Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 西上州・物語山〜伝説を秘める孤峰〜 


 山名
物語山 1019.1m
 山行日
2010年10月24日(日)
 人数
6人
 コース
サンスポーツランド−物語山−物語山(西峰)−サンスポーツランド
 費用
 
TAG:上州・北関東,ハイキング,物語山,班山行
 
コースmap
物語山 登山コース

 

 コースタイムと費用

 コースタイム 

サンスポーツランド前10:15−西峰鞍部11:55−物語山12:15/12:50−西峰鞍部13:05−西峰13:10−西峰鞍部13:15−サンスポーツランド下山口14:25

 

 費用

松戸〜高崎1890円×2、高崎〜下仁田1700円(1日フリー乗車券)

タクシー 下仁田〜サンスポーツランド前 1200円/1人(タクシー2台3500×2)

バス代 道平川ダム入口〜下仁田駅 350円、計7,030円/一人

 

 サンスポーツランド〜物語山(往復)

今回山行は名前もゆかしい「物語山」、期待と共に下仁田駅からタクシーで登山口であるサンスポーツランド前に着いた。

少し歩くと「阿唱念の滝」への道を分けて、右の林道へ進む。谷筋を登ると先ずは杉林、広葉樹、ヒノキ林と続く。道も土道から石のガレ場へと変わってきた。

途中、緩やかな滝を控えたちょっとした広場で休憩。そこからはメンベ岩という、尖塔状の岩が覆いかぶさるように望めた。道筋には少ないながらリンドウ、アザミ、ノジキクなどが目を楽しませてくれる。

サンスポーツランドの入り口
物語山から眺める妙義山の岩峰
物語山から眺める妙義山の岩峰
紅葉に覆われた物語山の稜線
雲がたなびく浅間山と八風山
雲がたなびく浅間山と八風山

いよいよ谷筋から離れ急登へ、最初は滑りやすいジャリや土、その上は石板状の石を踏みしめて登る。急登に足を取られる場面も出てきた。

1,000mに近ずくと一気に紅葉が始まり、頂上から下へ赤、黄の広葉樹の帯が続く。

ようやく尾根筋に出ると、右へ15分ほどの急登で一気に頂上へ躍り出た。頂上はそんなに広くはないが、北、東方面の展望が開け、浅間山、妙義山などが間近に望め、手近には今が盛りの紅葉の帯が開け感激のひと時でした。

西峰の左に荒船山の頂
西峰から眺める妙義山
西峰から眺める妙義山
物語山を振り返る
下山は急降下での下り
下山は急降下での下り

また期待された三角点を撮影、頂上の標識を囲んで皆で集合写真を撮った。少し寒さも増し下山に入る。西峰分岐の尾根に戻り、一旦ザックを下ろして西峰に向う。

西峰からは西の方面の展望も得られ、荒船山の特徴的な台形の姿も望むことが出来た。 

登山道から振り返るメンベ岩
サンスポーツランドの先には岩峰がそびえます
サンスポーツランドの先には岩峰がそびえます

下山は急降下での下り。ザレ場、滑る土に気をつけながらの下りだった。

下山してから次のバス時間までちょっと時間があったので、バス道路わきのお店に入ったがここのお店が面白かった。

「ちょっと変わった店」と看板の出る「茂木ドライブイン」。200円で大串のミソこんにゃくが食べ放題。 2本で腹いっぱいだったが、4本に挑戦した人も。漬物、コンニャクと里芋煮、かりん酒などがタダで食べ放題、飲み放題。

仏像や水晶なども売っていました
ちょっと変わったお店
ちょっと変わったお店
こんにゃくが食べ放題
かりん酒や漬物なども食べ放題
かりん酒や漬物なども食べ放題

店の奥には、昔の脱穀機、ミソつぶし機、ソバ製粉機、木彫りの仏さんなどが雑多に並ぶ(売り物のようでした)。

オーナー夫婦もたのしく、中も外も変わったお店でしたが、バス待ちの1時間半をゆったり楽しむことが出来ました。ぜひにとお勧めの店です。

「銀河鉄道999」号を発見
富岡製糸を世界遺産に
富岡製糸を世界遺産に
「銀河鉄道999」号を発見
内天井や荷物棚の上にもイラスト
内天井や荷物棚の上にもイラスト

お天気は曇りながらも帰るまでは持ちこたえてくれ、名前にふさわしい、楽しい山行が出来ました。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 I.O 記

 山行記の訪問者数 今月:16件 累計:1346件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

房総 嵯峨山 班山行 16年3月19日 

上州 武尊山 テント教室 15年07月11-12日 

筑波山 トレーニング 15年06月06日