Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 3班山行 都留 二十六夜山 


 山名
都留二十六夜山1892m
 山行日
2012年10月27日(土)
 人数
CL:T葉、SL:H本、他7名
 コース
路坂隧道−今倉山−赤岩−都留二十六夜山荘−都留市温泉
 費用
詳細下記
 
TAG:中央線沿線,ハイキング,班山行,二十六夜山
 
コースmap
都留二十六夜山・登山コース(Google Earth)

 

 コース詳細

新松戸駅 5:50 === 都留市駅8:50=(タクシー)=9:10 道坂隧道

道坂隧道 9:15〜10:25 今倉山 〜 11:15 赤岩 〜 12:20 二十六夜山12:45 〜 14:10 林道

−−14:25 都留市温泉 15:50=(タクシー)= 16:05 赤坂駅 16:12=== 新松戸駅 18:50

 費用

電車:JR2,600円(ホリデーパス)[休日パス割:2,000円]+富士急 820円、ジャンボTAX:都留市駅〜道坂隧道:5,470円、都留市温泉〜赤坂駅 2,860円

入浴料700円 合計4,520円(5,120円)

 

 二十六夜山

班山行を何処にしようか探しているうちに二十六夜山を見つけ、下山後温泉に寄れるという好きなコースだった事で決定しました。

名前が珍しいですが、山頂に書いてあるいわれに因れば、江戸時代に盛んとなった旧暦の正月と7月の二十六日の夜に、人々が寄り合い飲食などを供にしながら月の出を待つ二十六夜(三日月)待ちの行事に由来する。らしいです。

 

 薄雲の中の紅葉

こんな奇木も
こんな奇木も

二十六夜山、響きの良い山名にワクワクする。

天気予報は曇りのち雨であるが、厚い雲に覆われている。中央線から富士急行で都留市駅へ。雨跡を残し地面が濡れている。どうか一日降りません様に。

予約してあったジャンボタクシーはグングン走り、15分ほどで標高1,000mの道坂峠の登山道に着く。峠の脇に二十六夜山登山口がある。

ジグザグ急登続きなので、身体が慣れるまでゆっくり一歩一歩確かめて登ろうと思った。

スミレ、リンドウの花が咲いている。山の花はちんまりかわいい。唐松、ブナ、ツツジ、楓やモミジ等の樹林は秋化粧の装いを待っている。少し登ると明るくなり、御正体山と今倉山の分岐点が有り、左の今倉山へ向かい、直下はややきつかったが思いの外近かった。

私達の他に登山者は1〜2組とすれ違う程で、静かな山に楽しいお喋りが響いていた。

今 倉 山
二十六夜山にて
二十六夜山にて

ブナ林が美しい、逞しいブナ、曲線が魅惑的なブナ。巨木、奇木もある。

折角登ったのに下っていくとアレレッ、車道に出た。でも目の前が二十六夜山。身体も慣れていて15分で頂上へ着く。薄陽差しに映えて紅葉が美しい。薄雲の中の紅葉も捨てがたい。

九鬼山を眺めながら昼食を取り、しばし感激。さてあとは温泉とビールが待っている。下りだしてすぐ、二十六夜山の石碑があった。

仙人水(岩間から勢い良く出ています)
最後の橋を渡ってあと少し
最後の橋を渡ってあと少し

パワーが出たのか早い速い、涸れた沢を横にグングン急降下し、沢に掛かる橋を越えて間もなく林道に出た。ここから15分程道路を歩くと「芭蕉月待ちの湯」に着いた

お疲れ様。のんびり湯に浸かり、生ビールで乾杯。美味しかった!!

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 H本記

 山行記の訪問者数 今月:12件 累計:1070件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

房総 嵯峨山 班山行 16年3月19日 

道志 烽火山・尾崎山 15年10月09日 

湯ノ沢峠~滝子山を目指して 14年11月21日 大蔵高丸、ハマイバ丸の稜線は初冬のスノーハイク

中央沿線 滝子山 14年11月8日 中央沿線 滝子山 1班班山行

2班班山行 奥多摩・生藤山 14年9月6日 奥多摩の静かなハイキングコース