Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 白馬岳・雪倉岳・朝日岳 〜花の名山の名前に恥じない山へ〜 


 山名
白馬岳 2932.2m、雪倉岳 2610.9m、朝日岳 2418.3m
 山行日
2010年7月29日(木)〜8月1日(日)
 人数
参加者4人
 コース
猿倉−白馬尻−白馬頂上宿舎−白馬山頂−三国境−雪倉岳−朝日小屋−朝日岳−花園三角点−蓮華温泉
 費用
 
TAG:北ア,縦走(テント),白馬岳,雪倉岳,朝日岳
 
コースmap
白馬岳・雪倉岳・朝日岳 登山コース

 

 コ−スタイム詳細

7月29日(木)

新宿20:00=スーパーあずさ33号=松本22:38 松本ツーリストホテル


7月30日(金)

松本6:01=白馬8:00/15〜バス〜猿倉8:42/9:00−白馬尻10:15−雪渓入口10:30/40−雪渓終点12:35/1:05−白馬頂上宿舎15:50


7月31日(土)

小屋5:30−白馬山頂6:10/15−三国境6:55/7:00−避難小屋8:45―雪倉岳9:25/45−燕岩11:45/12:00−水平道分岐12:40−朝日小屋14:45


8月1日(日)

小屋4:00−朝日岳5:00−吹き上げのコル5:35−青ザク7:30−花園三角点8:30−白高地沢の橋9:40−瀬戸橋11:10−兵馬の平12:10/20−蓮華温泉13:10 入浴後14:00〜タクシー〜平岩駅14:50/15:25=松本18:09/35=あずさ32号=新宿21:06

 

昨年 猿倉まで行き豪雨のため雪渓を登れず断念した朝日岳へのコース 行きたい思いで直前に計画を公開する。参加者が集まらず、単独で決行するか悩んでいたら、Sさん、Oさん、Uさんの同行者ができ、1年越しの夢が叶う。

 

 7月30日(金) 曇り夕方雨

名カメラマンの花撮影ポーズ
名カメラマンの花撮影ポーズ

白馬尻を過ぎればすぐ雪渓であったが、15分ほど登って入口になる。これも温暖化の影響かな。霧のため前方は見えない。時々ガラガラと不気味な音がする。滑落してくる岩に注意して前方を見つめながら雪渓を登り切る。

葱平付近から花の歓迎である。私はこの辺より生アクビが出る。標高差1000m以上あり、高山病になりつつあるのか、顔色が悪いと皆が心配して、荷物を持って下さる。(仲間は有り難い?)白馬山荘を予約していたが、雨も降ってきたし村営小屋の方が混んでないという事で予定を変更する。

夕食までO農園産の新鮮なきゅうりとみょうがの即席漬けで乾杯!(わたしも元気になりビールを飲み干しました)

 7月31日(土) 曇り後晴れ 〜花は続くよどこまでも〜

午前中は曇りのため残念ながら山の全容はみえませんが、足元はお花畑です。何処と言うよりもづ〜と続いてる。今までの山行で一番です。陽射しが出てくるとハクサン小桜、フウロウ、イチゲなどの花々がそれぞれの色をよりいっそう美しく見せてくれます。

長い道のりも花に癒されながら朝日小屋に到着。疲れはて食欲のない方が、何か一口でも口にすることが出来るようにとのオーナーの心のこもった夕食。もう一度行きたい小屋です。

 8月1日(日) 曇り後晴れ 一瞬のできごと

花とおじさん
花とおじさん

松本でのあずさの乗り継ぎを考え、蓮華温泉での入浴時間も含むと13時までには下りたいので早朝4時に出発する。五輪尾根もお花畑が続く。木道のある湿原平野もあり、アヤメ、ワタスゲも見る事ができる。

気持のよい高原を歩いてる時、左のお花畑の斜面に転げ落ちる。一瞬何が起きたか理解できず、2,3m地点で止まる。仲間に助けられて上に上がってわかったのは、木道の端が割れていた。(体重が原因 いやいや木が朽ちていたのだ)

事故は一瞬にしておきる事を実感。なだらかなお花畑の斜面であったので軽い打ち身ですんだが、岩肌で急斜面であったらと思うとゾートとする。

山も小屋もこのお花の季節もう一度行きたいコースです。  

 K.F 記

 

