Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 北ア、白馬鑓温泉から白馬岳 


 山名
白馬岳 2,932.3m、杓子岳 2812m、白馬鑓ヶ岳 2,903.1m
 山行日
2008年8月16日(土)〜18日(月)前夜発
 人数
5名
 コース
猿倉−白馬鑓温泉−白馬鑓ヶ岳−白馬岳−猿倉
 費用
交通費(高速代 12,900円、ガソリン23,180円、タクシー 23,580円) 食費 6,260円、ボンベ 830円、入浴代 4,000円、コピー代 200円、テン場代 5,000円
合計76,850円÷5=15,370円
 
TAG:北ア,縦走(テント)
 
コースmap
白馬岳 登山コース

 

 タイムコース詳細

8月16日(土)

猿倉山荘7:35/50−小日向コル10:20−鑓温泉13:00


8月17日(日)

鑓温泉6:25−稜線分岐9:00−鑓ヶ岳9:35−杓子岳10:50/11:05−白馬山荘テント場12:15/45−白馬山頂13:25−テント場13:55


8月18日(月)

白馬山荘テント場6:30−雪渓8:05/20−雪渓終了地9:15/25−白馬尻小屋9:40−猿倉10:45

 

 8月16日(土) くもり

白馬鑓温泉より不帰キレットを通過し八方尾根を下る山行計画を知り、申し込みをしたもののテント縦走と、メンバーは全員ベテラン者。私は受験生のような気持で参加する。

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
白馬岳のテン場から眺める朝の剣岳と毛勝三山

前日、名ドライバーAちゃんの運転で松戸を19時に出発し、信濃大町の道の駅で仮眠し、名鉄信州交通大町支所に車を駐車し、タクシーで猿倉に向かう。白馬方面の山々は雲がかかっており、天気はよろしくない。鑓温泉まで、雨には降られず、まだたくさん花が咲いてる道々、写真を撮りながら13時に到着。

テント設営後、お風呂に入っていると雨が降り出す。テント経験の少ない私が、本日の食担。何にしたらと思案の末、水はあるというので、冷麺にする。

登山口の猿倉荘
猿倉荘はたくさんの人で
猿倉荘はたくさんの人で

雨は強く降り出し,止む気配がない。外に出ず、湯溢しせず、温かい麺で食する。しょっぱい!!麺にこれほど塩分があるのにびっくり。優しい皆さんは、おいしいと食べて下さったが、食後水分補給をしていました。

8月17日(日) 雨

 雨は一晩中降ったり、止んだりしていた。天気予報は、雨のち晴れ。

不帰キレットは岩が滑るので、中止し白馬岳へ変更する。稜線上手前の大出原は、チングルマの花の後の風車状態の群生地。下って来る人々が上は雨と風が強いと言う。晴れの予報を信じ、稜線上では太陽に会えるかと思っていたのにな―― 雨の中を歩く。それぞれの思いを持って・・・・

鑓温泉は雨の中
白馬鑓ヶ岳の山頂
白馬鑓ヶ岳の山頂
白馬山荘
白馬岳の山頂も雨の中
白馬岳の山頂も雨の中

(稜線分岐でピリカンだったら、唐松岳を目指したのにな―)

(こんなに濡れてしまったから、小屋に素泊りかな―)

(鑓温泉からそのまま下り、1日早く帰ってもよかったのにな―)

〜夜のテント中の話しから〜

 四姫一太郎物語

濡れたままの雨具を着たまま、テントに入る。それでガスを使用していると、いつのまにか乾く。今晩の食担はベテランの敦子さん。手際よくハムエックやポタージュスープができる。美味しい料理にアルコールもすすみ、満腹です。

松戸山の会が発展するための有意義な話し合い後、Oさんの隣の特別席はジャンケンして勝った人?負けた人?(かなり意味あいが違うのですが)昨晩より議論は続くのですが、どうにか結論が出てシラフカバーに入る。

テン場から見上げる白馬岳
頂上宿舎のテン場
頂上宿舎のテン場
テン場から眺める杓子岳と白馬鑓ヶ岳
テン場から眺める杓子岳と白馬鑓ヶ岳
テン場から猿倉に下り始めます
切れ落ちる杓子岳の山肌
切れ落ちる杓子岳の山肌

