Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 北ア、槍ヶ岳〜憧れの槍ヶ岳〜 


 山名
槍ヶ岳 3180m、樅沢岳2,755m
 山行日
2008年08月18日(月)〜20日(水) 前夜発
 人数
6名
 コース
鏡平〜双六小屋〜槍ヶ岳
 費用
35,010円(宿泊16,800-、高速バス6,500-、タクシー4,000-、あずさ6,910-、入浴700-、雑費100-)
 
TAG:北ア,縦走(小屋)
 
コースmap
槍ヶ岳 登山コース

 

 タイムコース詳細

8月17日(日)

秋葉原シャトルバス21:50=竹橋毎日新聞前22:40発


8月18日(月)

新穂高温泉6:10着 6:45出発−わさび平小屋8:00/15−秩父沢9:45−イタドリガ原10:40/50−シシウドガ原11:10/15−鏡平小屋12:30/13:00−弓折岳分岐14:15/20−双六小屋16:00着(泊)


8月19日(火)

5:30出発―樅沢岳6:20/30−千丈沢乗越−(風雨の為ほとんど立ち休み)−槍ヶ岳山荘12:15着(泊)


8月20日(水)

(5:30〜6:35槍ヶ岳往復)、7:05下山―ババ平テン場10:20/11:00−槍沢ロッジ(トイレ休憩)−横尾−徳沢−明神−上高地バスターミナル15:40着
バス予約キャンセル・タクシー=沢渡・入浴=松本19:21あずさ=新宿22:10着 帰松

 

 8月17日(日)

今回は出発からハプニング、L本人が肝心なバス予約券を往復とも家に置き忘れ慌てて引き返し、タクシーがないのでちょうど居合わせた接骨院の先生に頼んで駅まで送ってもらい、事なきを得たが皆を10分お待たせしてしまった。

バス乗場も今回始めて毎日新聞竹橋発をお願いしたので、そこまで秋葉原からシャトルバス送迎に乗るべく駅に降り立ったが変わっていてうろちょろしてしまった。

 8月18日(月) 晴時々曇

早めに到着したのでゆっくり支度をして出発する。良い天気なり。

わさび平で一休み、いよいよ登山道、鏡平までは明日登るであろう稜線の景色を見ながらの登行、が鏡平小屋で池に映る槍を見る事が出来ず昼食して出発時には霧が発生してきて弓折岳分岐までその中だったが稜線に出たら晴れ間がでて一安心、

新穂高温泉のバス停
笠ヶ岳の沢には砂防工事のえん堤
笠ヶ岳の沢には砂防工事のえん堤
小池新道を登っていきます
鏡池のほとりに建つ鏡平小屋
鏡池のほとりに建つ鏡平小屋
鏡池に影を落とす鏡平小屋
登山道の先に双六小屋
登山道の先に双六小屋
双六小屋から眺める鷲羽岳
夕暮れの双六小屋の前から
夕暮れの双六小屋の前から

喜び勇んで花をめでながら双六小屋に到着、明日を夢見て休息をとる。

 8月19日(火) 風雨

期待していたが朝から霧、前日の予報では午後雨だったので朝食は弁当にして早目の出発にする。

樅沢岳までは何とか持ったが其れからは風雨が強くなり、稜線では耐風姿勢の連続状態で休むのも風の当たらない所を探してほとんど立ち休み、西鎌尾根の最後の急登も滝状態、寒さも手伝いあえぎ喘ぎようやく肩の小屋に到着する。

樅沢岳の山頂は雨風の中
肩の小屋から眺める東鎌尾根
肩の小屋から眺める東鎌尾根
大喰岳の稜線の奥に奥穂高の岩峰
夕闇にそびえる槍ヶ岳
夕闇にそびえる槍ヶ岳

皆、ずぶぬれ、しかも大事な着替えまでも濡らしてしまい大混雑の乾燥室に入り浸りで乾かし、尚且つ談話室の暖房の利いた所で暖を取る。

夕方になって晴れ間も出て槍の穂先もくっきりと見える様になったがアルコールが入ったし着替えてしまったので写真だけにして明日を期待して休む。

 8月20日(水) 霧後晴

早めに目覚めて外に出るも一面の霧でがっかりする。早立ちの人は支度して待っていたが痺れを切らして登っていった。我等も一番の朝食を済まして待って見たが中々消える気配ないので未登頂の二人と一緒に往復する。

何も見えず写真だけ撮り次回の天気を祈って降り、待機組と直ちに上高地に向かって下山開始する。

槍の山頂はガスの中
槍の山頂に古い三角点
槍の山頂に古い三角点

ここで又ハプニング。ババ平テン場まで急いで下山したのでここで大休止をとる。ゆっくり取りすぎて此れからの行程を一時間間違えてしまったのを横尾で分った、バスには間に合うが入浴はとても無理。

明神まで来て皆に相談、バスをキャンセルして入浴して「あずさ」で帰ることに決定、あわててバス会社に連絡、半額負担となったのを皆に誤り、それからはゆっくり歩きバスターミナル着く。

タクシー乗り場で「以前親切に案内してくれた人なんて名前だったか?」言ってる目の前に順番で入って来たタクシーの運転手がまさにその人。そのタクシーの案内で沢渡の温泉で入浴して松本まで送ってもらった。その間に温泉卵一人2個づづ、温泉では枝豆と自家製の桃2個づづ、とサービス満点でした。

 K.T 記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:5件 累計:636件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

北ア 薬師岳・黒部五郎岳 17年7月30日-8月2日 

北ア 黒部渓谷下ノ廊下 16年10月07日-08日 

北ア 大キレット 16年10月3日-5日 

夏合宿 唐松岳~白馬岳~栂池 15年7月31日~8月2日 

紅葉の涸沢 14年10月4-5日 紅葉の真っ最中の涸沢です。紅葉とテントと・・・

ジャンダルム 14年9月14日-16日 岩場だらけのジャンダルムを越え

標高100山 龍王岳、真砂岳 14年9月12-14日 標高100山の最後は立山

あこがれの白馬岳へ 13年7月26-28日 あこがれの花と雪渓の山、大雪渓の途中から・・・