Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 日留ヶ岳・富士山 


 山名
日留ヶ岳 1848.8m、富士山 1184.1m
 山行日
2011年11月5日(土)-6日(日)
 人数
5人
 コース
11月5日(土)小山宅駐車場−日留賀岳(往復)11月6日(日)大沼駐車場−新湯富士山(往復)
 費用
5,940円/一人当(ガソリン代・ 高速代・テント使用料・食費・ガス代・入浴代)
 
TAG:那須,ハイキング,日留賀岳,新湯富士山
 
コースmap
日留賀岳 登山コース

 

 コースタイム

11月5日(土)

松戸 6:00=小山宅駐車場9:30/9:45-鉄塔10:10/10:20-林道終点10:55-鳥居12:50-日留ヶ岳山頂14:20/14:40-鳥居16:05-林道終点17:00-鉄塔5:20/5:25-小山宅駐車場18:00-テン場18:10(泊)

11月6日(日)

テン場8:00=大沼駐車場8:30/8:45-登山口9:00-新湯富士山頂9:30/9:45-大沼駐車場10:15/10:40-新湯にて入浴後帰松15:00頃

 

 紅葉の那須へ

テント山行だけどキャンプ場でテント!荷揚げしなくていいんだ・・・・と思い参加を決めました。

近年、すぐに足が攣る私に合ったテント山行です。

小山氏駐車場から高原山が見えます
林道終点
林道終点

今回は、紅葉の事は考えても居ませんでした。しかし、那須塩原と言えば紅葉の名所でした。

車窓から見る紅葉は、どの山並みも錦の絨毯で もみじが際立って赤く目を楽しませてくれました。

 

 日留賀岳

小山宅で登山名簿に記名して出発。1時間ちょっと歩いた林の中でも、針葉樹の緑と紅葉のオレンジや黄色・赤と色のコントラストがすばらしくて、自然と笑顔になり『きれいね・・・』の連発でした。

紅葉の樹林帯
落ち葉を踏みしめて歩きます
落ち葉を踏みしめて歩きます
日留賀岳が見えてきました
二重鳥居
二重鳥居

欲を言えばもう少し日差しがあればねえ・・・と思いました。ほゞ樹林帯の中を歩きましたが、山頂は360度の展望で、男体山・女峰山・日光白根山などを確認して下山しました。

下山は思ったより遅くなり30分位ヘットランプをつかいました。小山宅に戻ったら、お宅の皆さんも明かりを点けてまだ作業中でした。にんじんや大根の出荷作業でしょうか、美味しそうなにんじんでしたよ。

急登が始まりました
山頂にて
山頂にて
山頂からの眺め
山頂に開山記念の石碑
山頂に開山記念の石碑
山頂からの眺め
山頂直下で鶏頂山・釈迦ヶ岳が見えました
山頂直下で鶏頂山・釈迦ヶ岳が見えました

遅くなったので、小山さんに教えて頂いた支所の駐車場の片隅にテントを張り、O越シェフの手料理をお腹が苦しくなる程いただき、眠りにつきました。

 

 新湯富士山

二日目はコースタイム1時間と言うことでゆっくり出発。立派なトイレが有る大沼の駐車場に車を止め、小雨のなか足元に注意してゆっくりと歩いた。

大沼駐車場
紅葉がとてもきれいでした
紅葉がとてもきれいでした
新湯富士山
トイレも完備されています
トイレも完備されています

苔むした石段に真っ赤なもみじが目に鮮やかで感嘆するばかり 『ウワーきれい!!』と声が出ていました。山頂で合ったグループの方に美味しいトマトとみかんを頂き、味わいながら食して下山しました。

帰りは新湯温泉郷で汗を流し、温泉の効能に腰痛・胃痛・膵炎(もっと有ったけど)などと書いてあり、これは飲まなきゃとコップに半分位飲んでみた。効能あらたかで有れ!!

 

日留ヶ岳はとても良い山で、紅葉はもちろん標高差が1200m弱有る山で歩き応えも有り良い山行でした。食担もなく共同装備も無かった為か、気が楽な二日間でした。

 S.E 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:7件 累計:773件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・