Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 日光・赤薙山と霧降ノ滝〜県連第2回ウィークディ山行〜 


 山名
赤薙山 2,010.3m、丸山 1,689m
 山行日
2007年10月11日(木)晴れ
 人数
11人
 コース
千葉駅6:00・松戸発 6:30=蓮田SA7:30合流出発=日光SA8:45/8:55=霧降高原駐車場9:20着
9:30登山開始− 小丸山(キスゲ平)10:20/10:30−焼石金剛11:15−赤薙山山頂11:50(昼食)12:00下山開始−小丸山13:30/13:40−丸山13:50/14:00−八平ヶ原−駐車場15:20/15:30=霧降りノ滝15:40=かたくりの湯16:50/18:00=21:00〜21:30松戸・千葉着・解散
 費用
 
TAG:日光,ハイキング
 
コースmap
赤薙山 登山コース

 

週間予報が雨だったので、どうなることかと心配していたが、前日になって晴れと出たのでほっと胸をなでおろした。

B車は新松戸流経大前6:30分全員集合できたので定刻に出発する。バスの中で挨拶、説明などをしている内に早「蓮池SA」に到着、今回は千葉発A車の方が先に到着していて合流(ここで理事長がB車に乗り換え挨拶してもらう)。

車は一路霧降高原に向かう。道中渋滞もなくスムーズで予定より早めに到着できた。赤薙山上部に掛っていた霧も行くほどにきれて、我々を歓迎するかのよう。

出発してまもなく木の根、赤土の荒れた登山道に変わったが一登りで第一休憩地小丸山展望台に着く。ここからは熊ササの中に赤く色付いた”ななかまど”の稜線を周囲の景色を眺めながら”焼石金剛”まで登り、一息つく。

あえぎ喘ぎ足もとに気を付けて
焼石金剛に向かって
焼石金剛に向かって

いよいよ本番の赤薙山山頂をめざしての急騰を(しかも木の根が無数に出て踏み荒らされていた道をさがしながら)登り最後の岩場もクリアーして山頂の神社の”ほこら”前に到着する。このあたりでようやく色付いた紅葉を見ることが出来た。

上部に霧が出て肌寒くなって来たので10分早めに下山に掛かる。巻き道を降りる事にしたが。こちらも途中結構荒れていた、無事に見渡せる稜線に出る。ここからは前方の景色、特に丸山の紅葉と前方の山々がすばらしい。

小丸山から丸山にルートをとる。ここからの道は整備されていて歩き易い、ほどなく山頂、ここで集合写真に納まる。ここは展望よく、しばらく眺め、八平ヶ原の方に下山、熊笹の平原を通り駐車場に到着する。

赤薙山の山頂
八平ヶ原へ
八平ヶ原へ
丸山山頂にて集合写真
丸山山頂にて集合写真

バスに乗車、次の目的地霧降の滝入口に移動、約20分掛けて滝見学に行く。滝は水量がありすばらしかったが、紅葉は今一つ、早々に引き上げて戻り、すぐに「かたくりの湯」めざして移動する。

「かたくりの湯」は5時まで到着しないと売店が閉まってしまう、はらはらしながら出発、なんとか間に合って入浴の前に飲み物の確保が出来た。

それからゆっくり入浴し、飲食する事が出来た。帰路も渋滞もなく予定通り各地に到着出来たことが何よりでした。

後半あわただしかったが、山行は変化があり良かったのではないかと、自負しています。初めての方、お付き合いでの参加の方御苦労さまでした、これに懲りずに此れからも参加の程お願いします。

 K.T. 記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:8件 累計:812件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

3班班山行・半月山 13年10月29日 3班班山行は半月山です。明智平原ロープウ・・・

県連第16回ウィークデー山行 古峰ヶ原高原 13年6月6日 前日光のなだらかな古峰ヶ原高原はツツジの・・・

千葉県連ウィークテイ山行・古峰ヶ原 13年6月6日 千葉県連ウィークデイ山行古峰ヶ原の写真集です。