Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 雪山教室NO.7 八ヶ岳:硫黄岳〜横岳 


 山名
硫黄岳 2,760 m
 山行日
2014年3月8日(土)〜9日(日) 1泊2日
 人数
CL W辺、SL K田 U田、Y田、H谷、K村(記)
 コース
美濃戸口〜赤岳鉱泉(泊)〜硫黄岳〜横岳〜硫黄岳〜赤岳鉱泉〜美濃戸口
 費用
 
TAG:八ヶ岳,雪山・スキー,雪山教室,硫黄岳,雪山
 
コースmap
硫黄岳・横岳 登山コ−ス

 

 コ−スタイム

3月8日(土)

松戸発6:00=美濃戸口11:00/11:30−赤岳鉱泉16:10(幕営)

3月9日(日)

赤岳鉱泉6:10−赤岩の頭8:15−硫黄岳8:50/9:00−横岳10:35/10:45−硫黄岳11:45−赤岳鉱泉13:00/13:30−美濃戸口16:00/16:30=松戸20:00

 

 3月8日(土)晴れ、風弱し

当初谷川岳を予定していたがこの時期としては非常に強い寒波襲来が予想されCLの判断で八ヶ岳に変更、参加者全員も同意し早朝6時に松戸を渡辺さん運転のランクルで出発する。

外環に入る迄と首都高は渋滞したが中央道に入ってからは順調で甲府盆地からは右手(南)に南アルプス前衛の地蔵岳と背後に北岳、甲斐駒ヶ岳、暫くして右手(北)に八ヶ岳の雄壮を眺め諏訪南ICで一般道に降り美濃戸へ向かう。

赤岳鉱泉のアイスキャンディー
赤岳鉱泉のアイスキャンディー

先日甲州関東を襲った大雪の名残か道路両側の田畑はこの時期としては残雪が多かった。登山口の美濃戸口は大勢の登山者でにぎわい駐車場はほぼ満車だ。

美濃戸口から赤岳山荘までは轍のできた林道を息を切らせながらも何とか歩行ペースについて行った。ここでアイゼンを装着し本格的な登山道となる。

緩やかな登りにも関わらず息切れしてしまい皆さんのペースについて行けなくなり立ち止まっては呼吸を整える回数が増え迷惑を掛けてしまう。

荷を軽くしていただいたりして何とか赤岳鉱泉小屋の幕場にたどり着くことができましたが予定の1.5倍もの時間を費やしてしまった。

皆で雪を踏み固め快適な幕場をつくり7人用の大型のドームテントを設営。中は内張無しのためか広々として居心地は申し分無しだ。

テンバは申し分ないところ
テンバは申し分ないところ

設営後夕食までの間に飲物数種が出ると、待ってかのように飲物に適したおいしいものが次々に出てくる。

山茶花にもそれらしき事が記載されていたようですが私は入りたての新人なので今回は遠慮しましが会長(CL)のお許しも出たので次回からは忘れないようにしたいと思っております。

続いて渡辺さんが準備していただいた夕食となりました、まずポテトサラダ次に「おでん」でそのおいしいいこと。山で「おでん」を食べられるなんて夢にも思っていませんでした。

そばも用意してあったのですが、皆さん既に満腹でこれ以上は食べられないので中止。8時頃消灯

 3月9日(日)晴れ、風弱し

5時前に起床。昨夜は風が弱く放射冷却で相当冷え込んだようで羽毛服を着込んで寝袋に入ったが時々背中に寒気が感じられよく眠れなかった。他の方も寒かったようだ。

赤岩の頭を目指す後は赤岳阿弥陀岳
赤岩の頭を目指す後は赤岳阿弥陀岳

朝食は肉入り雑炊で食欲は普通にあったので「今日は行動できる」と思いCLの「今日は大丈夫ですかの」言葉に「大丈夫です」と答えたが・・・

完全冬山装備の身支度で出発。私を気遣って非常にゆっくりとしたペースで進むが暫くすると又息切れがしてきた。「今日は荷も軽いしついて行ける」と思っていたがやはりペースについて行くことができない。時々立ち止まって息を整えるようになる。

森林限界を超えやっと赤岩の頭の稜線に出て目前の硫黄岳を見上げる。山頂迄行けるかどうか自信がなかったがペースを下げていただいたお陰で硫黄岳山頂に辿りつくことができた。

ただこれ以上は無理と思いCL,SLにその旨申し出てSLのK田さんに同行していただき、横岳との鞍部の硫黄岳山荘まで下る。

硫黄岳山頂
硫黄岳山頂

ここで横岳へむかうCLのW辺、U田、Y田、H谷の4人の方達と別行動することになりました。

小屋はほとんど雪に埋まっていたが風は遮ってくれました。例年はこれ程雪に埋もれていないそうです。4人の皆さんが順調に登って行くのを見届けた後暫く休んで先に戻ることにする。

