Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 竹村新道・裏銀座山行 


 山名
烏帽子岳2628m、野口五郎岳2924m
 山行日
2010年10月1日(金)〜3日(日)
 人数
5人
 コース
10月1日(金)高瀬ダム−烏帽子小屋−烏帽子岳−烏帽子小屋テン場(テン泊)10月2日(土)烏帽子小屋テン場−野口五郎岳−湯ノ俣温泉テン場(テン泊)10月3日(日)湯俣温泉テン場−高瀬ダ
 費用
 
TAG:北ア,縦走(テント),烏帽子岳,野口五郎岳,竹下新道
 
コースmap
裏銀座 登山コース

 

 コースタイム・メンバー・費用

 10月1日(金)

七倉7:00−高瀬ダム7:10/7:15−三角点11:15/11:20−烏帽子小屋テン場13:20/14:10−烏帽子岳15:05 /15:20−烏帽子小屋テン場16:10

 

 10月2日(土)

烏帽子小屋テン場5:00−三ッ岳6:25−野口五郎岳9:00/9:40−真砂岳分岐10:20−南真砂岳11:35−湯俣岳13:15/13:35−湯俣温泉テン場15:45

 

 10月3日(日)

湯俣温泉テン場4:45−高瀬ダム7:25=七倉=松戸15:30

 

 費用

交通費8100円、食費1500円、その他2000円

 

♪♪銀座へ はとバスが走る 歌舞伎座をぬけ 並木をすりぬけ・・・♪♪ 

と井上陽水が歌ってます。裏銀座八丁目の烏帽子岳から裏銀座五丁目の真砂岳分岐 まで走りました。来年は裏銀座一丁目の槍ヶ岳までご一緒しましょう。

 〜10月1日(金)〜

 高瀬ダム口

七倉から乗ったタクシーの運ちゃんが「こんな天気がいいの珍しい」と将来を約束してくれました。

ここで1本飲んでもう1本買って
恐怖の烏帽子岳山頂
恐怖の烏帽子岳山頂

不動沢・濁沢の白崩れを回り込んでブナ立尾根に取り付く。コメツガ・シラビソの根を掴んで登るがリーダーがすぐ行方不明になる。暴れまわる心臓をなだめなだめしているのに。「空気が薄い」とK.Fさん。今夜のキノコ鍋用にヌメリイグチを採る。

 裏銀座八丁目――妖怪か観音様か

テントを建てて裏銀座八丁目の烏帽子岳へ。尖がったてっぺんで遊んでいるとブロッケン現象を発見。霧の中に伸びた影の周りが二重の虹になっていてその光輪の中心に・・・A子観音とF子観音が佇んでいらっしゃるではないか。その神々しいお姿に思わず手を合わせたのは言うまでもない。振り返って本物?にも。

T.Sちゃん
お二人の観音様
お二人の観音様
A子観音
裏銀座のバーテンダー
裏銀座のバーテンダー

帰りに小屋に立ち寄って缶ビールを2本と水を2000円買う。雨水なのに1リットル200円もする。貴重な水で作ったお湯でイグチを湯がいてゴミとアクを落としキノコ鍋へ放り込む。歯ごたえがいい。キノコ鍋ではマイタケ・エリンギ・ナメコ・シメジと新参者のイグチの5人が乱れに乱れて競いあっていた。夜遅くまで。

 〜10月2日(土)〜

3時に起床し、小屋まで仕事しに。らんららら、らんららら。下弦の月に星がそっとささやいていた。

T.Sさんが頭が痛い・食べたくないと声も絶え絶えに。そしたら「水だけでも」「お湯を一口でも」「バッファリン飲め」「いやその前に胃薬だ」「ウドン1本でも食べた方がいいよ」と観音様。

家で待つダンナ幸せだよね。念のため「下りる?」と聞いたら「ヤダ」と言ったので、観音様がT.Sさん分担のテント本体と食材を担ぐことにしました。

ウラシマツツジ
野口五郎岳
野口五郎岳

ヘッデンを点けて5時に出発。テン場を二段下がったところに隣家発見。同じ町会とは知らなかった。お宅の晩御飯何だった?

稜線に出て5時半消灯。消灯というと普通寝るんだけど、歩くのだ。空が赤黒く焼けてきた。昨日より天気良さそう。

リーダーはテント本体と食材の追加重を付けても早い。「天気良くてぴょんぴょん行けそう〜〜」。昨日みたいに木立はないので消えないが。霜柱を麦踏みする。光線がやたら黄色い。

 裏銀座七丁目−−from〜to〜

テン場から見えた三ッ岳に到達。正面は赤牛岳。その奥にカールを抱えた北アの巨人薬師岳。右へ立山・剱連峰。気温-2℃。富士山も見えたヨ、150kmも離れているのに。

T.Sさん、鼻歌も出てきた。「湯俣温泉に着いたらfrom〜to〜××るから」と2人の観音様の色仕掛けに「がんばります!」とは言うが・・・もうタジタジ。「宴会が近くなって回復してきたんだよ。テン場に着いたら絶好調なんてことに」とは悪辣な男共。

野口五郎小屋を足元に送り、右も左も小高い岩塊に埋め尽くされた凹部を詰めて行く。稜線の上なのに広々としていて大きな凹地になっている。典型的な二重山稜だ。

霜枯爺
勾玉模様のモレーン
勾玉模様のモレーン

♪♪改札口で君のこと いつも待ったものでした 電車の中から降りてくる 君を探すのが好きでした・・・♪♪ 野口五郎さん、ここから名前を採ったのね。

 裏銀座六丁目−−勾玉模様のモレーン

次の期待の星は五郎カール。カール底には多数のモレーンができていて赤や緑の植生のモザイクが灰色の裸地の間に配列されている。

地形が凹凸しているので雪の消え方が違い、それに対応して様々な植生が成立するのだ。一番の圧巻は勾玉形の赤いモレーンがS字状に湾曲し小さい方のモレーンの内側に碧い氷河湖を孕んでいる、造形美だった。

自然の作るこの上ない彩りにうっとり。春は白と緑、夏は灰色と緑だがいかにも単調で、秋は灰色の生地に赤と緑が散りばめられて山の最も美しい時だ。滅亡の時かな?

