Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 静岡南部・山伏〜安倍奥にそびえる富士山展望の頂 


 山名
山伏 2013.7m
 山行日
2009年5月1日(金)
 人数
2名
 コース
山伏登山口(百畳峠)〜山伏〜山伏登山口(百畳峠)
 費用
 
TAG:静岡南部,ハイキング
 
コースmap
山伏 登山コース

 

 コースタイム詳細

山伏登山口(百畳峠)09:05−山伏10:00/10:20−山伏登山口(百畳峠)11:00
歩行時間:1時間15分

 

山伏は日本300名山にも選ばれた山で安倍奥の山々の中で唯一2000メートルを超える山です。山伏をの名が知られているのは「やんぶし」と言う変わった呼び名もさることながら、笹の山頂から眺める長く裾野を広げる富士山の姿にあると言います。

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
山伏から眺める南アルプス南部の山々 (PanoramaMakerで作成)

山名表示
山伏から眺める富士山 (PanoramaMakerで作成)

登山口は林道勘行峰線の百畳峠にあります。この林道は県民の森と言われる大きなキャンプ場などあるところで、夏には家族連れのキャンパーなどで賑わうところのようです。キャンプ場の先に通行止めの案内がありました。この道は山梨の雨畑へと続いているようですが、百畳峠の先で通行止めになっているようです。

 百畳峠〜山伏

百畳峠の広い駐車場に車を停め山伏の山頂を目指すことにします。明るい笹の登山道を登り始めると笹山から続く尾根道を合わせ、緩やかに高度を上げていきます。振り返ると白い雪をかぶった南アルプスの稜線が長く続いていました。

コメツガの林を抜けるとよもぎ峠からの道を合わせてひと登りすると山伏の山頂です。広く開けた笹原の山頂はヤナギランの咲くところのようで、木道と植物保護のためのロープが張られていました。

百畳峠の登山口
よもぎ峠への分岐点
よもぎ峠への分岐点
ヤナギランが咲くと言うお花畑
山伏の山頂
山伏の山頂

三角点の置かれた山頂に立つと目の前に大きなすそ野を広げた富士山がそびえています。コメツガなどの針葉樹が伸びすぎた気もしますが、大きなすそ野を広げるその姿は富士山展望の山として話題を集めることも頷けるものです。

振り返ると雪を被った南アルプスのパノラマが広がっていました。目の前に広がる峰は赤石岳や聖岳など南アルプス南部の山々。普段見慣れていないこともありその頂を同定するのはなかなか難しいものがあります。

大きく裾野を広げる富士山
山頂から振り返る南アルプスの山々
山頂から振り返る南アルプスの山々
登山道わきには崩壊した斜面
登山道から眺める南アルプスの山々
登山道から眺める南アルプスの山々

山頂に広がる富士山と南アルプスの展望を楽しんだのち、車を停めた百畳峠に戻ることにしました。ガイドブックなどによると日影沢からよもぎ峠経由で山伏に登るコースが紹介されています。往復6時間を超える行程になるようですが、秋の空気の良い時期にでも富士山の展望を楽しみに訪れてみたいものです。

 I.H. 記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:8件 累計:1176件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

貫ヶ岳(平治の段) 13年02月12日 貫ヶ岳は静岡と山梨の県境に位置する頂で、・・・