Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 乾徳山〜奥秩父前衛の岩山〜 


 山名
乾徳山 2031m
 山行日
2011年9月9日(金)
 人数
5人
 コース
乾徳山登山口−乾徳山(往復)
 費用
走行距離:330km、高速料金:4400円(通勤割引)
 
TAG:奥秩父,ハイキング,乾徳山
 
コースmap
乾徳山 大平牧場コース

 

乾徳山は恵林寺の開祖、夢窓国師が修業したところと伝えられる山です。山頂周辺にはそそり立つ岩場を巡らせ、20mほどの一枚岩である天狗岩は乾徳山のシンボルとしてガイドブックなどでも紹介されています。

予定では皇海山か御座山と思っていましたが皇海山は栗原林道が通行止めとか、アプローチが近いこともあり乾徳山に登ることにしました。

 コース詳細

大平牧場登山口−(1:20)−扇平−(1:25)−乾徳山−(1:00)−扇平−(1:00)−大平牧場登山口

歩行時間:登り2:45、下り2:00、合計4:45、歩行距離:5.4km

 

 大平牧場登山口〜扇平〜乾徳山

大平牧場の上の林道に車を停め、大きな標柱が建つ登山口からは雑木林の中の急坂を登り始めます。国師ヶ原へと続く道を左に分けてると登山道は小尾根を登って行くようになります。左手に視界が開けるところもありますが曇り空の下では展望も期待できません。

小さな露岩帯は小屋沢ノ頭と呼ばれるところか。やがて登山道は扇平への巻き道です。1/25000地形図上の登山道は灌木に中を小さなコブへと登って行きます。薄いふみあともありますが登る人は少ないようです。三角点があるコブの上にはカヤトの原が広がっていました。

登山口から林道の登って行きます
雑木林の中の登り
雑木林の中の登り
途中には小さな岩場もあります
月見岩の上のKさん
月見岩の上のKさん

カヤトのふみあとを下ると扇平です。登山道のわきの大きな岩は月見岩。この付近からは富士山が見えると言うことですが巻き上がるガスの中、展望は期待できません。

扇平で一休みしたのち、山頂に向かって雑木林の登りが始まります。しばらく登ると急な登りには露岩も多くなってきます。

扇平から雑木林の登り
雑木林の登りには露岩も
雑木林の登りには露岩も
第1の岩場は大岩を巻き
第2の岩場は鎖場
第2の岩場は鎖場

最初の岩場は大きな岩を巻くように登り岩の割れ目を通り抜けます。大きな岩の基部をトラバースするところには髭摺り岩の案内板をありました。2番目の岩場は5mほどの鎖場、適当なステップもあり鎖を頼りに岩場を登って行きます。

山頂直下にはこのコースのハイライトである天狗岩(杖棄岩とも言うようです)があります。20mほどの切り立った岩に鎖が1本、岩場には適当に割れ目があるものの最初の数メートルは鎖を頼りに登って行くことになります。

天狗岩に登るKさん
山頂直下の天狗岩
山頂直下の天狗岩
山頂直下にたどり着きました
乾徳山の山頂
乾徳山の山頂

たどり着いた山頂は岩が積み重なる狭い山塊の上。しばらくすると雲の中から頭を隠した富士山が姿を見せてくれます。しかしそれもわずか一瞬、すぐに雲の中にその姿を隠してしまいました。

 乾徳山〜大平牧場登山口〜自宅

山頂からは往路をたどり大平牧場へ戻ることにします。ガイドブックでは原生林迂回新道をたどるのコースが紹介されていますがかなり荒れているようです。今回は往路をたどり登山口に戻りました。

雲の中に富士山
振り返る山頂はガスの中
振り返る山頂はガスの中
雑木林の下り
林道には鹿もいました
林道には鹿もいました

帰りは牧丘の道の駅で買い物、ブドウなどを求めようと思いましたがあまり美味しそうなものがありません。仕方なく近くの日帰り温泉花かげで汗を流してから自宅に戻ることにしました。

 I.H 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:11件 累計:854件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

新人平日山行 奥秩父両神山 14年4月10日 新人平日山行です。日向大谷からの両神山を・・・

両神山 14年4月10日 新人平日山行で両神山に登りました。途中に・・・

新人平日山行 両神山 13年7月18日 新人の平日山行で両神山に登りました。山頂・・・