Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 南アルプス雨物語 三伏峠から荒川岳 


 山名
小河内岳2801.6m、大日影山2573m、荒川前岳3088m、小赤石岳3081m
 山行日
2013年7月28日(日)〜30日(火)
 人数
1人
 コース
7月28日:鳥島登山口−三伏小屋(泊)、7月29日:三伏小屋−小河内岳−荒川前岳−荒川小屋(泊)、7月30日:荒川小屋−小赤石岳−椹島
 費用
総費用 29,630円、そのうち宿泊費16,000、昼食費1,000円、交通費12,630円。
 
TAG:南ア,縦走(小屋),荒川岳,小河内岳
 
コースmap
三伏峠から荒川岳

 

 コースタイム

7/28(日・曇)

新宿7:00(中央高速バス飯田行)=松川インター12:00=(伊那バス)=14:00鳥倉登山口14:10−16:45三伏峠小屋泊

7/29(月・雨風)

小屋5:25−7:25小河内岳7:30−9:55高山裏避難小屋10:25−荒川前岳13:10−分岐13:13−14:02荒川小屋泊、

7/30(火・霧風、分岐から曇)

小屋4:50−大聖寺平5:52−小赤石岳6:30−分岐6:50−8:15赤石小屋8:30−10:50椹島13:00=(リムジンバス)=14:00畑薙ダム14:25=17:40静岡駅

交通費の細かい内訳

JR 540、高速バス3,900、伊那バス2,580、静鉄バス3,000、JR 2,300+310

 

この区間は私が甲斐駒ヶ岳から畑薙ダムまででただ1か所歩いていない部分で、今回は一人で気楽に歩けると思ったのですがそれは甘かったのです。

 7月28日、曇

松川インターは高速バスの停留所と鳥倉登山口行バス乗り場が離れているので注意が必要です。このバスだと林道終点から先の登山口まで行くので助かります。

登山口からすぐに登りです。途中1か所、塩見岳方面の主稜線が見えました。しかし山で見る主稜線はこれが最後でした。

三伏峠の小屋は予約が原則です。私で予約がそろったようです。日曜だからか小屋はすいています。小屋の西側大鹿村の明日の天気は、午前中は天気が悪いが午後は曇、とのこと。この時は土日を避けてよかったと思い、ゆっくり眠る事ができました。

 7月29日、雨

良くあることです。午後になれば雨は止むだろう、と出発。ほとんどが樹林帯なのでカッパに傘をさして歩きます。ところが何時間歩いても雨は弱まりません。

3日間でたった1枚撮った小河内岳の頂上
3日間でたった1枚撮った小河内岳の頂上

私は雨でも50分歩くと傘をさして座って10分休みます。また、このコースは時々稜線に出ます。そこでは西側から強風が吹きつけるのでそこでは傘を閉じます。すれ違う人も少なく高山裏までに9人でした。とうとう靴の中に浸水が始まりました。よくあることで気にしません。

高山裏避難小屋で昼食休憩。狭い小屋にいたたった一人の客は小河内から来たがここでやめた、とのこと。こういう日は行動を縮小するものなのか。

小屋番の話では三伏から荒川に行くのはあなたぐらいだろう、とのこと。この後単独2組に会うがどちらも、高山裏までどれくらいか、と聞いた。不安になる。

小屋番に言われた強風の前岳が近づいてきた。ライチョウとも会う。危ないナイフリッジに来ました。

ナイフリッジと言ってもガスで10m位しか見えない。さてそこを登り切った所が前岳です。頂上の標識の周りをまわって一瞬方向を失う。落ち着け。風を背に右手に行けばいい、行ってみると暴風が吹いている。今日一番の強風、小屋番の言葉を思い出す。暴風ゆえ道は合っているのです。

3分ほどで分岐があり、下ると風はほとんどなくなる。ただ下りなので磁石を出し北へ向かっていることを確認する。2年前に見たお花畑は鹿害で消えていたが少し北に防鹿柵ができていて、その柵の中にお花畑があった。小屋はすぐである。

 7月30日、朝からガス

出発する客はほとんどいない。天候で出発時刻を変えるのだろうか。

小赤石を越えるまではずっと強風、休憩も風を避け岩陰で取る。今日も一人ぼっちの山、ここでも迎えてくれるのはライチョウだけ。しかし、小赤石岳北の分岐から東側の椹島への道を下り始めると風は消え、人間とすれ違うようにもなってきた。あの風雨の中の世界から人間の世界に戻ったと感じました。

椹島で赤石岳から下りてきた仲間、畑薙ダムで聖平から下りてきた仲間、と再会し帰りは皆で各駅停車に乗り楽しく帰ってきました。やはり仲間はいいですね。

帰ってくるとすぐ隣の中央アルプスで遭難した方がいたと聞き私も危ない橋を渡ったと改めて反省しました。南アルプスのような小屋が少ない山は予備日をもって余裕ある計画を組むべきです。

 H川 (記)

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記の訪問者数 今月:15件 累計:864件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

南ア 塩見岳 16年7月29日-31日 

南アルプス 荒川三山・赤石岳 15年8月16日-18日 

大雪渓から白馬岳、そして栂池へ 15年8月1日-2日 

南アルプス 鳳凰三山 14年11月8日~9日 青木鉱泉から降雪前の鳳凰三山へ

雨物語2014 南アルプス・甲斐駒ヶ岳 14年8月24-25日 甲斐駒ヶ岳から黒戸尾根

夏山合宿 南ア・北岳 14年8月22-25日 夏山合宿北岳・K池チーム、3000m稜線縦走は・・・

夏山合宿 南ア・北岳 14年8月23-25日 夏山合宿北岳・N村チーム、御池小屋から北・・・

雨物語2014 南アルプス 畑薙ダムから太平洋 14年7月20-22日 日本海から北・南アルプスを通り太平洋まで歩く

雨物語2014 南アルプス・アサヨ峰 14年7月6-7日 雨のアサヨ峰から仙水峠

南アルプス雨物語その2 上河内岳 13年7月27日-30日 聖岳、赤石岳を縦走する予定でしたが生憎の・・・

南アルプス雨物語その1 茶臼岳から赤石岳 13年7月26日-30日 茶臼岳から聖岳、赤石岳の長い稜線を縦走し・・・