先月号の山茶花の薬師岳の山行記によると、半世紀前のハイジ2人に囲まれハーレム状態で、何回か外に出て体を冷やしたとか・・・・

若きハイジは4人いたのですが、この夜は特別に寒く、夜中に着込んでいました。下界も布団をかけるほど寒かったようです。

 8月18日 晴れ

雲ひとつない青空です。雪渓を下るだけだから、昨日この天気にしてほしかった。

お花畑が広がる登山道
お花畑にはロープが張られています
お花畑にはロープが張られています
登山道から見上げる杓子岳
大雪渓上部の登山道
大雪渓上部の登山道
大雪渓を下っていきます
大雪渓から振り返る白馬岳
大雪渓から振り返る白馬岳
登山道から見上げる白馬岳の稜線
鑓温泉への分岐点
鑓温泉への分岐点

しかし、この天気で命拾いをしたことを翌日知ることになる。帰宅して19日に白馬雪渓で土砂崩れがおき、3人行方不明のニュースが流れた時には画面に釘付けにされた。滝のように流れている水は、雪渓上部の山沿いの道で土砂崩れを起こし、人をのみ込んでしまったのだろう。自然がいつ牙を剥くかわからない事を感じる。

 白馬岳に咲く花?

白馬岳は花の山です。猿倉から鑓温泉へと登っていく登山道にはたくさんの花が咲いています。キヌガサソウ、ミヤマキンポウゲ、エゾシオガマ、クガイソウイワオウギなどなど・・・。たくさんの花カメラに収めながら鑓温泉に登って行きました。

白馬岳から猿倉に下っていく登山道は花に彩られた登山道です。ミヤマオダマキやミヤマトリカブト、クルマユリも咲いていました。

タマガワホトトギス
タマガワホトトギス
ミヤマキンポウゲ
ミヤマキンポウゲ
エゾシオガマ
エゾシオガマ
トモエシオガマ
トモエシオガマ
オオバギボウシ
オオバギボウシ
コメツツジ
コメツツジ
キヌガサソウ
キヌガサソウ
クガイソウ
クガイソウ
ミヤマコゴメグサ
ミヤマコゴメグサ
イワオウギ
イワオウギ
ベニバナイチゴ
ベニバナイチゴ
キヌガサソウ
キヌガサソウ
ミヤマクワガタ
ミヤマクワガタ
ミヤマキンバイ
ミヤマキンバイ
ミヤマトリカブトのお花畑
ミヤマトリカブトのお花畑
ミヤマトリカブト
ミヤマトリカブト
ミヤマアケボノソウ
ミヤマアケボノソウ
ウルップソウ
ウルップソウ
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ
ミヤマアキノキリンソウ
ミヤマアキノキリンソウ
ミヤマキンポウゲ
ミヤマキンポウゲ
ミヤマオダマキ
ミヤマオダマキ
イワオウギ
イワオウギ
ミソガワソウ
ミソガワソウ
ミヤマトリカブト
ミヤマトリカブト
クルマユリ
クルマユリ
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 K.F 記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:15件 累計:1214件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

北ア 槍平 夏合宿 16年08月26日 

白馬三山縦走 15年8月1日~2日 

奥大日岳&立山三山 14年10月11日-12日(前夜発) 紅葉の奥大日岳と立山三山を縦走しました。

奥大日岳 14年10月11日 

剱岳(源次郎尾根) 14年8月1-3日 源次郎尾根から劔岳に登りました。

剱岳(源次郎尾根) 14年8月1-3日 源次郎尾根から劔岳に登りました。

前穂高岳・奥穂高岳 13年9月21-23日 岳沢でテン泊したのち、前穂高岳から奥穂高・・・

登山学校、槍ヶ岳 13年8月9-11日 テント山行で槍ヶ岳から大喰岳、南岳を縦走・・・

北アルプス/槍ヶ岳 13年8月9日-11日 槍沢から山頂を目指しました。槍ヶ岳の穂先・・・

登山学校、槍ヶ岳 13年8月9-11日 テント山行で槍ヶ岳から大喰岳、南岳を縦走・・・

テント教室 槍ヶ岳 13年8月9日-11日 テント教室として槍ヶ岳へのテント山行です・・・

雲の平、三俣蓮華岳、鷲羽岳に咲く花 13年8月1-4日 テント山行で折立から雲ノ平、三俣蓮華岳、・・・

祖父岳の山頂 13年8月3日 祖父岳の山頂からは360度の展望が広がって・・・

雲の平、三俣蓮華岳、鷲羽岳 13年8月1-4日 テント山行で折立から雲ノ平、三俣蓮華岳、・・・

鹿島槍ヶ岳 13年7月20-21日 柏原新道から冷池のテン場へ、早くテン場に・・・

燕岳〜常念岳に咲く花や動物たち 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へはたくさんの花が咲く縦走・・・

燕岳〜常念岳 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へのテント山行です。合戦尾・・・

燕岳〜常念岳 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へのテント山行写真集です。・・・