Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 1班・班山行 浅間外輪山・黒斑山、蛇骨岳 


 山名
黒斑山2,404m、蛇骨岳2,366m
 山行日
2012年10月14日(日)
 人数
L:Y田、SL:O越、ほか11名
 コース
車坂峠−黒斑山−蛇骨岳−黒斑岳−車坂峠
 費用
4000円/人
 
TAG:浅間周辺,ハイキング,班山行,黒斑山
 
コースmap
黒斑山・登山コース(Google Earth)

 

 コ−スタイム詳細

車坂峠9:05/9:30−R10:00/10:05−シェルター10:55/11:05−黒斑山11:45−蛇骨岳12:15/12:45−黒斑山13:20/13:25−中コース分岐14:05/14:15−車坂峠15:10   (R=休憩)

 

 笹子駅〜黒斑山

定刻、松戸市民劇場前を出発。車は渋滞もなく順調に快走。予定より20分早く車坂峠の駐車場に到着した。人気の山らしく、駐車場は満杯で、多分まっとうに止められた最後の車であったと思われる。

浅間山をバックに
浅間山をバックに

コース経験者のO越SLを先頭に登山開始。しんがりはCLのY田さんである。紅葉の盛りにはまだ少し早いが、樹林帯が切れると景色が素晴らしい。何しろ車坂峠の駐車場が1973m。いくらも登らずに標高2000mを越える高所からの絶景が堪能できるお得なコースである。

富士山や八ヶ岳・アルプスの山々・僕の憧れの槍ヶ岳まで見えた。天気も良く空気が澄んでいる事が前提であるが、当日は絶好の展望日和であった。「これも僕の日頃の行いが良いのだ」と一人で自画自賛して登山を続行。もちろん変人だと思われるので、口には出さない。

トーミの頭を越えると浅間山が正面に現れた。こんなに近くから見る浅間山は初めてである。浅間山の山肌は何とも言えない美しさであった。火山活動の為、入山が制限させているとの事であったが、山頂にはちらほら登山者の姿がある・・・不思議だ。

しかし、蛇骨岳(ジャコツダケ)とはすごい名前の山である。物覚えの悪い僕も一度で覚えた。なるほど、黒斑山付近から見る蛇骨岳の稜線は、蛇のレントゲン写真に見えなくもない。

蛇骨岳
蛇骨岳

下山途中の山道が何やら騒がしい。少し開けた場所でヘリコプターの到着を待っており、風が舞うので早くここを通り過ぎてくれとの案内があった。少し進んだ林の中で、何やらAED(自動体外式除細動器=電気ショックで心臓が止まった人を蘇生させる機械)の自動音声が聞こえる。64歳の男性が心臓発作を起こしたとの事。当会にも同世代が多いので、他人事でない。

先にも記述したが、僕は今日、憧れの槍ヶ岳の姿を見た。かなり遠くからではあるが初めて実際の槍ヶ岳を見た。そして、来年には実際に登る事を改めて決意するに至った。もちろん初心者の槍ケ岳にはベテランのCLが必要である。O越さんにお願いしたところ快諾をいただけた。

当会一のヤングレディーS木さんからもエントリーの希望があった。これで槍ヶ岳を目指す僕のトレーニングにも力が入るという物である。山行中のちょっとしたキッカケから新たな山行が計画され、またそれが繰り返されるのだろう。松戸山の会に入って良かったなぁ〜と、しみじみと感じる出来事であった。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 S井 記

 山行記の訪問者数 今月:10件 累計:960件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

房総 嵯峨山 班山行 16年3月19日 

上州 武尊山 テント教室 15年07月11-12日 

筑波山 トレーニング 15年06月06日