Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 満観峰〜日本坂峠の上に頭を持ち上げる展望の山〜 


 山名
満観峰 470m
 山行日
2012年6月5日(火)
 人数
7名
 コース
花沢の里駐車場−鞍掛峠−満観峰−日本坂峠−花沢の里駐車場
 費用
 
TAG:静岡南部,ハイキング,満観峰
 
コースmap
満観峰 登山コ−ス

 

 コ−スタイム詳細

花沢の里駐車場10:40−(0h55m)−鞍掛峠11:35/40−(0h40m)−満観峰12:20/13:00−(0h50m)−日本坂峠13:50/55−(0h25m)−高草山法華寺14:20−(0h20m)−花沢の里駐車場14:40

歩程3h05m

 

 花沢の里〜満観峰〜日本坂峠〜花沢の里

3班のK藤さんの地元、焼津には満観峰という小さな頂があります。標高500mにも満たない小さな頂にもかかわらず目の前に焼津や静岡の海岸、富士山や安倍川に沿ってそびえる山々を眺める展望の頂です。

日本坂トンネル近くの花沢の里駐車場でK藤さんと待ち合わせ、富士山の展望を期待しながら山頂を目指します。

花沢の里は古い民家の残る集落です。小さな流れに沿って続く坂道には古い民家、石臼が粉を引く水車小屋などもありました。

花沢の里から鞍掛峠へ
オシャモッツァンと言う大岩
オシャモッツァンと言う大岩
古い集落の脇から石段が
林道が通る鞍掛峠
林道が通る鞍掛峠

緑色の木立の中を登って行く道は舗装道路を横切りながら峠を目指して登って行きます。鞍掛峠は林道が通るところ。左手に続く山道は高草山へと続く道です。我々は杉林の中に続く道を満観峰へと向かうことにします。

たどり着いた満観峰の山頂にはベンチや東屋が置かれています。人気の山と言うこともあり平日にもかかわらず多くのハイカーが山頂で展望を楽しんでいます。目の前には焼津の海岸線と日本平。その左には静岡の街並みとそれから続く安倍奥と呼ばれる山々が頂を連ねています。その上には白く濁った空の中に富士山が霞んでいました。

満観峰の山頂
静岡の街並みの上に富士山
静岡の街並みの上に富士山
満観峰の山頂
お茶畑の脇の道
お茶畑の脇の道

展望を楽しみながら山頂で昼食を取った後、日本坂峠へと下ることにします。お茶畑の中を下って行く道は小さなコブを越えながら下って行きます。434.1mの三角点が置かれた小さなコブの手前では細かい雨が落ちてきました。

たどり着いた日本坂峠は古い峠道です。予定では花沢山の頂を踏んでから戻ろうと思っていましたが、暗く曇った空の下では早めに登山口へ戻ったほうが良さそうです。

たどり着いた日本坂峠
法華寺の山門
法華寺の山門

沢に向かって下って行く道は暗い林の中を下って行きます。途中、舗装道路を越え杉林の中を下って行くと程なく高草山法華寺の境内にたどり着きました。

ここからは舗装道路を駐車場へ。道端に置かれた無人販売所で青梅などを買い求めると程なく駐車場にたどり着きました。

 焼津おさかなサンター

帰りには桜エビのかき揚げ蕎麦
帰りには桜エビのかき揚げ蕎麦

帰りは近くにあるおさかなセンターに立ち寄り買い物です。焼津はマグロの水揚げ日本一の町です。おさかなセンターにもマグロを売る店が軒を並べています。でも観光客を相手にしているためか値段もそれなりというところでしょうか。

でも観光客を相手にしているためか値段もそれなりというところでしょうか。

焼津の外れにあるK藤さんの家に立ち寄ってから千葉に戻ることにします。帰りは今年開通した第2東名を利用しました。

ニュースなどでも紹介していましたがサービスエリアには色々なお店屋さんが店を出しています。美味しそうなお店も多いようでした。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 I渕 記

 山行記の訪問者数 今月:11件 累計:946件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

貫ヶ岳(平治の段) 13年02月12日 貫ヶ岳は静岡と山梨の県境に位置する頂で、・・・