Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 丹沢・菰釣山〜東海道自然歩道をたどる冬枯れの縦走路〜 


 山名
畦ヶ丸 1,292.6m、菰釣山 1,348.2m、石保土山 1,297.3m、高指山 1,174.1m
 山行日
2009年2月1日(日)-2日(月)
 人数
4名
 コース
西丹沢自然教室−畦ヶ丸−避難小屋(泊)−菰釣山−石保土山−平野
 費用
交通費 5,890円、食料・装備920円、合計1人6,810円
 
TAG:丹沢,縦走(テント)
 
コースmap
畦ヶ丸−菰釣山 登山コース

 

 コースタイム詳細

2月1日(日)

松戸6:02=代々木上原6:50/6:56=新松田8:13/8:25=バス=西丹沢自然教室9:50/10:15−善六ノタワ12:10−畦ヶ丸13:15−畦ヶ丸避難小屋13:35(泊)


2月1日(月)

畦ヶ丸避難小屋5:55−モロクボ沢ノ頭6:25/6:30−城ヶ尾峠7:45−城ヶ尾山7:55/8:05−中ノ丸8:40−ブナ沢ノ頭9:05/9:15−菰釣山10:05/10:15−ブナノ丸10:40−油沢ノ頭11:10−樅ノ木沢ノ頭11:25/11:35−西沢ノ頭12:00−石保土山12:20−大棚ノ頭分岐12:45/13:00−高指山14:00/14:10−平野バス停14:50/15:05=バス=富士吉田15:47/15:55=大月=高尾=新松戸=松戸19:20

 

 西丹沢避難教室〜畦ヶ丸避難小屋

この時期、高い山や東北の山などは重い冬山装備で行かなければならず、気軽には行けない。そこで丹沢の山を避難小屋を利用して、畦ヶ丸から菰釣山を経て山中湖のほとりの平野へと至るロングトレイルを楽しむことにする。

西丹沢自然教室から沢沿いの道に入り、いくつか堰堤の上り下りを繰り返す。今日は前日の強い風雨とはうって変わって快晴で暖かい。

畦ヶ丸山頂
畦ヶ丸の避難小屋
畦ヶ丸の避難小屋
避難小屋の中にはストーブがあります
今日は避難小屋泊です
今日は避難小屋泊です

沢を離れ稜線の急登にかかると汗がどっとでて、4キロの水が入ったザックの重さがこたえる。でも着いた後のお楽しみを思い描いて3時間我慢すればいいと思うと、この荷物の重さもあまり苦にならない。善六ノタワに着くと、あと1時間で畦ヶ丸の頂上だ。男性3人組とずっと前後しながら頂上に到着。頂上からも真っ白な富士山が木々の間から見えた。

1時半すぎには畦ヶ丸の避難小屋に着く。ここにはストーブがあるので、さっそく焚き木集めに精を出す。Oさんはもう一度山頂に引き返し、太くて長い丸太を運んできてくれた。

小屋にあったマキも使わせてもらったのだが、前日に降った雨で枯れ草や焚き木が湿っていて、火が何回も消えそうになり、悪戦苦闘する。煙もすごくて、立ち上がると目を開けているのがつらく、涙がぼろぼろ出る。ひとしきりみんなで泣きながら、火の番や荷物の整理、お茶の準備などをする。火は寝るときには消したが、朝まで暖かさが持続し、火の有難たさをしみじみと感じた。

大界木山山頂から富士山
城ヶ尾峠
城ヶ尾峠

小屋は貸切状態で、まわりに気兼ねする必要がない(これがうれしい)。おいしいおつまみと、お酒とおしゃべりで宴会は盛り上がりにぎやかに続いた。

 畦ヶ丸避難小屋〜菰釣山〜石保土山〜平野

翌日は4時半起きで、6時前にヘッデンをつけて出発する。最初から急な下りが続き、暗いうえに道が凍っていて、恐る恐る歩を進める。モロクボ沢ノ頭までくると明るくなり、凍った道もなくなりホっとした。

縦走路は東海自然歩道となっていて要所要所にはベンチや標識が整備されていて、多少のアップダウンはあるが長い割りに歩きやすいコースだ。ブナが多いので新緑の頃もお勧めだろう。

菰釣避難小屋
菰釣山の山頂
菰釣山の山頂
カヤトの広がる高指山
高指山の山頂
高指山の山頂

このコースの最高点の菰釣山には10時少し過ぎに着く。しかしこの先まだまだ最後の高指山まで長いので、気はぬけない。午前中は天気が良かったのに、午後になると富士山の頂上が雲にかくれ、時間とともに天気が悪くなる。それでも右前方に大きな御正体山の姿がずっと見えていた。

大棚ノ頭分岐に着く頃はちらほらと雪が舞うようになる。ここまで来ると上を送電線が走り、はるか下に民家ものぞけ、里が近くなってきたことが実感できる。あともう一息!気合を入れなおして歩きだしたが、ここから先は急な登り下りもなく、すすきの残るおだやかな高指山の山頂に着く。

平野のバス停は別荘地をぬけ、車道を30分ぐらい行った先にあった。とうとうこの日は他の登山者には一人も出会わなかった。全長23キロほどのかなり長いコースを二日間かけて走破した充足感が、じんわりとわいてきたのは私だけだろうか。

 Y.T. 記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:7件 累計:1459件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・