Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 南ア:アサヨ峰から甲斐駒ヶ岳 


 山名
アサヨ峰2799.1m、甲斐駒ヶ岳2967m
 山行日
2008年9月13日(土)、14日(日)
 人数
1名
 コース
9月13日(土)広河原〜広河原峠〜早川尾根小屋9月14日(日)早川尾根小屋〜アサヨ峰〜栗沢山〜仙水峠〜駒津峰〜甲斐駒ヶ岳〜駒津峰〜双児山〜北沢峠
 費用
あずさ回数券5,600、バス代甲府〜広河原2,000×2=4,000、北沢峠〜広河原960、テン場代400
 
TAG:南ア,縦走(テント)
 
コースmap
アサヨ峰から甲斐駒ヶ岳 登山コース

 

 コースタイム詳細

9月13日(土)

広河原11:10〜11:30早川尾根登山口〜13:30広河原峠13:40〜14:05早川尾根小屋テン場


9月14日(日)

テン場5:20〜7:25アサヨ峰7:40〜8:25栗沢山8:45〜9:30仙水峠9:50〜11:15駒津峰11:30〜12:30甲斐駒ヶ岳12:45〜13:20駒津峰13:35〜14:10双児山14:20〜15:20北沢峠

 

 9月13日(土)

久々のテントでの単独山行、装備など何回点検しても不安が残る。「軽量化」に努めてなんとか19キロに収まる(ほぉ〜助かったぁ〜)。元気の源、私のガソリンも今回は一滴も持っていません。(シンジラレナァ〜イ)

広河原からは、北沢峠に向かうバス待ちの人80パーセント、北岳への吊橋を渡る人18パーセント、広河原峠入口、白鳳峠入口に向かう人2パーセント・・という感じです。

北岳へはこの吊橋を渡ります
広河原峠へはここから登ります
広河原峠へはここから登ります
広河原峠に着きました
今日のお宿
今日のお宿

時折陽のさす登山道をひたすら登ります。誰とも会いません。目印の赤布が見えなくなるたびに不安になります。陽だまりを見つけて一本取っても何の音もしません。静寂に包まれています。ひたすら登りつめるとうっすらと上部が明るくなり、広河原峠に到着です。アレレレ・・・早く着きました。右手には鳳凰三山への道、今日は、左手に進みます。

時折吹くさわやかな風が、とても気持ち良くてルンルン気分になってしまします。樹林帯の中を進み、早川尾根小屋に着きました。麦茶をごちそうになり(ごっつぁんです!)、一人でカンパ〜イ!何とエビスビールです(サイコォ〜)、テン場代も¥400(やったね!)夕食もビールでまたまた乾杯です。

早川尾根小屋の水場
早川尾根小屋
早川尾根小屋
そびえたつアサヨ峰
ライチョウとご対面
ライチョウとご対面

ウトウトしているとテント場で揉め事が起こりました。いつもは、笑って聞き逃してしまいますが、T奴姐さんもいないので、心細くなり、ドキドキ、ドッキンドッキン。。。何とか収まりました。

 9月14日(日)

えええっ〜〜雨だぁ〜こんなんじゃ10時間以上の行程は歩けなぁい(とても弱気)、でも、停滞するわけにもいかない。グズグズしているので、出発が遅れてしまいました。

「いいやいいや、栗沢山まで行ったら甲斐駒登らずに、北沢峠まで下りてしまおう!」「でも、あの岩場長いよね〜、大丈夫かなぁ〜」いろいろなことを考えて歩きます。

アサヨ峰山頂
雲を巻き上げる仙丈ケ岳
雲を巻き上げる仙丈ケ岳
アサヨ峰の山頂
甲斐駒ヶ岳の白い岩肌
甲斐駒ヶ岳の白い岩肌

アサヨ峰の岩場がどっしりと構えて見えます。「アサヨ峰っていつ見てもカッコイイ!」小さないくつかのピークを登ると雷鳥にご対面。少しルンルンしているとアサヨ峰に着きました。その時です、ジャジャジャジャ〜〜ン、仙丈に青空が見え始め、甲斐駒の白い岩肌も、北岳も地蔵岳のオベリスクも見え始めました。

「三角点の写真もIさんに送らなきゃ。」「三角点どこ?」「あったぁ〜」

それからは青空が広がり、甲斐駒を眼前にグングン進みます。栗沢山に着いたときは、真夏の暑さです。ここで大休止をとります。

仙水峠までは久々の快適な登山道です。仙水峠からは樹林帯を抜けると炎天下の登り・・・出発が遅れたことを悔やみます。

青くかすむ北岳
北岳の奥に続く仙塩尾根
北岳の奥に続く仙塩尾根
栗沢山より甲斐駒ヶ岳を望む
指導標が建つ仙水峠
指導標が建つ仙水峠
駒津峰
摩利支天
摩利支天

駒津峰ではたくさんの人が歓談しています。「訓練のためにザックを担ごう!」と思いましたが、力尽きて、サブザックにお色直し、甲斐駒目指します。何て、人が多いのでしょう。渋滞渋滞で進みません。こんなに多い登山者を甲斐駒で見たのは初めてです。

ここからは、北沢峠で登山学校で「テント体験」に参加している方たちに会えるのを楽しみに急ぎます。人が多くてペースが崩れるのと自分自身の力量が不足していて朝の元気は半減です。双児山からは歩きすぎたのか、足の裏が痛みます。

甲斐駒頂上までもう少し
甲斐駒ヶ岳頂上
甲斐駒ヶ岳頂上
巻き上がる雲の先に鋸岳
双児山
双児山

急げ急げ、乾杯に間に合わないよ〜」「早くビールが飲みたい」なんて考えながら歩くと北沢峠に到着しました。時間は15時20分、アレ〜〜最終のバスに乗れてしまいます。テン場にいるみなさんに会いたい。。。でも、バスは出てしまう。。。

・・・ということで、カンパ〜イは、少しオアズケ・・ということで、バスに乗り込みました。

 アサヨ峰・甲斐駒ヶ岳に咲く花

すでに山は秋の花。ゴゼンタチバナやコケモモが真っ赤に色づいていました。しばらくすると紅葉の季節が始まるようです。

 
キバナオダマキ
キバナオダマキ
 
 
コケモモの実
コケモモの実
タケシマランの実
タケシマランの実
コゴメグサ
コゴメグサ
ゴゼンタチバナの実
ゴゼンタチバナの実
 

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 W.A. 記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:10件 累計:879件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

南ア 鋸岳 単独縦走 17年9月8日-9日 

テント教室 塩見岳 14年10月4日-5日 台風が近づく中塩見岳の山頂へ

南アルプス 光岳〜聖岳 14年9月20-22日(前夜発) 南アルプスのテント山行