Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 紅葉を追いかけて 


山名 涸沢
山行日 2011年9月10日(土)〜11日(日)
参加者 2名

 コ−スタイム

9月10日(土)

上高地7:55−横尾10:55/11:15−涸沢15:00

9月11日(日)

涸沢11:00−横尾13:35/13:45−上高地16:35

 緑の涸沢

リハビリを目的とするので紅葉を求めていなかった。標高が高いからそれなりに赤いかなと思って来たがそれなりだった。ナナカマドの実だけが赤く熟して迎えてくれた。

テント生地の方が紅葉していたかな。谷風に撫でられてテラスで半日潰したのが心に残る。涸沢槍の基部がほんのりと色付いていた。トップシ−ズンにはテントを張る余地はないだろうな。


山名 雲取山
山行日 2011年9月18日(土)

 コ−スタイム

9月18日(土)

小袖乗越5:35−七ッ石小屋8:25/8:40−雲取山10:50/10:55−七ッ石小屋12:35/12:55−小袖乗越15:00

 人が紅葉していた雲取山

リハビリ最終回。同じコ−スなのに3班のSM氏とニアミスをしてしまった。どこで会うか心ワクワクしていたのに会わなかった。不思議。

バツ2です
富士山を中心に撮りたかった
富士山を中心に撮りたかった

追いこされていく色とりどりの山ガ−ル・山ボ−イを見て、すれ違う服装を見て、その奇抜な色合いに目が眩んだかもしれない。きっとその中に紛れていたのだろうSM氏は。


山名 天狗角力取山・寒江山・朝日岳
山行日 2011年10月8日(土)〜11日(火)

 コ−スタイム

10月8日(土)

南俣沢出合9:00−猟師の水場11:45−天狗角力取山14:00−天狗小屋14:10

10月9日(日)

天狗小屋6:45−二ツ石山9:00−三方境12:05/12:40−寒江山13:35−竜門小屋14:50

10月10日(月祝)

竜門小屋6:25−大朝日岳9:50/9:55−銀玉水10:25/10:30−ハナヌキ峰−日暮れ沢小屋15:30

 全山燃えてる朝日連峰

酒を車の中に忘れた。脳細胞が勢いよく減ってるじゃない!念のため立ち寄った狐穴小屋の小屋番がきまえよく分けてくれた。

天狗小屋で隣のパ−ティが宮城の人。転勤したN田さんが所属する会だとわかって意気投合。震災ボランティアに行ったことを話したら他人様が応援に来てくれたと、ウルウルさせてしまった。

まなこが染まりそう
天狗角力取山でシコを踏むボケの海
天狗角力取山でシコを踏むボケの海

階段をベッドにしている人もいるほどどの小屋も人で溢れていた。やっぱりウィ−クデイがいい。 ちゃんと歩いてるのにコ−スタイムを大幅にオ−バ−している。君は肉体もやられているゾ。


山名 会津駒ヶ岳・田代山
山行日 2011年10月17日(月)〜18日(火)

 コ−スタイム

10月17日(月)

猿倉登山口10:25−田代山12:00/13:00−猿倉登山口14:10

10月18日(火)

登山口6:50−駒ノ小屋9:50/10:05−会津駒ヶ岳10:20/10:35−中門岳11:05/11:10−駒ノ小屋11:45/11:55−登山口14:10

 会津駒ヶ岳はコシアブラの白い葉が似合います

前日は枯色の田代山頂を散歩したが、人の姿はなかった。ハクサンチドリやリンドウが草原に突っ立っていました。

出迎えてくれた松戸のパーティ
こんにちは
こんにちは

つぐる朝は道祖神の導きでH美パ−ティと出会った。当方から1人派遣したので熊除けベルはさらにいらなくなった、とさ。

春には真綿にくるまれて5指を握ったままの芽だったのに、今は大きく開いて白く透けてるコシアブラの葉。もみじやブナに負けてないよ。


山名 日本平山・粟ヶ岳
山行日 2011年10月28日(金)〜29日(土)

 コ−スタイム

10月28日(金)

早出川ダム7:45−渡渉9:10−駒の神9:30/9:40−日本平山12:50/13:00−駒の神15:15/15:25−渡渉15:35−ダム17:05

10月29日(土)

第二貯水池9:15−大栃平11:05/11:10−ヒュッテ12:20/12:35−粟ヶ岳13:35/14:10−ヒュッテ15:10/15:20−大栃平16:20−第二貯水池17:35

 紅葉は日本平山・粟ヶ岳にも下りて来た

早出川ダム湖のヘツリは長い。湖面に映る凄絶な渓谷美が売りなのに誰にも会わなかった。ヘツリとは好対照のブナ帯を抜けて山頂まで3つのピ−クを越える。一等三角点の日本平山。深山だ。きつかった。

不気味な早出川ダム湖
低くても一等三角点です
低くても一等三角点です
粟ヶ岳を望む
いい感じに染まって
いい感じに染まって

川内山塊の最高峰粟ヶ岳。標高は低いが名にしおう豪雪地帯だ。やせた岩稜にしがみついたハシゴが続く。きのうと打って変わって挨拶しまくった。

 N.T記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:7件 累計:659件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

奥多摩 雲取山 16年10月23日 

朝日 大朝日岳 15年10月11-12日 

山形県 朝日岳 13年5月25日 山形と新潟の県境に位置する朝日岳は大朝日・・・

雲取山 13年4月13-14日 班山行は早春の雲取山です。三峰山神社から・・・

1班山行 早春の雲取山 13年4月13-14日 1班の班山行は雲取山です。三峰神社から雲・・・