 裏銀座五丁目−−誓いの分岐

40分下って真砂岳の分岐。ここで裏銀座五丁目を下車して竹村新道を下る。

「この5人でまた来ようね。指きりゲンマン!」「A子観音とは裏銀座西通りの赤牛岳に行くのだ」とバーテンダー。誓いの分岐と名付け証拠写真を撮る。

F子観音
誓いの分岐
誓いの分岐

道は荒れ、フィックスロープ、桟道が心もとなく付いている。「竹村さんもっと緩い坂作って!」1人に抜かれたのみで誰ともすれ違わなかった。季節はずれの山行だからか。下るに従ってダケカンバの黄葉、ナナカマドの紅葉が今を盛りとこの世の秋を謳歌していた。

 湯俣温泉口−−野湯

テントを建ててすぐ晴嵐荘の温泉へ直行。500円。テン場の目の前の野湯で楽しめるかと思ったが浅いので止めた。だが、F子観音は野湯から上がった裸体を見てしまったと、顔を赤らめながら告白。

らんたんがほのほの灯り最後の晩餐が静かに始まる。今宵のバーテンダーがハイボールをシェークし観音様に振舞った。丁子入りのホットウィスキーがおいしいとお替りをした観音様に、気前よくワインのビール割りも。裏銀座だもん。チビリ・グビリと3泊4日の旅が静かにフィナーレを迎えた。ひんやりした夜風が忍び込んできた。

 〜10月3日(日)〜

翌朝も3時起き。沢音が闇に響く中を橋を渡り高瀬川の右岸へ。夜明けが遅い。山はガスが掛かっている。

南真砂岳
日本庭園
日本庭園

七倉からの帰り道またサル群に遭う。3回も。こっちは車なのでカワイイカワイイを連発できるが、下山中ダム湖の脇で出遭ったときはストックを構えて戦闘体制をとった。ヤツラは車道に落ちたクリが目当てでお食事中。夢中で逃げない。山の中にいっぱい落ちているのにわざわざ危険なところまで出てこなくてもいいのに。

「車がイガを剥いてくれるからだ」とT.Sさん。そうだよな、サルの心理を知り尽くしていますT.Sさん。申年だもんね。トゲに刺されて指を引っ込めた姿を想像してみましょう。

「あんちゃんサルは車道の中央で寝ている。度胸試しだ。子連れのメスはすぐ逃げる」と、タクシーの運ちゃんが言ってた。ボスサルは逃げたり道を譲ったりしない。が気だるそうに動いてすぐ座り、強いところ見せている。ワカルよその心理。

朝風呂に入った。3人共マイナス2Kg。隣は1人がマイナス1Kgでもう1人は+−ゼロ。なぜ減らないの?

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 N.T記

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:8件 累計:1223件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

北ア 槍平 夏合宿 16年08月26日 

白馬三山縦走 15年8月1日~2日 

奥大日岳&立山三山 14年10月11日-12日(前夜発) 紅葉の奥大日岳と立山三山を縦走しました。

奥大日岳 14年10月11日 

剱岳(源次郎尾根) 14年8月1-3日 源次郎尾根から劔岳に登りました。

剱岳(源次郎尾根) 14年8月1-3日 源次郎尾根から劔岳に登りました。

前穂高岳・奥穂高岳 13年9月21-23日 岳沢でテン泊したのち、前穂高岳から奥穂高・・・

登山学校、槍ヶ岳 13年8月9-11日 テント山行で槍ヶ岳から大喰岳、南岳を縦走・・・

北アルプス/槍ヶ岳 13年8月9日-11日 槍沢から山頂を目指しました。槍ヶ岳の穂先・・・

登山学校、槍ヶ岳 13年8月9-11日 テント山行で槍ヶ岳から大喰岳、南岳を縦走・・・

テント教室 槍ヶ岳 13年8月9日-11日 テント教室として槍ヶ岳へのテント山行です・・・

雲の平、三俣蓮華岳、鷲羽岳に咲く花 13年8月1-4日 テント山行で折立から雲ノ平、三俣蓮華岳、・・・

祖父岳の山頂 13年8月3日 祖父岳の山頂からは360度の展望が広がって・・・

雲の平、三俣蓮華岳、鷲羽岳 13年8月1-4日 テント山行で折立から雲ノ平、三俣蓮華岳、・・・

鹿島槍ヶ岳 13年7月20-21日 柏原新道から冷池のテン場へ、早くテン場に・・・

燕岳〜常念岳に咲く花や動物たち 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へはたくさんの花が咲く縦走・・・

燕岳〜常念岳 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へのテント山行です。合戦尾・・・

燕岳〜常念岳 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へのテント山行写真集です。・・・