Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 金時山〜3班々山行記録〜 


 山名
金時山 1212.5m
 山行日
2011年6月19日(日)
 人数
6人
 コース
金時神社−金時山−乙女峠 
 費用
下記に詳細
 
TAG:伊豆・箱根,ハイキング,金時山,班山行
 
コースmap
金時山 登山コース

 

 コース詳細

松戸(6:15)=新宿(6:58)=新宿西口(7:30小田急高速バス)=金時神社入り口バス停、金時神社入り口9:45〜1:10〜 金時宿り石・稜線〜0:40〜金時山山頂11:35/12:30〜1:00〜長尾山・乙女峠〜0:40〜乙女口、乙女口バス停発14:43=新宿西口16:45 

 

 費用詳細

電車(松戸〜新宿往復 450×2 = 900)

バス(新宿西口〜金時神社入り口 往復3,330) 合計4,230円

 

 初めての班山行金時山

金曜日に初めて買った山靴のひもを思い切り締めて登り始めた。以前は、何故にこんなごつくって重そうな靴を履いて山に登るのかわからなかったが、岩の上でも足の裏が痛くないし、靴の中を足がゴロゴロしないので、なるほど、これは楽だと思った。そして、自分もついにこんな靴を履いて山に登るようになったのかと少しうれしくなった。

空はどんよりしているが、雨で洗われた木の緑が美しく、空気も湿気を含み肌に絡みついてくるものの、何かさっぱりしたいい匂いがして気持ちがいい。

初めてなので、リーダーの背中を見ながら登る位置に。「ゆっくり行きますから」と言われ、「そうか、これがゆっくりのペースか。でも、しんどい」と思いながら、私の3倍の大きさはあろうかというリュックを軽々とかついで、ずんずん登っていくリーダーの背中が遠くなる。

金時神社の登山口
登山道に咲く花
登山道に咲く花

30分後の休憩まではどうにかもったが、休憩後、10分くらい歩いて、いきなりドーンと疲れが体中に広がった。「もう、ダメです」とあっさり、ギブアップ。「水分を補給しなさい」「飴あげましょう」と皆さんにお世話になり、どうにか元気回復。「自分のペースで登ることが大事」と励まされ、少しペースを落としてもらい、また、歩き始める。

サツキのような山つつじとハマナスのような山バラ、それに釣鐘みたいな小さな花を見る。登っても登っても足元には白いガスが広がるだけで、自分がどこにいるのかわからなくなる。木の根っこをまたいだり、つかんだりして登りは続く。

ウノハナ
シロフウリンツツジ
シロフウリンツツジ
ミヤマハンショウヅル
タニウツギ
タニウツギ

しんどいのにも慣れてきたところで、下りてきた人に「あと少しですよ」と声をかけられ、気持ちがパッと明るくなる。

頂上にはお店もトイレもありビックリ。人が多いのにもビックリ。リュックからお鍋が出てきて豚汁が作られていくのを見るのは、なんと幸せなことか。

ほかの皆さんのリュックが大きかった理由も判明。みんなで食べるものをかついでいたんだ。「そうか、山に登るとはこういうことでもあるのか」と自分ながらの理論で納得。

金時山の山頂
トン汁と差し入れでおなか一杯
トン汁と差し入れでおなか一杯
山頂直下
下山後に乾杯
下山後に乾杯

下りは、ただひたすら足元を見て下るのみ。時々、滑ってこける。地図の見かたを教わる。その前に、地図を持ってこなければいけないことも。下りは、体は楽だけど、足が大変。本当にガクガクしてくる。足は大丈夫か?

帰りのバスを待ちながら、ビールを飲む。なんて、美味しいのー。この1杯のビールと皆さんに感謝して、私の初めての山行が終わる。

 M.H 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記の訪問者数 今月:13件 累計:1613件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

箱根 矢倉岳 17年9月10日 

房総 嵯峨山 班山行 16年3月19日 

離山~ナコウ山 15年2月21日 史跡を訪ねながら歩く宇佐美の里山

中央沿線 滝子山 14年11月8日 中央沿線 滝子山 1班班山行

2班班山行 奥多摩・生藤山 14年9月6日 奥多摩の静かなハイキングコース

1班班山行 新緑の高水三山 14年5月24日 1班班山行です。お天気に恵まれ新緑の高水・・・