Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 “NPO法人ちば労山ゆう” 発会第1陣ボランティア支援 


日 時 2012年4月28日(土)〜30日(月、祭)前夜立車利用
山 域 石巻地区・牡鹿半島:矢沢地区・寄磯浜地区ガレキ撤去
参加者 5名・県連総勢29名

 

 27日(金)

20:20松戸出発〜28日、0:30菅生PA着県連他会と合流テント泊

 28日(土)

6:00出発=鮎川地区・牡鹿総合支所集合ボランティア専従・Wさんの先導で移動

矢沢地区9:00着。沢・崖の瓦礫をハーネス、ザイル等使用して撤去作業開始、沢に落とした瓦礫を分類別に分けて一箇所に纏めて置く。

14:30作業終了。鮎川センターで入浴、=途中二日間の共同食糧買出し=水沼構造改善センター16:30着(北海道労山より4名、滋賀県労山2名参加)と合同で交流会(一人ずつ紹介)の後宿泊(夕食担当ふわくハイキング、メニュー:カレーライス・取り立てのワラビ・タラの芽・コゴミ・カキ等)

NPO法人ちば労山ゆうの旗は作成中です
NPO法人ちば労山ゆうの旗は作成中です

 29日(日)

5:00起床、6:00朝食(食担松戸山の会、メニュー:味噌汁・納豆・鮭・夜の残り物)

7:30出発=途中の浜で「わかめ」の収穫、加工現場を見学(手が足りないから手伝ってほしい等の要望あり)して総合支所に立ち寄り、Wさんの先導で昨日より奥の「寄磯浜」地区の波打ち際の崖の瓦礫撤去作業9:00〜15:00終了。

初めての方のために=女川原発=女川港の病院広場=硯工房=大川小学校見学=上品道の駅で入浴後=水沼構造改善センター18:30着。

Oさんの挨拶と災害時のビデオをみる。交流会(食担は先行・東葛、遠足、メニュー:五目寿司・大根の煮つけ・タラの芽、おすまし等)宿泊

 30日(月)

6:00朝食(食担・ちば山、メニュー:うどん・残飯)ハイキング(水沼山〜上品山)組は7:00出発し、車移動組4名は8:00出発2往復した後上品神社で11:00合流〜11:40

駐車場で解散・・・石北IC=南三郷=松戸

三日間共天気に恵まれて作業(山の会で無くては出来ないザイル。ハーネス等使用)もすべて完了出来た。石巻中心部の瓦礫はすっかり片付いていましたが瓦礫や車の山はそのままだった。

あの斜面のガレキ撤去です
松戸からの最強メンバー
松戸からの最強メンバー

浜によってはワカメの水揚げ:ホヤの仕込み、牡蠣の仕込み等、徐々に始まっていたがその他の復興はまだまだ先の様だ。東北は桜が丁度満開で花見も二度見る事が出来ました。

 K原(年) 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。


 石巻ボランティアの感想

今回のボランティア参加は私としては四回目で、最初の時と違って被災地も大分ガレキは片付けられ、その中に仮設住宅が建ち並ぶ姿が通りすがりに目に付く。

そこには一軒、一軒自分達で工夫して棚の様なものがあり、それぞれ狭い空間を工夫して出来ていて、一日も早く元の生活をとの想いに駆られる様で・・・問題は山積して居る様に思われる。

がれき・ゴミを丁寧に集めました
大きなカブを抜いているのでは無いですよ
大きなカブを抜いているのでは無いですよ

再建には土地の確保、資金、再び危険はないか、多々の悩みがあるに違いないと思われた。私達のボランティアも違った形で出来る方法はないかと思いながら、今の自分の生活に感謝と反省を胸に帰宅の途につきました。

 K原(佑) 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。


 石巻ボランティア活動に参加して

 2012年4月28日(土)晴れ、牡鹿半島谷川浜

二日目の寄磯浜地区
二日目の寄磯浜地区

牡鹿半島の鮎川浜にあるボランティアセンターから今日の瓦礫除去作業場所である谷川浜に着いた。この作業にはヘルメット、シュリンゲ、ハーネス、ロープ等が必要と説明を受けた。

川の両岸のガレキを除去する作業で道路の対岸は崖になっていて一般ボランティアでは危険であるために手付かずになっていたようだ。

崖を見れば津波で打ち上げられた青や緑のビニールや紐、茶色のプラスチックがある。軽い屈伸運動がおわると、崖に取りついた。

崖での移動には足元が崩れないか、木や草を掴んでも抜けない、折れないを確認しながら、三点確保で慎重に移動しなければならない場所もあった。

自然にとけ込まない壜、缶、金属、プラスチック、木材等の瓦礫を燃えるゴミと燃えないゴミに分別して道路脇に集めた。更に今にも落下しそうな倒木を安全な場所に落とした。

海を目の前にして昼休み。後ろは戦場です。
海を目の前にして昼休み。後ろは戦場です。

この作業では十数名が数回に亘りロープを掛け、引き落とそうとしたが、ロープも切れそうで、息も上がって疲れた。不屈な千葉労山会員の安全な川へ努力が実った。

瓦礫除去後は不自然な物、色が消えて落ち着いた川岸となった。

 2012年4月29日(日)晴れ、牡鹿半島谷川浜・寄磯浜

今日になって急遽、谷川浜の作業が追加された。足元が悪い場所で、重量物を八人がかりで背丈ほど高い川堤に止めた車に積み込んだ。量は軽トラック三台分となった。休養十分で力を使っていない、朝一番の作業で安全に出来た事と思う。

