Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 ダイヤモンド富士・高尾山〜二班 班山行〜 


 山名
景信山 727.1m、城山 670.3m、高尾山 599.2m
 山行日
2010年12月23日(木)〔天皇誕生日〕  快晴  日帰り
 人数
11人
 コース
相模湖駅−景信山−城山−高尾山−高尾山口駅
 費用
費用:合計:2620円/人、交通費:2420円(JR:2300円=ホリディパス、京王電鉄:120円)、甘酒:200円
 
TAG:中央線沿線,ハイキング,高尾山,ダイヤモンド富士
 
コースmap
高尾山 登山コース

 

 コースタイム 

相模湖駅8:30−與瀬神社8:42−明王峠10:33/55−堂所山−景信山12:08/36−小仏峠13:00−城山13:27/14:02−一丁平14:15−もみじ台(高尾山)14:35/16:20−高尾山口駅17:25

 

 相模湖駅〜景信山〜城山

相模湖駅で身仕度を整え、ストレッチ運動を行い出発、2、3分歩くと狭い露地に入った。すぐに線路に突き当たり、線路沿いを歩く。「アーこんなところを歩くのか、初めて来るときは分からない」間違い易く、時間をロスするポイントだ。私のつぶやきに、反応があった。I さんもかなりやられているようだ。

明王峠からの富士山
明王峠からの富士山

今日は冬至の翌日、一年間で最も昼の短い日である。天気予報も晴れでダイヤモンド富士への期待も高まり、テンションも上がり気味、車窓から見える富士山を見るために席を立って見る人もいたほどです。

急な與瀬神社の階段を登ったところで、暑さに備え衣服調整の指示が出た。高台の與瀬神社では、近傍の峰の上に真っ白い富士山の頂上が見えている。何回もダイヤモンド富士山行に参加している人は、間違いなく「ダイヤモンド富士」が見えると断言している。

先頭のペースは速くて、明王峠(標高:735m)には予定より、20分ほどの早着きである。テーブルとベンチのある場所で休もうとすると、「こっちがいいのよ」と、SLに木立を越した土手側に誘導された。ここには、富士山を眺めながら、休憩できるベンチがあった。

眺めの良いところで長めの休憩が得られる。正面に雲ひとつない富士山、暖かい日差し、そして風のない穏やかな日和に恵まれています。

景信山はたくさんの人で賑わっています
景信山はたくさんの人で賑わっています

明王峠から景信山へは休憩を挟んで約75分で到着した。ここでの展望は、大岳山と、筑波山を確認できた。高層ビル群も良く見える、なかには「あれがスカイツリーはではないの」と言っている人もいた。

景信山山頂着が丁度昼時でもあったため、人人人の賑わいで、我々はたくさんあるテーブルとベンチの席には付けなかった。殆どのテーブルの上にはコッヘルとバーナーが置かれていて、食事は豪華に感じさせる。更に、餅つきをしているグループもあった。

次の山頂、城山へは約50分の歩きで到着した。ここでも、長めの休憩が得られた。湯を沸かし、全員に暖かいコーヒーも振舞われた。

 景信山〜城山〜高尾山(ダイヤモンド富士)〜高尾山口駅

城山から展望の良い一丁平(標高:570m)を過ぎ、高尾山・もみじ台には約30分で到着した。

景信山の山頂で
景信山の山頂で

既に富士山を遮る、木々のないところから場所は埋まっていた。我々のグループは登山道から少し下った富士山を望める傾斜地に場所をとった。

三脚を設置して、防寒対策を済ませてた人、バーナーとツインパンで熱々のサンドイッチをつくり頬張って待つ人、山歩きには少し重そうな物ですが、ケーブルカーで登れるからでしょう。しかし、我々の甘酒などは相模湖から運んだものです。

甘酒を温め二杯ずつ戴く、更に熱いコーヒーを戴いて、食事の片付けも終えると、太陽と富士山頂はいよいよ近づいてきた。

写真を撮り始め(16:07)てから最後の写真(16:18)までの約10分間、撮った写真は40枚、結果は御想像にお任せです。今回はシャッターを押す練習であったようです。多くシャッターを押せば、何枚かに一枚は上手く取れるとの期待通りとはなりませんでした。

太陽が富士山に隠れたので、登山道に戻ると、人で埋め尽くされています。

ダイヤモンド富士
ダイヤモンド富士

全員集合を確認し歩きはじめる。何人か、はぐれても当たり前の状況となり、はぐれても高尾山口駅の改札口前で待つ約束となりました。

グループの人を追って歩いても割り込まれ、階段では幅が狭まり縦長の行列になり、混雑する駅のラッシュアワーの時間帯と同様です。「私が迷子になった」と叫ばれてしまいました。

ケーブルカーの駅までは、電灯も取り付けられ明るくなっていました。ケーブルカーに乗る人が多いのか、歩く人は半分以下におもわれました。ケーブルカーの駅から先はヘッドランプが必要でしょう。道は舗装路歩きで、比較的安全ですが、歩くスピードも格段にアップし、足元の注意が肝心です。ケーブルカーの駅からの下り坂で汗でビッショリになってしまいました。(風邪は引きませんでしたが、汗をかかない速さが良かったのかな)

この「ダイヤモンド富士・高尾山」を6,7回歩いた人でも、ダイヤモンド富士を目に収めたのは2回目のようでした。今回の我々はラッキーでした。

身近なところで、展望のよい、コースを教えられ参考となりました。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 S.S 記

 山行記の訪問者数 今月:13件 累計:1343件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

道志 烽火山・尾崎山 15年10月09日 

湯ノ沢峠~滝子山を目指して 14年11月21日 大蔵高丸、ハマイバ丸の稜線は初冬のスノーハイク

中央沿線 滝子山 14年11月8日 中央沿線 滝子山 1班班山行

2班山行 ダイヤモンド富士in塔ノ岳 13年2月22-23日 塔ノ岳は2月と10月の2回、ダイヤモンド富士・・・

ダイヤモンド富士・雪の表尾根 13年2月22-23日 晴れ渡った塔ノ岳からヤビツ峠への雪の稜線・・・

ダイヤモンド富士in塔ノ岳 13年2月22-23日 ダイヤモンド富士・塔ノ岳の写真集です。山・・・

お汁粉山行・景信山 13年1月5日 景信山の山頂でのお餅つき山行です。総勢30・・・

お汁粉山行・景信山 13年1月5日 お餅つき山行・影信山の写真集です。今年最・・・

1班・2班班山行 お汁粉山行・景信山 13年1月5日 1班、2班山行はお餅つき山行です。景信山の・・・