Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 静岡南部・八紘嶺〜安倍峠から続く稜線上の頂へ〜 


 山名
八紘嶺 1917.8m
 山行日
2009年5月1日(金)
 人数
2名
 コース
安倍峠登山口〜安倍峠分岐〜富士見台〜八紘嶺山頂〜安倍峠分岐〜安倍峠登山口
 費用
 
TAG:静岡南部,ハイキング
 
コースmap
八紘嶺 登山コース

 

 コースタイム詳細

安倍峠登山口13:30−安倍峠分岐14:00−富士見台付近14:20/14:30−八紘嶺山頂15:30/16:00−安倍峠分岐17:00−安倍峠分岐の上17:05/17:15−安倍峠登山口17:35
歩行時間:3時間15分

 

八紘嶺は安倍奥にそびえる富士山展望の山です。大谷崩れで有名な大谷嶺から十枚山、青笹山へと続く稜線上に頂の一つで、山梨と静岡の県境の山でもあります。

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
登山道から眺める安倍川流域の山々 (PanoramaMakerで作成)

たくさんの温泉宿でにぎわう梅ヶ島温泉から林道豊岡梅ヶ島線で登山口のある安倍峠まで。これから先は身延へと下っていく道が続いているようですが、現在は通行止めでした。登山口の駐車場にはすでに数台の車が停まっていました。

 登山口〜八紘嶺〜登山口

登山口からはいきなり急な登りが始まります。木の階段に汗を流しながら小さな頂きの上に登ると右手が崩壊した山肌が目に入ります。

大谷崩れもそうでしょうが、この付近の山は崩壊が進んでいるところが多いようです。登山道はひとまず安倍峠分岐へと下って行きます。地図などでは登山道は尾根通しに富士見台付近に登って行っていたようですが、斜面が崩壊したためか付け直されているようです。

安倍峠分岐からは富士見台へと登って行きます。たどり着いた稜線にはロープが張られ、右手は深く切れ落ちています。振り返ると安倍峠の先に少し霞んだ富士山がそびえていました。

安倍峠の登山口
安倍峠分岐
安倍峠分岐
富士見坂からは富士山が
急なガレ場をトラバース
急なガレ場をトラバース

道端で一休みしたのち、左手が崩れたガレ場をトラバースするように稜線上のこぶを目指し登って行きます。途中には固定ロープもある急な登りに息を切らせながらジグザグを繰り返すと小さなコブの頂。稜線をたどる道は小さなアップダウンを繰り返しなら高度を上げていきます。

富士見岩の上に立つと木立の先に富士山がそびえていました。最後の急な登りに息を切らせると八紘嶺の山頂です。正面の木はかなり大きく成長しているため、ガイドブックなどで紹介されている富士山の展望を楽しむことはできません。それでも梢の間から富士山がその姿を見せてくれました。

富士見岩から富士山
八紘嶺の山頂
八紘嶺の山頂
木立の間から富士山
咲き残ったアカヤシオ
咲き残ったアカヤシオ

この山頂は七面山へと向かう道、大谷嶺へと向かう道が交差するところです。七面山は法華宗の七面山奥の院のある信仰山ので、敬慎院などの宿坊もあると言います。八紘嶺から七面山へは3時間ほどの行程のようですが帰りの便などを考えると縦走にはそれなりの体力が必要でしょう。

山頂からは往路をたどり安倍峠に戻ることにします。途中で一休みしたのち安倍峠の駐車場へ。途中、咲き残ったアカヤシオの花をカメラに収めながら急な階段を下りました。

 I.H. 記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:12件 累計:1018件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

貫ヶ岳(平治の段) 13年02月12日 貫ヶ岳は静岡と山梨の県境に位置する頂で、・・・