Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 熊倉山〜アカヤシオが岩稜を彩る熊倉山〜 


 山名
熊倉山 1,426.5m
 山行日
2010年5月1日(土)
 人数
7名
 コース
城山コース登山口−熊倉山−笹平−林道合流−城山コース登山口
 費用
 
TAG:奥秩父,ハイキング,熊倉山,班山行
 
コースmap
熊倉山 登山コース

 

 コースタイム詳細

新松戸5:40−熊倉山城山コース登山口9:20/9:40−996m地点10:25/10:45−1230m地点11:20/11:30−熊倉山山頂11:50/12:23−笹平13:20−官舎跡14:40−林道合流15:15−城山登山口15:35

 

 熊倉山

車窓からは満開の八重桜が見られます。城山登山口に向けて林道を上がって行くと、何組かの人を見かけました。マイナーな山と思っておりましたので、登る人が居ることにびっくりしました。

昭和42年埼玉国体山岳部門のコースです。アプローチが長くエリアマップも歩程6〜7時間とあるので、松戸から日帰りは強行軍になります。そんな訳でなかなか行くチャンスがなかったのです。いつか行きたい山でした。説明書には岩稜帯ヤセ尾根と書いてあります。

城山コースの登山口
急な尾根道を登って行きます
急な尾根道を登って行きます

登山口からいきなり急登です。杉・桧の中をジグザグに登ります。登り始めは気負いすぎてみんな無口です。”これは長葉のスミレサイシンです。”の声で皆んなはぁーと息をした思いでした。とたんにおしゃべりなり、周囲を見渡せる余裕が出来ました。すると陽のさすところには長葉のスミレサイシンをはじめ、ひとりしずか・ヤブレガサ・エイザンスミレ等がみられます。

1時間ほどで996mの小ピークに着きました。今日初めての休憩です。エネルギーを補給したので元気が出ました。ここからも急登です。岩まじりのヤセ尾根です。足もとばかり見ていたら”アカヤシオが咲いている!”の声にやっと上を見上げられました。

ピンクの大きな花です。”ここにイワウチワ”見るとこんな崖に咲いています。葉はイワカガミに似ています。花を見ながら登ります。すっかり花に魅せられてつかれも忘れる山頂です。

咲き始めたアカヤシオ
露岩帯には固定ロープも
露岩帯には固定ロープも
山頂直下は急な登り
山頂には三角点
山頂には三角点

岳人から抜け出てきた様な白髪まじりの男性はこれから酉谷山に行くとか話しています。昔は6〜7時間かかったけれど、この頃は歩く人もいるので踏み跡がしっかり付いているので3時間位で行けるそうです。

皆さんの持ちよりおかずです。今が旬の筍の煮物、スカンポのマヨネーズ添えおまけにデザートまであり、すっかりお腹もいっぱいです。

倒木もあちこちに
丸木橋で沢を渡り返して
丸木橋で沢を渡り返して

下山は日野コースへ下ります。29日に山びらきがあった様で倒木の枝が切り払われて歩きやすいです。ニリンソウは可愛らしい白い花を付けています。コバイケイソウは若竹色です。長寿の水をあただきましたが、これ以上長生きは無用と言われそうです。ひたすら下ります。何度か橋を渡り返すと石段に着きました。

駐車場までの林道歩きは一日中青空と緑の山と春風に気持ちの良い時間です。

お疲れ様でした!

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 Y.T 記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:12件 累計:1108件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

房総 嵯峨山 班山行 16年3月19日 

中央沿線 滝子山 14年11月8日 中央沿線 滝子山 1班班山行

2班班山行 奥多摩・生藤山 14年9月6日 奥多摩の静かなハイキングコース

1班班山行 新緑の高水三山 14年5月24日 1班班山行です。お天気に恵まれ新緑の高水・・・

2班班山行 武甲山 14年5月11日 2班班山行です。横瀬駅からタクシーで武甲・・・