Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 1班 おしるこ山行 石老山 


 山名
石老山 694m
 山行日
2012年1月7日(土)快晴
 人数
21人
 コース
石老山入口−顕教寺−石老山−大明神展望台−プレジャーフォレスト前バス停
 費用
ホリデーパス:2,300円、
バス代:380円(相模湖駅〜石老山入口迄)、プレジャーフォレスト前〜相模湖駅(往復)、食材費180円
 
地図
国土地理院:1/25000 与瀬、青野原、山と高原地図:高尾、陣場
TAG:中央線沿線,ハイキング,石老山,お汁粉,班山行
 
コースmap
石老山 登山コース

 

 コース詳細

新松戸7:05=西国分寺8:01/8:08=高尾8:35/8:44=相模湖8:53/9:05発=

石老山入口9:20/9:30−顕鏡寺10:05/10:15−石老山山頂11:30/12:40−大明神展望台13:45/14:00−箕石橋14:45−プレジャーフォレスト前バス停15:30/15:43発

 石老山

相模湖駅のバス停で全員が乗り込まない内にバスが発車してしまい「ドキッ」とした。下見に来たS川さんが「大丈夫すぐ来る」と話しているうち、5分後に次のバスが来て、石老山入口で全員一緒になり、準備体操をして出発した。途中、葉をつけたまま花が咲きだした蝋梅を眺め、春を近くに感じた。

山名の通り巨大な岩、怪岩が多い。樹齢400年以上の蛇木杉も2本の杉の根を大蛇のように絡み合わせている。珍しい巨木を見ながら顕鏡寺に着いた。

山頂の外れに三角点
山頂から眺める富士山
山頂から眺める富士山

今日は21人の参加でにぎやか、その中に犬の散歩中の事故で、2年間ずいぶんつらい思いを体験し、すごい努力で回復されたN芝さんが参加していた。顕鏡寺からは、お汁粉隊、少しゆっくり隊に分かれて登りはじめた。

N芝さんには、入院の頃より良く知っているS藤さんが後ろについて、ストックの突き方等教えていた。

歩行、記憶、言葉の回復にずいぶん努力され、今でも週2度程、リハビリに通われている。「人と出会って話をする事、人は人によって活かされる」「努力する大切さ」、ゆっくり登りながら話されていた。石老山山頂に着くと、N芝さんのザックからお汁粉で使う大小2個のコッフェルが出てきて、本当に頭が下がりました。

お餅を焼いて
山頂でおしる粉
山頂でおしる粉
おでんもあります
みんなでおしる粉
みんなでおしる粉

先発したお汁粉隊には、コンロ4台、内2台の卓上コンロは強力のI村君が大きなザックで担ぎ上げていただいたお陰と、山頂のテーブル2台を確保出来た事で、21人分のお汁粉、味噌田楽が早く出来上がり、美味しく頂けました。

参加出来なかった、T内さんからの差し入れのりんごで口直し、後片付けもすばやく

 大明神展望台

12時40分には下山を開始した。K池さんが先頭、N芝さんを後ろからS藤さんがサポートして下った。

大明神見晴 ここは石老山で1番の展望台、眼下に相模湖を見下ろし、富士山〜丹沢の山も眺められた。ベンチで休憩を入れ、杉林で岩が多い下山道は緊張が強いられたが、何事もなく林道に降りた時は、感動しました。

「夢を持って無理はしない!少しゆっくり、だけどあきらめない!努力は惜しまない!」

お餅もたくさん焼けました
みんなでおしる粉
みんなでおしる粉

この様な話も登りながら話していました。強い意志を感じました。

山頂でリーダー提案 ジャンケンゲームに負けた私は山茶花掲載文を書いています。

実はすごいプレゼントだった???  今日1月7日は私の72歳の誕生日でした。 折々に、今日の山を思い出す事でしょう。現状維持するには、努力しかありません。

山頂できれいな富士山を眺め、いろんな人に出会い、皆さんの協力で美味しいお汁粉を作り、元気をもらった新年の山行 おりがとうございました。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 K.K 記

 山行記の訪問者数 今月:14件 累計:1100件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

房総 嵯峨山 班山行 16年3月19日 

道志 烽火山・尾崎山 15年10月09日 

湯ノ沢峠~滝子山を目指して 14年11月21日 大蔵高丸、ハマイバ丸の稜線は初冬のスノーハイク

中央沿線 滝子山 14年11月8日 中央沿線 滝子山 1班班山行

2班班山行 奥多摩・生藤山 14年9月6日 奥多摩の静かなハイキングコース