亀の歩き同然の息切れしない自分ペースで硫黄岳まで登り返した。自分が息切れしない歩行ペースと会の歩行ペースには歴然とした差があり今の自分の体力でついて行くことは到底できず、それを知らずして参加したために皆さんには迷惑をかけてしまった。

 K村 記

 4人は横岳に向かった。

硫黄岳山頂より、横岳、赤岳、阿弥陀岳
硫黄岳山頂より、横岳、赤岳、阿弥陀岳

硫黄岳の手前あたりから風が少し強くなっていたが、展望は変わらず美しい。我々は黙々と横岳を目指し、頂上直下まで到達した。ここで、ヤセ尾根の足場の悪いところが有り、突破組と回避組に分かれた。私はCLの後を辿り、少々時間を経て、横岳頂上に着いた。

今回の山行はなんと言っても、天気がよく、すばらしい展望に恵まれたことだ。雪を被った阿弥陀岳、赤岳、横岳を見ていると1時間位、停滞していたくなる。歩いていると少しずつ変わる景色に飽きることは無い。足元のエビノシッポも綺麗だった。

やがて、昨日お世話になったテント場に着き、無事、全員が集合した。

 

幕営場所とした赤岳鉱泉はテントの数も少なくなかったが、小屋の宿泊者は驚いたことに200人に達したということだ。さすがに首都圏を控えた人気の山である。唖然とするしかない。

いつもながらCL、SLにはお世話になりました。美味しい食事を腹いっぱい食べながらの山行は快適でした。

帰りの高速は拍子抜けがするくらいスムーズに流れ、割と早く松戸に着くことが出来ました。

 U田 記

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記の訪問者数 今月:6件 累計:938件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

中央ア 木曽駒ヶ岳 17年4月30日 

水ノ塔山 雪山教室 14年12月6日 日帰り 

感動の積雪期富士山 14年5月10-11日 吉田口五合目の佐藤小屋から積雪期の富士山・・・

富士山 14年5月10-11日 7人で富士山に登りました。山麓では雪訓を・・・

富士山 14年5月10-11日 7人で富士山に登りました。素晴らしい景観・・・

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 燕岳から表銀座を縦走する予定でしたが翌日・・・

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 雪山教室、ゴールデンウィークの表銀座縦走・・・

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 雪山教室、ゴールデンウィークの表銀座縦走・・・

雪山教室NO.9 南八ヶ岳・赤岳 14年4月12日-13日 美濃戸口から入山し行者小屋で幕営、明日の・・・

谷川岳 山頂でピッケルかざして 14年4月6日 千葉県連主催の雪上訓練の翌日、天神平から・・・

爺ヶ岳南尾根 14年3月20-22日 爺ヶ岳は深い雪の中です。ジャンクションピ・・・

爺ヶ岳南尾根 14年3月20-22日 ジャンクションピーク手前の稜線にテン泊し・・・

雪山教室 八ヶ岳:硫黄岳〜横岳 14年3月8-9日 雪山教室、赤岳鉱泉のテン場にテントを張っ・・・

雪山教室 日光白根山 14年2月22-23日 雪山教室、大雪のため予定していた鳳凰三山・・・

雪山教室 日光白根山 14年2月22-23日 雪山教室、白根山ロープウェイ駅から厳冬期・・・

瑞牆山・金峰山 14年1月25-26日 雪山教室、富士見平小屋にテントを張り瑞牆・・・

黒戸尾根から甲斐駒ケ岳へ 14年1月10-13日 1月の厳冬期、黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳の山・・・

黒戸尾根から甲斐駒ケ岳へ 14年1月10-13日 厳冬期の黒戸尾根から甲斐駒に登った写真集です。

爺ヶ岳南尾根 13年12月20-22日 爺ヶ岳のい南尾根を登りました。例年にない・・・

北アルプス 燕岳 13年11月16-17日 今年最初の雪山は燕岳へのテント山行です。・・・

北アルプス 燕岳 13年11月16-17日 合戦尾根から雪の稜線を登ると青空の下に槍・・・

八ヶ岳・赤岳〜横岳〜硫黄岳縦走 13年6月8-9日 めずらしいツクモ草が見られる八ヶ岳の稜線・・・

八ヶ岳 阿弥陀岳南稜 13年3月23-24日 八ヶ岳の阿弥陀岳南稜への冬山山行です。P1・・・

硫黄岳・横岳 13年2月9-10日 赤岳鉱泉から厳寒期の硫黄岳、横岳に登りま・・・

硫黄岳・横岳 13年2月9-10日 赤岳鉱泉から硫黄岳、横岳に登りました。強・・・

登山学校雪山教室 北八ヶ岳・天狗岳 13年1月19-20日 登山教室は北八ヶ岳の天狗岳です。黒百合平・・・