Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 雪山トレーニング 白銀の燕岳 


 山名
燕岳 2762.9m
 山行日
2011年11月26日(土)〜27日(日)前夜発
 人数
2人
 コース
11月26日(土)中房温泉駐車場−燕岳−燕山荘テン場(テン泊)11月27日(日)燕山荘テン場−中房温泉駐車場
 費用
高速代1人3,705円、車11,960円、水300円、テンバ500円 合計16,465円
 
TAG:北ア,雪山・スキー,燕岳
 
コースmap
燕岳 登山コース

 

 11月25日(金)

 松戸20:00出発=豊科インター下車=道の駅駐車場23:50(車中就寝)

前夜松戸を午後8時に出発。車は渋滞に一度もあわずスイスイと快適に走る。豊科インターで下り、ガラス工房のある道の駅に日付けが変わる前に着いた。二人なので、ゆうゆうと車中で寝られた。

 

 11月26日(土) 晴れ

 6:15発=中房温泉手前駐車場7:10/7:40−登山口8:10−第一ベンチ8:40−第二ベンチ9:20/9:30−富士見ベンチ10:50/11:00−合戦小屋11:40−燕山荘テンバ13:35/(テント設営)14:35−燕岳15:10/15:25−燕山荘テンバ16:00(泊)

今週末で小屋仕舞いのため、車で中房温泉まで入れるのも今週限り、翌日からは4時間の林道歩きをしなければここまで入れないのだ。しかも山は雪化粧して待っていてくれるとあって、ラストチャンスをねらっての山行である。

同じことを考えている人たちも多いようだ。我々が登山口近くの駐車場に着いたときはもう満杯状態だったが、なんとか一台分のスペースを見つけることができた。夜中は満天の星空、今日は朝から真っ青な空がひろがり、雲一つない絶好の登山日和になった。

駐車場は満車
合戦尾根を登ります
合戦尾根を登ります

合戦尾根に取り付く。冬山装備のザックがずっしり肩に食い込み、一歩一歩ゆっくりマイペースで登る。後から続々来る登山者にどんどん追い抜かれた。今回は私のような中高年の人が少なく、若いパワフルな人が多かった。

第一ベンチ、第二ベンチ、第三ベンチと進むにつれ、雪が深くなる。急な登りでは硬い雪に足をとられスリップしそうになるので、ストックに力がはいってしまう。

合戦小屋
合戦小屋を過ぎると雪が深くなります
合戦小屋を過ぎると雪が深くなります
合戦の頭より燕岳
合戦の頭より槍ヶ岳
合戦の頭より槍ヶ岳

風もなく汗と水洟をぬぐいながら、ひたすら歩を進める。合戦小屋に着くころには雪道と久しぶりに履いた冬靴にも慣れてきて、なんとかいけそうな気がしてきた。

合戦沢の頭に12時少し過ぎた頃着く。目の前に槍ヶ岳が大きく聳えている。どこまでも続く真っ白な山並みに目を奪われた。この白銀のパノラマを見たくてヒイヒイいいながら登ってきたのだ。今日の宿の燕山荘も見えてくる。でも前回のゴールデンウイークのとき、ここから先がとても長く感じられたことを思い返す。

燕岳を十合目とすると、ここはまだ五、六合目程度だと自分に言い聞かせて、気をひきしめる。しっかり食べると、元気が出てきた。

合戦の頭三角点
燕山荘直下より槍ヶ岳
燕山荘直下より槍ヶ岳
燕山荘直下より槍ヶ岳
テン場
テン場
燕へ向かいます
奇岩と燕岳
奇岩と燕岳

稜線上に出ると風が強くなった。雪は1メートルほどか。傾斜のきついところが何回かでてきたが、トレースがしっかりしているのでアイゼンをつけるほどではなかった。

ヤッター!とうとう燕山荘に到着し、ようやく重い荷物から開放された。さっそくテンバの整地作業をはじめる。

白馬方面
奇岩の間を通過して燕岳へ向かいます
奇岩の間を通過して燕岳へ向かいます
燕岳三角点
山頂より表銀座方面
山頂より表銀座方面
山頂にて
テン場に向かいます
テン場に向かいます

