Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 谷川岳県連雪上講習会に参加して 


 山名
谷川岳 マチガ沢
 山行日
2014年4月5日(土)
 人数
O大越、W辺、G志堅、Y田(浩)、Y田(真)、I塚
 コース
谷川岳 マチガ沢
 費用
 
TAG:谷川岳,雪山・スキー,県連,谷川岳
 
コースmap
谷川岳マチガ沢

 

久しぶりの雪山登山は、県連(ちば山主管)が主催する雪上講習会に参加してきました。

当日、マチガ沢出会い(訓練場)に各会ごとに 7 時に集合でした。山岳指導センターを過ぎた辺りでY田夫妻と合流し今回のメンバーが揃いました。

アイゼンを着け時間も押していたので、O越隊長を先頭にペースUP。歩きだしてすぐにアイゼンが片方落ちているのをG志堅さんが気付き、隊長〜 アイゼン外れてますよ〜!! 右のアイゼンが〜!。

 

ようやくマチガ沢に着き、班別に指導を受けました。松戸は2班でH本さん (ちば山の会)にご指導いただきました。

 <内容>

キックスッテプで登り、下り、トラバース、ピッケルの使い方、滑落停止、スタンディングアックスビレイ、肩がらみ、腰がらみ、ビレイポイントの作り方、自己ビレイ、ロープの使い方、ロープ の結び方、アップザイレン、救助隊のデモなど

朝7時〜13時までみっちりご指導いただきました、H本さん(ちば山の会)には感謝しています。ありがとうございました。

しかし、寒さのせいで後半先輩方(松戸の)はおかしくなっていましたが(笑)

 
 

ロープワークなどは、雪山に限らず必要な知識なので今後も復習していきたいと思いました。また、訓練中にヒヤリハットも確認できた事が良かったです。

 <ヒヤリハット>

スタンディングアックスビレイは、ピッケルをしっかり固定しアックスの上に足を乗せ、体重をかける事! アックスを踏まないと2人とも滑落します。
肩がらみ、腰がらみなど摩擦が大きいので、それ以外の部位には使用しないこと。

など参考になりました。

そして、帰路でも隊長のアイゼン(左)が外れました。もしSLだったら翌日の谷川岳はどうなったんだろ?(笑)

来年もこのような講習会があれば積極的に参加したいとおもいました。

 I塚 記

 山行記の訪問者数 今月:9件 累計:888件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

谷川岳一ノ倉沢衝立岩中央陵 16年6月4日 

谷川岳馬蹄形縦走 14年9月6-7日 谷川岳の白毛門からオキノ耳、トマノ耳まで・・・

谷川岳 山頂でピッケルかざして 14年4月6日 千葉県連主催の雪上訓練の翌日、天神平から・・・

谷川岳 14年4月6日 千葉県連主催の雪上訓練の翌日、天神平から・・・

谷川連峰・平標山 13年3月9-10日 厳冬の平標山での雪洞山行の記録です。松手・・・

谷川岳 13年2月17日 厳冬の谷川岳への雪山山行です。悪天候のた・・・

谷川岳 13年2月17日 前夜発 厳冬の谷川岳への雪山山行です。悪天候のた・・・