Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 岩稜帯歩行を楽しむ 八海山 


 山名
八海山1778m
 山行日
2013年9月14日〜15日(前夜発)
 人数
CL:敦子さん、SL:T葉さん、K上さん、H坂さん
 コース
ロープウェイ駅〜千本檜小屋〜地蔵岳〜入道岳〜巻き道〜千本檜小屋〜ロープウェイ駅
 費用
交通費、ガソリン代、高速料金8,155円、食費250円、ロープウェイ往復1,800円、10,250円/人
 
TAG:越後,ハイキング,八海山
 
コースmap
八海山 登山コース

 

 コースタイム

9月13日(金)

松戸千葉銀前20:00出発===道の駅仮眠

9月14日(土)

道の駅6:30−7:00ロープウェイ8:00−8:10山頂−9:13/9:25女人堂−10:10薬師岳−10:25/10:50千本檜小屋−11:08地蔵岳−12:17大日岳−13:00入道岳−13:25大日岳−13:30巻き道分岐−14:20千本檜小屋−15:20女人堂−16:30ロープウェイ山頂16:40−16:50駐車場

9月15日(日)

道の駅==秋山郷==十日町==六日町IC==松戸

 

 岩稜帯を歩く八海山

八海山は越後三山(越後駒ヶ岳、中ノ岳)のひとつで、八ッ峰の岩峰群からなる男性的な山です。

それぞれの頂上には石仏等が祀ってある信仰の山です。

 

 14日 曇り時々晴れ

ロープウェイ乗り場には7時過ぎに到着です。避難小屋の水場に水があるか確認出来ないので、乗り場の水道から共同の水を各自が持参することにした。13キロ強の荷重で歩けるか不安になる。

ロープウェイ山頂駅を8時10分に出発。リーダーの後をしっかり付いて歩くが、一週間前のテント教室より辛い、疲れが取れていないのかなと思いつつ歩くと、後ろでT葉さんの"速いんじゃない"の声が聞こえたので、リーダーとの間が開いているのかと思い必死で歩いた。

地蔵岳山頂です
何故か金太郎の腹巻きです
何故か金太郎の腹巻きです

女人堂まで1時30分の予定を、なんと1時間で着いてしまいリーダー以外はじぇじぇじぇ!!

休息後、長い鎖を2本登り薬師岳に到着。その先に今日の宿、千本檜の避難小屋があった。

ここから大日岳迄、八つの岩峰を登り最高峰の入道岳、さらに五竜岳迄の予定だったが、小屋の状態が良くないので入道岳で折り返し、女人堂で泊まることに変更して、いざ出発!!

まずは地蔵岳です。NHKの大河ドラマ"天地人"で有名になった山の頂上です。ここまでは沢山の人が登って来ますが、ここから先は殆ど人が居ません。

山頂には沢山の石碑や祠が祀って有ります
山頂には沢山の石碑や祠が祀って有ります

いくつもの峰を階段や鎖でよじ登り、長い長い鎖を頑張って降りたりして大日岳まで来たが、その先に入道岳の迫力ある山容を見た時、登降意欲がなくなり、皆んなが戻るのを待つことにしました。

その間に稜線の横の草の上で1時間程横になり、曇りで気温も丁度良く、気持ちの良い時間を過ごしていました。しかしこれが後で大変な事になりました。

復路は大日岳から迂回路を使って小屋まで戻りましたが、この道がまた大変でした。

歩き初めてしばらくは、曲り竹がびっしりでその上を歩くと滑り落ちそうでヒヤリハットです。

ずっと危険な道で、おまけに終わり近くの崖の茂みでガサガサ大きな音がして、普通の動物では無いと感じました。

食料をたくさん買い込んで下山祝い
宴の後は綺麗にしましょう
宴の後は綺麗にしましょう

T葉さんがきっと熊だよと言って、犬の鳴き声をしたら大きな音と共に逃げました。

千本檜小屋まで戻りましたが未だ時間が早やかったので、ロープウェイの最終時間に間に合うし、明日は雨だから今日下山した方が良いとリーダーの判断があり、今日の泊まりは道の駅にしようと4人の意見が一致したので、女人堂も通過しました。

山頂駅に着いた時はシャリバテだったので "敦ちゃんお願い、おそば食べたい" "分かった いいよ食べようね" でも自動車に乗ったら忘れてしまったようで、おそばは食べられませんでした。

秋山郷の蛇淵の滝展望台にて
秋山郷の蛇淵の滝展望台にて

まずはお風呂に行こうと、K上さんお薦めの五十沢温泉へ行きました。先代からのお付き合いだそうで、宿泊も出来るというので、お正月の予約をK上さんとT葉さんはしていました。

夕食は3人がお寿司と言うので、K上さんの案内でイオンで買い出し、もちろんアルコールも。おそばは何処か吹っ飛んでしまったのでしょうか?あきらめました。

川上さんは地元新潟の人かと思うほど蛍のおしりです。昨夜仮眠した南魚沼の道の駅は、綺麗で快適な所で屋根がありコンクリートの上に野宿です。

昨夜はS木さんが集合間際に怪我をして不参加になったため、差し入れられたビールと各自持参のアルコールで入山祝いでしたが、今夜は先客がいたので奥の院の方に移り、下山祝いの宴会です。

敦ちゃんが大量に買い込みましたが、K上さんはご飯も食べず飲んで寝てしまいました。

夜中に雨が降り、朝起きたら全員蚊に刺されていました。

 

 15日 雨時々曇り

木工工芸を見たいと言う千葉さんの希望で、奥信越の秘境"秋山郷"へ行きました。

原木で作る手造り家具の山源木工の展示品は素晴らしく、輪切りテーブルの出来る迄の説明を聞き、千葉さんと私は栃の木のお椀を買いました。

昼時のせいか、席待ち状態でした
“由屋”のへぎそば です
“由屋”のへぎそば です

帰りに小赤沢の楽養館で温泉に入りました。赤茶色の泥水のような温泉でしたが、とても気持ち良かったです。

リーダーが、私がおそばを食べたかったのを思い出してくれたので、千葉さんお薦めの"由屋"さんの"へぎそば"と天麩羅を食べ、とても美味しかったので満足・満腹でした。

この辺りは20数年前に千葉さんが仕事で来ていた所で、由屋さんはもちろん、泊まって居た宿もそのままあったので懐かしそうでした。

今回の山行は思いがけず時間が出来て、小旅行をしたような中味の濃い、一緒に山行する事のない"うさぎ組"の人達と共有した時間は、楽しく心に残る山行でした。

 H坂 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記の訪問者数 今月:3件 累計:540件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

八海山 13年5月4日 八海山は山頂に八つの林立する岩峰を乗せる・・・