寄磯浜においても急傾斜地の瓦礫除去作業を実施した。ここにも津波で打ち上げられたロープが20m近くの高さに引っ掛かかっている。昨日の谷川浜と同様に自然に溶け込まない瓦礫を燃えるゴミと燃えないゴミに分別して道路脇に集めた。

急傾斜地の瓦礫除去後には、道路脇の流水溝約200mに流れ込んだあるいは放置された瓦礫除去を行い作業終了となった。

近くの高台からは、金華山や寄磯浜が見えます
本当に綺麗な海なのに
本当に綺麗な海なのに

二日間の瓦礫除去作業で、ボランティアセンターの青年から気がかりになっていた場所の瓦礫除去が出来て、感謝の主旨の言葉が聞け、爽やかな気持ちになった。

我々も疲れましたが、彼も一生懸命に働き、動きまわり疲れたでしょう。ですが、達成感も得て、明日につながったようでした。

 S水 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。


 災害支援ボランティアに参加して

ワカメの水揚げで忙しい港
ワカメの水揚げで忙しい港

災害支援にもっと回数を多く参加したいが、なかなか出来ない。3回目となり、要領も覚え、余りまごまごする事も無かった。

27日は、水沼地区の田畑の奥の川。今日は、水は流れていない川。雨が降ると、流木や震災の津波で運ばれたゴミ等が流れ、危険になる。それらのごみのかたずけ。大きな木や津波に運ばれてきた畳、戸棚、色々な生活用品・・・。

30名近い会員の力はすごい。半日もすると本当にきれいになり感激した。おまけに川の上の畑の様なところに「わらびやたらの芽」が有り、夕食の供にと頂いた。

28日昨日の残りの作業を1時間程してから、牡鹿半島の海辺の湾の所の、山の斜面の作業。津波で運ばれてきたゴミの片付けをした。ここはロープを使い、急な斜面を這う様にして、すべる斜面に足を踏ん張りながらのゴミ集め。大変だった。時に自分は何をしているのか?と思う事もあったが、仲間の皆さんが同じように頑張っているのに励まされ、元気も出て作業に戻ったりもした。とにかく皆の力は大きい!ゴミだらけだった山の斜面もきれいになり嬉しかった。

一旦熱湯の中をくぐらせると、鮮やかな緑色になるワカメ
一旦熱湯の中をくぐらせると、鮮やかな緑色になるワカメ

早朝、昆布の作業場を見学した。その時「俺の母ちゃん、まだ見つかって居ない・・」と言われた事が心に残った。その気持ちを思うと、今でも辛い。

現地のゴミは少なくなった。でも生活が出来ていない。港に船は確かに増えた。カキの養殖作業や、「めかぶ」の収穫もしていた。でも、未だ人が少ない。少しずつ、動き出している様だ。

仮設住宅が沢山増えた。仮設住宅の人は「公団に入りたい。今から借金は出来ない。前の家は10年で流されてしまった。」と言っていた。早く、被災地の人々が、元の生活が出来るようにと思う。

これからも、回数を重ねて、現地に多くの人が出向いて、力にならなくてはと思う。皆の力を出し合いたい。

 S籐(ち) 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。


 ボランティア活動に参加して

大川小学校にはたくさんの花が
大川小学校にはたくさんの花が

菅生PAから石巻へ向かう途中で昨年秋に見た、一階は柱だけ二階には壁が有る“クラゲ”の様な建物はすっかり無くなり更地が広がっていました。これから街は復興計画に沿って新生していくことでしょう。

今回で3回目の参加でしたが、瓦礫の撤去作業と言う事で、二日間とも山の斜面に有るガレキやゴミ、倒木と木屑の様な物等を片付けました。ガレキと思しき物よりも昔、ゴミとして捨てたのではないかと思える物が、とても多かったようでした。それだけ普段の生活全てが流されてしまったのでしょう。ガレキ・ゴミを集めながら斜面を登ると、上に住居が有ってどう見てもゴミだったかなと思えて、何かやり切れない気持ちがしました。

しかし集まったガレキ・ゴミは分別され山のように有ったことはとても驚きました。 ちょうど1年前に初めて来たときは、個人宅の床下のヘドロ撤去で家人も一緒の作業だったため、力を合わせた結果が見えたので喜びや意義を感じたものでしたが、今回は斜面は綺麗になっても気持ちはスッキリしませんでした。

2日目には、今後の活動項目に入るのかも知れませんが、三陸ワカメの水揚げ・加工と、ホヤの着床加工作業を見ました。そこでも人手が足りないのでボランティアで応援して欲しいという話があった様でしたが、ボランティアには様々な内容が含まれるのでしょうが、良く考えて決めて欲しいと思います。単に無償での業務の手伝いになりはしないか、もっと困っていることが有りはしないか、微妙で難しい事かも知れませんが。

削り落とされた斜面には津波到達点があり
振り返ればとてもおしゃれで、近代的な校舎でした
振り返ればとてもおしゃれで、近代的な校舎でした

NPO法人として、これからも長く活動して行くでしょうから、何がボランティアになるのか、良く考える必要があると思います。ただ、多方面への支援は、まだ暫く続けなければなりません。機会があったらまた行こうと思いました。

今日は女川町地域医療センターと、大川小学校へ行きましたが、明るい時間に行けたのでよく見ることが出来ました。

高台にある、女川町地域医療センター
津波到達点を示していました。指を指すのがやっとの高さです
津波到達点を示していました。指を指すのがやっとの高さです
最終日は上品山へ交流山行です
昨年の記念植樹の前で
昨年の記念植樹の前で

とてもおしゃれな学校・校舎だったことが判りました。まだ傷んだ建物はそのままで、多くの花が手向けられおり、悲しみを新たにさせられました。

お疲れ様でした。

 T葉 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記の訪問者数 今月:12件 累計:800件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