Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 北ア、薬師岳〜明るい縦走路をたどりカールの頂へ〜 


 山名
浄土山2,831m、獅子岳2,714m、鳶山2616m、越中沢岳2,591.4m、間山2,585.2m、北薬師岳2,900m、薬師岳2,926.0m
 山行日
2008年8月23日(土)〜26(火)前夜発
 人数
4名
 コース
詳細下記
 費用
交通費:24,410円
バス:新宿〜室堂13,000円、富山〜池袋7,340円、折立〜亀谷温泉2,250円
電車:有峰口〜富山990円、都内〜松戸830円
宿泊費:25,800円
合計50,210円+ビ−ル他
 
TAG:北ア,縦走(小屋)
 
 

 タイムコース詳細

8月23日(土)

室堂8:05−浄土山9:30−獅子岳11:25−ザラ峠12:25/35−五色ヶ原山荘13:30


8月24日(日)

山荘6:10−鳶山6:45−越中沢岳8:20/30−スゴの頭10:00/25−スゴ乗越11:00−スゴ乗越山荘12:00


8月25日(月)

山荘5:55−間山7:05/10−北薬師岳8:45/55−薬師岳9:50/10:50−薬師岳山荘11:30−太郎平小屋12:50


8月26日(火)

小屋5:55−三角点7:00−折立8:40

 

 8月23日 雨の五色ヶ原

新宿発22:30のさわやか信州号はお盆が過ぎ、空席があり後部座席が空いたので、横になることができた。ほぼ予定通り室堂に着く。

雨である。雨具を着こんで出発する。バスの中で眠れたのに眠い。浄土山の登りに荒い息が続く。先頭の野崎さんについて行けず苦しい。室堂タ−ミナル地点で2,000mはあり、高山病に罹りやすい私は身体がなかなか馴染め無かったようで、浄土山を登りきった付近よりスッキリとしてきた。

ザラ峠付近で雨が上がり、周りの山−の風景を見せてくれる。日本海も見え、下は陽が射しているようだ。このまま晴れてくれと願うが、五色ヶ原の全貌は望めない。木道を歩くと平原に建つ五色ヶ原山荘に到着。靴、雨具は乾燥室へ。我が身はお風呂に入れるというのだ。有難いことです。

 8月24日 野武士あらわれる!!

前日の夕方に雨があがり明るくなったので、希望ありと思っていたが、本日も雨具を着こんでの出発です。1ヶ月前、同コ−スをYグル−プが実践しているので山の会のホ−ムペ−ジより山行記を印字して持参する。(今回ほど、山行文を読み込んだ事はなかったかな〜)

越中沢岳の下りは、「今日の核心部でロ−プにぶら下りながら下るそうよ」 「これかな−」なんて話しながら難所(?)を過ぎると、Yグル−プと同様にスゴの頭で二日ぶりの眺望。あんな急な所を下ってきたのかと、振り返って見えた越中沢岳の雄姿に感動。薬師岳も雲の間より見える。

ガスの中より青空と素晴しい風景をプレゼントされ、元気になりスゴ乗越小屋に12時に着く。前方に赤牛岳、遠くにに烏帽子岳などの山並みを、時折白いカ−テンを開閉しながら見せて、登山客をよろこばせてくれる。

スゴの頭より越中沢岳
まだ咲いているチングルマ
まだ咲いているチングルマ
間山山頂でガスがきれニッコリ
間山から見えた山々
間山から見えた山々

夕食までたっぷりの時間で、ビ−ルの空き缶は増えていく。そこへ野武士が登場する。沢登り姿の5,6人の男が小屋に着く。沢登りで著名な深瀬氏が引率してきた野武士の顔つきの彼らは、黒部上の廊下を登っていたが、2日間の雨で、ものすごい水量にル−ト変更しスゴ沢を登って来たと言う。

私には到底行けない地を歩く彼らは、何に魅せられているのだろう。いい顔しているな〜

夕方一組の夫婦が薬師岳方面より到着。太郎平小屋で乾燥室に干した雨具が、無くなり何とか工夫してポンチョにして10時頃出発してきたのだ。間違えたのなら残るはずなのに、何も無かったと言う。雨具を盗むという行為が山では生死に関わる事なのに、登山者の中にそんな人間がいるのは許されないことだ。

 8月25日 薬師岳山頂

今日は雨具を着ずに小屋を出発。視界は白。間山山頂で、一瞬のうちにガスがきれて雲を山の谷間に残して見せてくれる風景は墨絵の世界です。

北薬師岳より天気はだんだんと良くなり、山頂に立つ人間が見える。

北薬師岳からの薬師岳
山頂の三角点
山頂の三角点
薬師岳山頂
薬師山頂より薬師岳山荘方面
薬師山頂より薬師岳山荘方面

緑のじゅうたんのように広がるなだらかな尾根上に薬師岳山荘と太郎平小屋の赤い屋根がアクセントになり、絶好のロケ−ション地です。ウワ−の声の回数が多くなる。山頂で1時間 山−の風景に見惚れている。

至福の時間ですが、腰を上げて最後の宿太郎平小屋を目指す。

 8月26日 また来るぞ!!

時折、全容を見せてくれる薬師岳を背にして折立へ下山です。幾度も幾度も振り返る。今度はこの道を登り黒部五郎岳や雲ノ平に行きたい。また会いに来ますと薬師岳の山−に別れの挨拶をする。有峰湖がだんだん大きく見えてくる。

私ごとですが・・・

今年の夏は、穂高連峰、槍ヶ岳、白馬岳、薬師岳と北アルプスの山−を登っているうちに、もう9月。あっと言う間に過ぎ去っていく感じです。

酷使した足は、膝が少−悲鳴をあげている。少し休み、サア 秋山に行こう。

 K.F 記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:8件 累計:539件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

北ア 薬師岳・黒部五郎岳 17年7月30日-8月2日 

北ア 黒部渓谷下ノ廊下 16年10月07日-08日 

北ア 大キレット 16年10月3日-5日 

夏合宿 唐松岳~白馬岳~栂池 15年7月31日~8月2日 

紅葉の涸沢 14年10月4-5日 紅葉の真っ最中の涸沢です。紅葉とテントと・・・

ジャンダルム 14年9月14日-16日 岩場だらけのジャンダルムを越え

標高100山 龍王岳、真砂岳 14年9月12-14日 標高100山の最後は立山

あこがれの白馬岳へ 13年7月26-28日 あこがれの花と雪渓の山、大雪渓の途中から・・・