Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 貫ヶ岳〜富士山の展望が広がる静岡の山? 


 山名
貫ヶ岳897.3m(平治ノ段で途中敗退)
 山行日
2013年2月12日(火)うす曇り
 人数
7名
 コース
石合林道終点−樽峠−平治ノ段−十国展望台(往復)
 費用
-
 
TAG:静岡南部,ハイキング,貫ヶ岳
 
コースmap
貫ヶ岳 登山コ−ス

 石合林道登山口〜樽峠〜平治ノ段・十国展望台

石合林道終点11:50−0h45m−樽峠12:35/12:40−0h40m−平治ノ段13:20/14:15−0h40m−林道分岐14:55−0h30m−石合林道終点15:25

 

静岡に移られたK藤さんと一緒に静岡の山に登ろうと言うことで松戸を出発しました。しかし四ツ木近くで発生した事故渋滞に巻き込まれ海老名サービスエリアに到着したのは9時半。丹沢の何処かにしようかと言う意見もありましたが目の前にそびえる丹沢の山は真っ白な雪に包まれています。

とりあえず平治ノ段までは登れるだろうと言うことで、富士山の展望を期待しながら貫ヶ岳の登山口へと向かいました。

登山口からは沢沿いに道
杉林の中を登って行きます
杉林の中を登って行きます

石合林道の終点には広い駐車スペースがあります。ここからは沢沿いの道を登り始めます。小さな流れには丸木橋も架かっていました。

暗い杉林の中の登山道は徐々に高度を上げながら沢を離れて行きます。やがて木立の先に青空が見え隠れしてくると樽峠手前の林道です。造林作業か行われているようで遠くから重機の音が聞こえていました。

樽峠の下には林道が
たどり着いた鞍部は樽峠
たどり着いた鞍部は樽峠
笹が狩り払われた稜線
木の階段の急な登り
木の階段の急な登り

樽峠からは道を左に、笹が狩り払われた稜線をしばらく進むと急な階段の登りが始まります。急な階段の登りが一段落すると再び急な階段の登り、段のように山肌が重なることが平治ノ段の語源なのでしょうか。

やがて勾配も緩やかになると平治ノ段です。暗い杉林の中には中沢公民館へと下る分岐があります。ここで道を左へ、たどり着いた小さなピークは十国展望台です。目の前は広く開け富士川を挟んで大きな富士山がそびえていました。

平治ノ段の先に十国展望台
展望台からは大きな富士山
展望台からは大きな富士山
曇り空の下に日を浴びた富士山
十国展望台で餃子スープ
十国展望台で餃子スープ

午後から崩れると言う天気予報にもかかわらず、雲の間から見える富士山は白い雪が日を浴び輝いているよです。目を右に向けると霞んだ駿河湾、さらにその右にはアンテナを頭に載せた浜石岳の頂も見えていました。

 平治ノ段〜石合林道

ここから貫ヶ岳までは1時間ほど、やはりこれからでは山頂への往復は無理と言うものです。今日は平治ノ段から登山口に戻ることにしました。

平治ノ段からは階段の急坂を下って行きます。雨の日や雪などのときはかなり厳しそうな下りです。

林道では重機で木材搬出
杉林の中を下って行きます
杉林の中を下って行きます

帰りは富士やきそばを食べて行くことにしました。ナビの案内でたどり着いたお店は商店街から少し入った前島と言うお店です。

叔母さんが一人大きな鉄板で焼きそばを焼いていました。ここの焼きそばは東京のもんじゃと同じように地元の駄菓子屋で商われていたものとか。しぐれ焼きは広島焼きに近い感じですが少し厚さは薄め、結構ラードを使っていますが一味違っていました。

事故の渋滞などで登山口に付くのが遅くなったこともあり、山頂は踏めませんでしたが曇りの予報にもかかわらず期待していた富士山に出会え、富士焼きそばも味わうことが出来た山行でした。

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 I渕 記

 山行記の訪問者数 今月:7件 累計:813件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・