快適なテントサイトができあがったのが2時半過ぎ、ぐずぐずしてはいられない。水を少し飲んだだけですぐ山頂をめざす。念のためアイゼンをつける。稜線に出ると帽子が飛ばされそうな強い風がふいている。石灰岩の奇岩が立つ山頂付近はこの強風のためか雪はあまりついてない。

山頂は富士山が幻想的に浮かび、その左に八ヶ岳連山、右に甲斐駒・北岳などの南アルプスの山々、槍・穂高から続く北アルプスの山々、あまりの景色のすばらしさに感激した。

テンバ途中より槍ヶ岳
奇岩群と燕山荘
奇岩群と燕山荘
イルカ岩
テンバよりご来光
テンバよりご来光
テンバより朝靄の富士山
燕山荘日付近より槍ヶ岳
燕山荘日付近より槍ヶ岳

写真をとりながらゆっくり下りてきたので、テンバに戻ってきたときにはもう4時になっていた。シャリバテしそうなほどお腹がすいていた。気がつけば4時間ちかく何も食べてなかったのだ。

今回は軽量化のため生ものナシで、お湯を注げば30秒でできるカレーとポテトサラダとチーズとウインナーのツマミだけの簡素なメニューだったが、山小屋で買った暖かい日本酒のおいしかったこと!敦ちゃんはいつものごとく持参したビールで乾杯!食べるのとしゃべるのとでしばらくは忙しかった。満足感いっぱいでシュラフにもぐりこんで、ぐっすり眠った。

 

 11月27日(日) 晴れ

 テン場7:15出発−合戦小屋7:55/8:10−第三ベンチ8:40/8:55−第二ベンチ9:15−登山口10:00−駐車場10:10/10:40発−有明荘(温泉入浴・食事)=松戸15:35

今日も晴天。下界の町の灯りがキラキラ光ってきれい。徐々に赤く染まっていく空と山並みにしばし見とれる。

今日は昨日来た道をひたすら下るのみ。硬く閉まった雪にアイゼンがきいてざくざくと音をさせ、心地よい。昨日約5時間半かかったのに、今日は同じ道を3時間もかからずに降りてきてしまった。上りと下りとはこんなにも違うものかとしみじみ思った。

燕山荘前にて
燕山荘前にて
燕山荘前にて
合戦の頭
朝靄にかすむ山々
朝靄にかすむ山々
合戦小屋でコーヒータイム
登山口へ到着
登山口へ到着

有明荘で温泉につかり、極楽気分にひたる。お風呂上りには無料でおにぎりとお蕎麦と芋汁の用意がされていた。有明荘も今日で店じまいなので、心のこもったサービスをしてくれたのだ。

私たちも感謝してありがたく頂いた。誰かさんは(感激して?)お蕎麦を4杯もおかわりしていた。帰りも渋滞にかからず、4時前に家に着くことができた。今回は最高の雪山トレーニング山行(ちょっと条件に恵まれすぎ?)となった。

 Y.T 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:3件 累計:947件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

焼岳 18年4月9日 前夜発 

雪山教室 北アルプス・五竜岳 15年5月3日-4日、前夜発 

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 燕岳から表銀座を縦走する予定でしたが翌日・・・

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 雪山教室、ゴールデンウィークの表銀座縦走・・・

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 雪山教室、ゴールデンウィークの表銀座縦走・・・

爺ヶ岳南尾根 14年3月20-22日 爺ヶ岳は深い雪の中です。ジャンクションピ・・・

爺ヶ岳南尾根 14年3月20-22日 ジャンクションピーク手前の稜線にテン泊し・・・

爺ヶ岳南尾根 13年12月20-22日 爺ヶ岳のい南尾根を登りました。例年にない・・・

北アルプス 燕岳 13年11月16-17日 今年最初の雪山は燕岳へのテント山行です。・・・

北アルプス 燕岳 13年11月16-17日 合戦尾根から雪の稜線を登ると青空の下に槍・・・

燕岳〜常念岳に咲く花や動物たち 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へはたくさんの花が咲く縦走・・・