Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 大霧山〜外秩父七峰縦走路上の明るい頂〜 


 山名
大霧山 766.6m
 山行日
2011年12月16日(金) 晴れ
 人数
かめの子10名
 コース
橋場バス停−粥荷田峠−大霧山−定峰峠−白石車庫バス停
 費用
新松戸〜小川町:1,170円×2、小川町〜橋場バス停:450円、白石車庫〜小川町:600円
合計:3,390円
 
TAG:奥武蔵,ハイキング,カメの子,大霧山
 
コースmap
大霧山 登山コース

 

 コースタイム

橋場バス停橋場10:00−(1h10m)−粥新田峠11:10/15−(0h35m)−大霧山11:50/13:00−(1h10m)−701m14:10/20−(0h10m)−定峰峠14:30/45−(0h35m)−白石車庫バス停15:20

 

 橋場バス停〜大霧山

久しぶりのかめの子ハイクは外秩父七峰縦走路の大霧山です。ここは毎年4月の末に東武鉄道が企画するハイキング大会が行われるところで、全長42kmと言われる長いコースにたくさんのハイカーが思い思いのペースで里山の春を楽しむところと言います。今回はその一部、大霧山から定峰峠のコースを歩いてみることにしました。

大霧山

橋場のバス停からは粥荷田峠へと登って行きます。今日の先頭は當志美さん、真っ青に晴れ渡った集落の中を緩やかに登って行きます。道端の案内板には粥荷田峠、1/25000地形図には粥新田峠と記載されていますがどちらが正しいのでしょう。

橋場バス停
舗装道路の道を登って行きます
舗装道路の道を登って行きます
民家の脇を横切って
粥荷田峠には東屋
粥荷田峠には東屋

たどり着いた粥新田峠からは雑木林の中を登って行く登山道が始まります。落ち葉を踏みしめながら緩やかに登って行く登山道にも冬の足音は近付いているようで、北斜面には雪も張りついていました。

たどり着いた大霧山の山頂は北西側が広く開け、秩父の街並みの先に御荷鉾山や城峯山、その先には浅間山から榛名山、赤城山など上州の山々の展望が広がっています。左に目を移すとギザギザと切り立った頂を連ねる両神山や奥秩父の甲武信ヶ岳。霞む頂にはすでに雪が張りついているようです。

雑木林の登山道
大霧山の山頂
大霧山の山頂
皇鈴山の先に赤城山
皇鈴山の先に赤城山
山頂で豚汁
山頂で豚汁
山頂で豚汁
大霧山の三角点
大霧山から定峰峠へ
大霧山から定峰峠へ

今日は歩程も短いこともあり、この頂で豚汁と甘酒のお昼です。やはり10人ともなるとコッヘルも2つ。それでも寒い山頂で温かいものは何よりかもしれません。

 大霧山〜定峰峠〜白石車庫バス停

山頂で展望を楽しんだのち定峰峠へと向かうことにします。ここからは杉林の中を緩やかに下って行く道が続いています。左手が開けた牧草地の先には笠山から堂平山へつ続く稜線が青空の下に続いていました。

たどり着いた旧定峰峠は秩父の定峰の集落へと下る道が分かれるところです。暗いこの峠にはダイダラボッチの伝説が残るところです。羽黒山に向かう大太坊と言う大男が腰をかけたところがここ定峰峠、その傘を置いたところが笠山とか。諏訪湖近くの高ボッチなど日本各地にも同じような巨人の伝説は残っているようです。

旧定峰峠にはダイダラボッチ伝説
途中には獅子岩
途中には獅子岩
701mのピークで小休止
定峰峠から白石バス停へ
定峰峠から白石バス停へ

雑木林の尾根道を小さく登り返したところが701mの頂。杉林の登山道を下るとほどなく定峰峠です。白石から秩父へと抜ける舗装道路が通る峠には茶店も建っていました。

白石バス停へと下る山道を下って行くと白石バス停です。少しの待ち時間で小川町行きのバスに乗ることが出来ました。

 

 I.H 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記Topへ
 山行記の訪問者数 今月:8件 累計:1200件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

湯ノ沢峠~滝子山を目指して 14年11月21日 大蔵高丸、ハマイバ丸の稜線は初冬のスノーハイク

大山・ネクタイ尾根 14年11月16日 石尊沢から北尾根に突き上げる急なふみ跡

奥武蔵 物見山 14年11月19日 

公開地図読み教室 「奥武蔵 多峯主山」 14年5月17、18日 公開地図読み教室

2班班山行 武甲山 14年5月11日 2班班山行です。横瀬駅からタクシーで武甲・・・

新人山行 武川岳〜二子山 14年4月5日 新人山行は武川岳、二子山へのハイキングで・・・