Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 テント教室 槍ヶ岳 


 山名
槍ヶ岳3,180m、大喰岳3,101m
 山行日
2013年8月9日(金)〜11日(日)
 人数
4人
 コース
新穂高温泉〜槍平〜槍ヶ岳
 費用
12,440円/人
 
TAG:北ア,縦走(テント),テント教室,槍ヶ岳
 
コースmap
槍ヶ岳 登山コース

 

 コースタイム詳細

8月9日(金)

新穂高温泉13:00/13:30−穂高平避難小屋14:35/14:42−R15:20/15:30−白出小屋15:40−滝谷避難小屋17:10−槍平テン場18:35

8月10日(土)

槍平テン場5:10−R5:40/5:50−R6:35/6:50−飛騨乗越9:25/10:05−槍ヶ岳9:25/10:05−大喰岳11:30/11:40−飛騨乗越12:05/12:20−分岐13:20/13:30−R13:40/14:00−槍平テン場15:40

8月11日(日)

槍平テン場5:30−滝谷避難小屋6:20/6:30−白出小屋7:55/8:05−穂高平避難小屋8:40/8:50−新穂高温泉9:35

 費用詳細

車使用料 25,360円 高速代8,350円、テン場4,000円、駐車場代4,000円 ガス・食費6,840円 テント使用料1,200円 合計49,750円

 

これまでさしての登山経験も無いまま、6月に入会し、新人として初心者マークが付いている現状でありながらの槍ヶ岳挑戦でした。初めての北アルプス、初めてのテント泊、初めての2泊3日登山、自身にとって大きなチャレンジの場となりました。

不安いっぱいの山行でしたが、天気にも恵まれ、無事山頂に立てたことは、私自身にとって、大変有益な経験となりました。

 8月9日、晴

松戸駅を出発し、渋滞の首都高にいらいらしながらも、ほぼ予定通りに新穂高温泉に到着、装備確認の後、13時30分に槍平テン場に向け新穂高温泉を出発しました。

槍ヶ岳の山頂
槍ヶ岳の山頂

しばらくは林道を歩く。その間、狭い林道を工事車両が絶えず通過し、登山者には危険な幅いっぱいの車両通過です。山道に入る直前の沢に堤防を構築中でした。

その林道を歩くこと約2時間、いよいよ山道に入ります。すでにテント泊での重いザックが肩にズッシリ。ここから槍平テン場まで2時間半はまだまだ山脚の出来ていない自身にとっては大変厳しいものとなりました。重い荷物と重い足取り・・・・・・。何回かの渡渉、岩場の連続。

テン場にある小屋が見えた時の嬉しさは格別ですね。

そして、ここからは全てが初体験でした。テント設営(場所、ポールの通し方、石への結び方)、テントでの食事(バーナ、コッヘル、食器の使用、片付け)、テントでの睡眠(エアーマット、シュラフの使用)、さて寝れるのでしょうか?案の定、寝れてな〜い。

 8月10日 晴

4時起床、朝食後、不必要な装備をテントに残し、サブザックに切り替え、槍ヶ岳山頂に向け出発、ザックが軽いせいか、なぜか昨日より足取りは軽い。

憧れの北アルプスのシンボル、槍ヶ岳の姿を求めて、遠くに見える稜線に向けて、登りに登って、4時間、やっと稜線の飛騨乗越に。そこにはガスで霞んだ槍ヶ岳の穂先がうっすらと。ここまで来たかぁと嬉しさがこみ上げえる。

飛騨乗越ではW会長率いる槍ヶ岳縦走チームと合流出来ました。

槍岳山荘
槍岳山荘

山頂の霧が抜けるのを確認して、いよいよ、岩場、鎖場、垂直梯子へ取り付き、頂上へ、なかなかの高度感です。最後の梯子を登り切ると山頂に到着、しばし、感動とその景観を堪能することが出来ました。登ってよかったぁ。

約20分、頂上の景観を堪能し、槍ヶ岳山荘で一休み。そこで、時間的な余裕から、気持のいい北アルプスの稜線を歩くという楽しみを実現しようと、南岳経由でテン場まで帰るとの選択をして、稜線を歩ことになりました。

しかしながら、途中の大喰岳にて、O越リーダーより以後の判断を求められ、私から「自信がありません」と申し出すると、縦走は中止との決断をいただき、計画通りのピストンとなりました。やはり縦走後の下山の体力が読めませんでした。メンバーの皆様にはご迷惑をお掛けしましたが、今の実力では、正しい判断であったと思います。

長い長い下山路、槍平のテン場に到着した時は、達成感と同時になんとも言えない安堵感が沸いてきました。改めて、気が張っていたんだと気づきました。

この日のビールは本当に美味しいものでした。

そして、登り終えた後のテントでの食事や会話は楽しいものです。星の輝き、疲れと安堵感で早めの就寝ではどうも熟睡?したようです。

 8月11日 晴

4時に起床、朝食後、テント撤収。

5時30分、新穂高温泉へ向けて下山開始、都会の喧騒をすっかり忘れていた、この3日間に感謝しつつ、約4時間かけて新穂高温泉に到着、もう歩かなくていいんだと思うととても嬉しい気持になりました。楽しくもタフな山行でした。

その後、3日間、お風呂に入っていない体を日帰り温泉でリフレッシュし、普通の人間に戻してから、帰路へ付きました。

 F 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記の訪問者数 今月:9件 累計:1051件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

北ア 槍平 夏合宿 16年08月26日 

白馬三山縦走 15年8月1日~2日 

上州 武尊山 テント教室 15年07月11-12日 

奥大日岳&立山三山 14年10月11日-12日(前夜発) 紅葉の奥大日岳と立山三山を縦走しました。

奥大日岳 14年10月11日 

テント教室 塩見岳 14年10月4日-5日 台風が近づく中塩見岳の山頂へ

登山学校 上越・越後三山 馬蹄形縦走 14年9月13-15日 テント教室は越後三山の馬蹄形縦走

上越・白毛門〜谷川岳 14年9月6-7日(前夜発) 谷川岳の馬蹄形登山

剱岳(源次郎尾根) 14年8月1-3日 源次郎尾根から劔岳に登りました。

剱岳(源次郎尾根) 14年8月1-3日 源次郎尾根から劔岳に登りました。

前穂高岳・奥穂高岳 13年9月21-23日 岳沢でテン泊したのち、前穂高岳から奥穂高・・・

登山学校、槍ヶ岳 13年8月9-11日 テント山行で槍ヶ岳から大喰岳、南岳を縦走・・・

北アルプス/槍ヶ岳 13年8月9日-11日 槍沢から山頂を目指しました。槍ヶ岳の穂先・・・

登山学校、槍ヶ岳 13年8月9-11日 テント山行で槍ヶ岳から大喰岳、南岳を縦走・・・

雲の平、三俣蓮華岳、鷲羽岳に咲く花 13年8月1-4日 テント山行で折立から雲ノ平、三俣蓮華岳、・・・