Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 甘利山・千頭星山〜南アルプス前衛の山へ〜 


 山名
甘利山1731m、千頭星山2138.5m
 山行日
2012年6月30日(土)
 人数
6名
 コース
甘利山駐車場−甘利山−奥甘利山−千頭星山(往路を戻る)
 費用
 
TAG:南ア,ハイキング,甘利山,千頭星山
 
コースmap
千頭星山・登山コース(Google Earth)

 

 コ−スタイム詳細

甘利山登山口10:50−(0h30m)−甘利山11:20−(0h30m)−奥甘利山11:50/12:15−(1h15m)−千頭星山13:30/50−(0h55m)−奥甘利山分岐14:45−(0h30m)−甘利山15:15/35−(0h25m)−甘利山登山口16:00

歩程4h05m

 

 甘利山登山口〜甘利山〜奥甘利山〜千頭星山

韮崎から曲がりくねった山道を登って行くと広い駐車場にたどり着きます。レンゲツツジが目当ての車なのか大きな駐車場もすでにたくさんの車で一杯でした。

登山口からは観光客に交じりながら整備された遊歩道のような道を登って行きます。緩やかな階段の道を登るとレンゲツツジが咲く広い斜面を登って行くようになります。すでに満開の時期は過ぎているようですが斜面一面に朱色の花が咲いていました。

甘利山の登山口
甘利山の山頂
甘利山の山頂
甘利山山頂からの展望
甘利山山頂からの展望

甘利山の山頂はレンゲツツジの花が咲く展望に恵まれたたところです。晴れているものの梅雨時期の濁った空の下では展望は期待できそうにありません。

甘利山から奥甘利山への登山道はまだ若葉色の落葉松の中の登りになります。途中の奥甘利山では20人ほどの初老のパーティが昼食の最中です。彼らは千頭星山へは向かわずここから引き返すようです。

奥甘利山の山頂
千頭星山の稜線へ
千頭星山の稜線へ
ミヤコザサと落葉松の稜線
千頭星山の山頂
千頭星山の山頂

急な登りは尾根を巻くように千頭星山から続く稜線を目指して登って行きます。たどり着いた稜線上の分岐は青木鉱泉への道を分けるところです。ここからがこのコースのハイライト、明るい斜面はミヤコザサに覆われカラマツやシラビソが高山の雰囲気を感じさせてくれます。山頂直下の斜面を回り込むようにして登って行くと木立に覆われた千頭星の山頂にたどり着きました。山梨百名山の標柱がある山頂には三角点も置かれています。

 千頭星山〜甘利山〜甘利山登山口

山頂からは鳳凰三山への縦走をが続いています。ここからは大ナジカ峠に下り南御室小屋へと登り返す山道は3時間半ほどとか、やはり鳳凰三山へと向かうには夜叉神峠から登ったほうが楽なのかもしれません。

山頂からは甘利山の登山口へ戻ることにします。途中から振り返る千頭星山の山頂は次第に雲も取れ、落葉松やシラビソに覆われたなだらかな頂を見せ始めていました。

レンゲツツジの登り返し
甘利山から振り返る千頭星山
甘利山から振り返る千頭星山

たどり着いた甘利山の山頂でレンゲツツジを眺めながら展望を楽しむことにします。夏雲の中からは富士山の山肌、茅ヶ岳や金ヶ岳の頂も霞んでいました。ここからは観光客と先になり後になりながら登山口を目指して下って行くだけです。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 I渕 記

 山行記の訪問者数 今月:5件 累計:832件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

年間山行計画 南アルプス・日向山 14年6月14日 年間山行計画