 花の名山の名前に恥じない山へ

花に勝てるかな
花に勝てるかな

昨年も同じ白馬岳を登ったが、昨年は祖母谷温泉へ下ったがアップダウンが多く相当にバテテしまった。今回は同じ轍を踏まないと荷物は極力軽くした。

猿倉からの登りは快適そのもの、しばらく登ると大雪渓、山から吹き下ろす風はとても快い。だが時より生温かい風も吹く。大雪渓を過ぎるとお花畑まさに花の楽園。私の知らない花がたくさん咲いている。Sさん、Kさんに花の名前を教えてもらったが、一晩寝たら大部分忘れていた。まさに白馬岳は花の名山の名前に恥じない。

予定では白馬山荘に宿泊だが、混雑しているかなと思い白馬岳頂上宿舎に変更した。これが成功 たいした混雑もなく快適に泊まれた。

二日目は朝日小屋、この小屋は若くて活気の女性が小屋番をやっていた。料理もおいしく従業員も応対がよく快適に泊まれた。出発は4時だったが朝日岳を超えて蓮華温泉までほぼ予定の時間に着く。蓮華温泉で疲れをとって予約していたタクシーで平岩駅に着く。

 U.Y 記

 

 花の百名山をゆっくりと楽しく

パワーあふれる○○代
パワーあふれる○○代

6年前、蓮華温泉から白馬大池,白馬岳、雪倉岳、朝日岳、蓮華温泉までのコースを今回と同じ時期に歩き、花の多いコースで感激し、何時かもう一度行ってみたいと思っていたところ今回の機会を得て実現した。

所々に雪渓も残っており、期待通り花の最盛期であり、チングルマ、ハクサンイチゲ、ハクサンコザクラ、ハクサンシャジン、ミヤマアズマギク、ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、サンカヨウ、ヨツバシオガマを始め、マツムシソウ、シロウマアサツキ、カライトソウ等書ききれない程の花を見ることができ、少人数のこともあってゆっくりカメラに納めることが出来た。

帰宅後パソコンに取り込んだところ200枚を超えていた。これから整理をしながら楽しみたいと思っている。

行程は覚悟の通り、二日目の朝日小屋手前の水平道がきつく、また3日目終盤の白高地沢の鉄橋(現在架け替え中で仮設の橋がある)からのアップダウンと蓮華温泉までの登り返しの2時間強が厳しくバテバテで蓮華温泉にたどり着いた。

 O.T 記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:9件 累計:1037件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

北ア 槍平 夏合宿 16年08月26日 

朝日 大朝日岳 15年10月11-12日 

大雪渓から白馬岳、そして栂池へ 15年8月1日-2日 

白馬三山縦走 15年8月1日~2日 

夏合宿 唐松岳~白馬岳~栂池 15年7月31日~8月2日 

奥大日岳&立山三山 14年10月11日-12日(前夜発) 紅葉の奥大日岳と立山三山を縦走しました。

奥大日岳 14年10月11日 

剱岳(源次郎尾根) 14年8月1-3日 源次郎尾根から劔岳に登りました。

剱岳(源次郎尾根) 14年8月1-3日 源次郎尾根から劔岳に登りました。

前穂高岳・奥穂高岳 13年9月21-23日 岳沢でテン泊したのち、前穂高岳から奥穂高・・・

登山学校、槍ヶ岳 13年8月9-11日 テント山行で槍ヶ岳から大喰岳、南岳を縦走・・・

北アルプス/槍ヶ岳 13年8月9日-11日 槍沢から山頂を目指しました。槍ヶ岳の穂先・・・

登山学校、槍ヶ岳 13年8月9-11日 テント山行で槍ヶ岳から大喰岳、南岳を縦走・・・

テント教室 槍ヶ岳 13年8月9日-11日 テント教室として槍ヶ岳へのテント山行です・・・

雲の平、三俣蓮華岳、鷲羽岳に咲く花 13年8月1-4日 テント山行で折立から雲ノ平、三俣蓮華岳、・・・

祖父岳の山頂 13年8月3日 祖父岳の山頂からは360度の展望が広がって・・・

雲の平、三俣蓮華岳、鷲羽岳 13年8月1-4日 テント山行で折立から雲ノ平、三俣蓮華岳、・・・

あこがれの白馬岳へ 13年7月26-28日 あこがれの花と雪渓の山、大雪渓の途中から・・・

鹿島槍ヶ岳 13年7月20-21日 柏原新道から冷池のテン場へ、早くテン場に・・・

燕岳〜常念岳に咲く花や動物たち 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へはたくさんの花が咲く縦走・・・

燕岳〜常念岳 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へのテント山行です。合戦尾・・・

燕岳〜常念岳 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へのテント山行写真集です。・・・

山形県 朝日岳 13年5月25日 山形と新潟の県境に位置する朝日岳は大朝日・・・