓練は昼食を忘れさせ、気付けば14時近く、通常なら遅めの昼食となるはずが、この後の宴会を考慮し、昼食抜きでの下山となりました。

 
天狗岩付近から眺望した富士山

【2日目】予定ではこの日も天狗岩でしたが、登山口付近の車道の凍結が危険と判断、十二ヶ岳に変更しました。メンバーに十二ヶ岳でのクライミング経験者は無く、情報収集のみでの実地となりました。アプローチ後半と思われた所にフィックスロープを発見、このロープの先にあった岩場をゲレンデとしました。天狗岩と比べると開拓されている感が全く無く、支点を作るのに相当な藪漕ぎが必要でした。と言っても、支点作りを行ったのはリーダーとサブリーダーです。天狗岩より難易度が高く、技術の未熟さを痛感しました。下山後のリーダーの最調査によると、この岩場は十二ヶ岳の正しいゲレンデではなかったようです。名も無い岩でも「そこに岩があれば登る」クライマー魂?を見たよう気がしました。

【所感】この忘年山行は、私にとって入会して初の山行、初の外岩でした。この山行前にメンバーの方にクライミングジムで2回の練習を行って頂きました。おかげで安全にクライミングの面白さを体験することが出来、心から感謝しています。写真は天狗岩付近から眺望した富士山ですが、今回唯一の写真です。初めての外岩でしたが、クライミングに夢中で岩トレ中の写真が一枚もありません。でも、しっかりと心に刻んだので大丈夫です。これからも宜しくお願いいたします。

 
 Y.J 記
 
 山行記の訪問者数 今月:7件 累計:187件
TAG:富士山,登攀・沢登り,岩トレ

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

三つ峠山・屏風岩・岩トレ 14年10月19日 富士山も目の前のクライミング