Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 新人山行 奥武蔵・武川岳〜二子山 


 山名
武川岳 1052m、二子山 882.7m
 山行日
2014年4月5日(土)
 人数
H谷(CL)、N村(SL)、K田(SL)、I川、U田、K藤、T内、F、W辺(正)、W辺(桂)、M田(里)
 コース
名郷バス停〜天狗岩〜武川岳〜二子山〜芦ヶ久保駅
 費用
 
TAG:奥武蔵,ハイキング,新人山行,武川岳
 
コースmap
武川岳 登山コ−ス

 

 コ−スタイム

名郷バス停9:15−天狗岩10:35−前武川岳11:27−武川岳11:45/12:10−焼山13:23−二子山(雄岳)14:15―芦ヶ久保15:50

 

 武川岳から芦ヶ久保

西武飯能駅からバスで約1時間弱、終点名郷で下車し桜・みつまた・れんぎょう・みつばつつじの咲く里山を抜け、登山口へ。自称『コースタイムの女』N村さんを先頭に出発。

しばらく花粉シャワーを浴びながら杉の植林を登り、最初の難関・天狗岩に。岩の手前には男坂・女坂の標識があるものの先頭N村さんは迷わず男坂へ。岩と格闘すること数分、私の危なげな様子に後ろからW辺(正)さんがストックを持ってくださると声をかけてくださいましたが、なんとかクリア。天狗岩の上もでこぼこの岩道でしたが、その岩の間からカタクリの花がちらほら。

武川岳の山頂
武川岳の山頂

しばらく尾根道を緩やかに登りほぼコースタイムで前武川岳から武川岳に到着し昼食。頂上は広くいくつかのベンチがあり眺望も良好。気温は低いものの温かい日差しに幸せな気分でおにぎりをほうばっていると「まだ3分の1位しか来てないから、これからだよー。」とK田さん。

気分を引き締め武川岳からいったん下り、二子山を目指します。途中の林道で石灰石採掘のため削られた武甲山の痛々しい山肌と秩父の市街をながめ小休憩。

キブシ・馬酔木の咲く尾根道を焼山・二子山へとアップダウンを繰り返しながら、これまたコースタイム通りに通過。

そしていよいよ二子山からの下りへ。この二子山からの下り、ネットで下調べしたところ急下降で尻餅不可避とあったので尻餅は片手の指程度(私の指は左右共5本)までと自分なりの目標を持っていました。

小石混じりの砂の様な土で傾斜もきつく距離もかなりありましたが樹と樹の間にロープが張られ私はもっぱらロープ頼りでしたが、ベテランの先輩方はそれほどロープを必要とせず、軽々と下って行きます。

結局ロープのおかげでこの下りは無事通過。最後の休憩をとり沢沿いのコースで芦ヶ久保の駅を目指します。

クロモジ
クロモジ

芦ヶ久保までの下りはかなりのハイペース。お目当てはビールかソフトクリームかはたまたトイレ? ところが、この沢沿いのコースは二子山の北側になっていて、窪みには残雪の塊が広がっていました。アイゼンは持っていたものの大丈夫ではと言う判断でそのまま進み始めたのもつかの間、一足ごとに雪に足をとられ私ひとりがキャアキャアと大騒ぎ。「雪面に踵から着地すれば大丈夫」のアドバイスになるほどと思い切り足を下ろした途端ズボッ!片足が腿の辺りまで雪の中に埋没・・・抜け出そうともう片方の足を力任せに踏み下ろしてこちらもズボッ!腰から下は雪の中。何とか近くの木につかまり脱出・・・。ホッとしたところで後ろからリーダーH谷さんの悲鳴。良かった、私だけじゃなかった。

沢沿いの道はやがてまとまった水の流れを見下ろしながら徐々に平坦な里山の道に。途中、黄色い小さな花をつけた樹を幾本も見かけましたが、まだ葉が出てないためもあり名前が解らず皆で「何の樹?」と首を傾げていたのですが後日、I川さんの調査で『クロモジ』と判明。

11人の編成でありながらコースタイムぴったり(若干速い位)に芦ヶ久保駅着。春の花とスリルいっぱいの充実した山行でした。

 M田(記)

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記の訪問者数 今月:15件 累計:929件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

奥武蔵 物見山 14年11月19日 

公開地図読み教室 「奥武蔵 多峯主山」 14年5月17、18日 公開地図読み教室

2班班山行 武甲山 14年5月11日 2班班山行です。横瀬駅からタクシーで武甲・・・

新人平日山行 奥秩父両神山 14年4月10日 新人平日山行です。日向大谷からの両神山を・・・

両神山 14年4月10日 新人平日山行で両神山に登りました。途中に・・・