Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 


 山名
赤岳 2,899.2 m
 山行日
2014年 5月 3日(土)〜5日(月)前夜発
 人数
CL:W辺敦、SL:K田、U田、T葉
 コース
中房温泉〜燕岳〜燕山荘(テン泊)〜大天井岳〜常念乗越(テン泊)〜ヒエ平
 費用
車代 6,560円、高速代 2,000円、タクシー代 3,350円、テン場代 1,400円、食料 2,070円、テント使用料300円 合計15,680円
 
TAG:北ア,雪山・スキー,雪山教室,表銀座,燕岳,雪山
 
コースmap
表銀座 登山コ−ス

 

 コ−スタイム

5月2日(金) 松戸19:40==25:00スイス村

5月3日(土) スイス村06:05−中房温泉07:30/07:50−合戦小屋10:55/11:10−燕山荘テン場12:30/17:40−燕岳18:00/18:05−テン場18:30

5月4日(日) 燕山荘テン場06:05−大天井岳09:40/10:00−常念乗越テン場12:30

5月5日(月) 常念乗越テン場06:00−ヒエ平(一ノ沢)08:40==松戸

 

 雪山教室も残すところあと2回となった。

北アルプス表銀座縦走で、自分では今期最後の雪山、春の雪山を楽しみたくて参加した。

前夜発だったが連休前夜のせいか、山梨県に入るまでは渋滞で、スイス村着は日付が代わっていた。 翌日は晴天の中を出発。車は回送するため、タクシーで中房温泉へ向かった。

 

 一日目  晴れのち曇り

燕山荘のテン場
燕山荘のテン場

晴天となれば流石に5月は暖かく、衣類調整をしながら歩くが、合戦小屋手前くらいから膝吊りが始まった。薬は飲んでいたが仕方なく、ゆっくり休ませて貰った。

合戦小屋を出発し周りの樹木が低くなると見えてきた。燕岳をはじめ、明日から歩くパノラマコースが良く見える。でもここからが遠い。燕山荘も見えているのに到着しない。更に冬道なので遠回り。燕山荘を半周してやっとテン場に着いた。

その頃から曇り始め風も強くなり、幕営が済んだ頃は寒いくらいで、燕岳も雲の中にありアタックは様子見としていたが、待った甲斐があり夕方になって晴れ、燕岳を50分でピストンした。

今夜のテント村は、ほとんどが雪のブロックを積み上げ風対策をしていたが、中にはスノーソーで雪を切って積み上げ、その出来映えはエスキモーの仕業かと見まがう様なサイトもあった。

 

 二日目  晴れのち曇り

今日も青空、快晴です。ぬかりなく準備し6時出発。尾根縦走なので雪の無い所もあったが、朝のうちは硬い雪にサクサクとアイゼンが効いて気持ちよく歩けた。とても良い気分でこの自然の中に自分の小さな存在を思うと、とても幸せにすら感じた。

燕山荘
燕山荘

しかし大天井岳が迫ってきて、あの急勾配を直登するのかと思うとそんな気分も吹き飛んでしまった。一息入れて登り始めたがきつい、皆もきついはずなのに少しずつ離されてしまう。

あまり先は見まい。きつい時は上を見上げてはダメ、と敦ちゃんに教わった。ひたすら目の前を見て一歩一歩進む。斜面をトラバースする所もあり用心してピッケルを構えて慎重に進んだ。

夏道なら大天井小屋回りなので、距離があってもっと楽なのだがこの時期は使えない。辛抱、しんぼう、ピッケルを突きヒザを押さえてガマンの連続だ。

前に追いついたと思った頃、勾配も緩くなって間もなく山頂に着いた。

やった、苦しかったけどもの凄い充実感だ。山頂からの景色、回りの山並みが綺麗に見える。これが楽しみで登って来たのだ。

長居は無用と下山を始めたが、登りが体に応えたのか常念乗越がやけに遠く感じる。いくら歩いても着かない。横通岳を巻いて常念小屋が見えた時は、もうすぐ休める、生ビールが待っていると思うとほっとした。

ところがテン場に着きテントを張る頃にはまたもや曇り空で、風も強くなってきた。小屋で確認すると、予報通り明日は天気が悪いということだった。

もし明日下山となるようなら、これから常念岳を登るかと考えたが、情けない事だが今日はここまでとの思いでいた事、大天井岳の直登ですっかり気力が切れている事などで、却って危ないし無理はしたくないので、明日の天気で下山となっても悔いは無いと決定した。

 

 三日目  雪のち雨

大天井岳山頂にて充実のショット(byK)
大天井岳山頂にて充実のショット(byK)

昨夜は強風でよく眠れなかった。風上に頭があったのでテントごとグイグイと頭を押され続け、あまり眠れていない。明け方我慢が出来ず180°回転しやっと気持ちよく寝入ったと思ったら起床ベルが鳴っている。

外は、風はあるが雨は降っていない。この強風下で途中で雨になれば辛いが、予定通りに進むことにして準備を始めたのだが、テント撤収の頃は雪になり吹雪になってきた。

目前の常念岳は霞んでいる。奥穂の方は雪雲が掛かっている。リーダーを中心に、今日は今回最長のコースなので、この気象の中を行くのは危険だと判断し、下山することにした。苦渋の決断だった。

ヒエ平に向け下山したが、他にも大勢下山していた。予定通りなのか、切り上げて下山を選んだのか、我らと同じだと思いたい。ヒエ平に着いた頃は冷たい雨に変わっていたが、続々と下山者はタクシーで降りて行く。

我々も予約のタクシーに乗ったが、事故のニュースを聞かされ、断腸の思いで下山を決めた事だったがこれで良いのだと納得した。

絶対、無事に家族の元に返らなくてはならない。適切な判断をされた先輩方に感謝である。

 T葉(記)

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記の訪問者数 今月:11件 累計:1428件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

中央ア 木曽駒ヶ岳 17年4月30日 

焼岳 18年4月9日 前夜発 

雪山教室 北アルプス・五竜岳 15年5月3日-4日、前夜発 

水ノ塔山 雪山教室 14年12月6日 日帰り 

感動の積雪期富士山 14年5月10-11日 吉田口五合目の佐藤小屋から積雪期の富士山・・・

富士山 14年5月10-11日 7人で富士山に登りました。山麓では雪訓を・・・

富士山 14年5月10-11日 7人で富士山に登りました。素晴らしい景観・・・

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 燕岳から表銀座を縦走する予定でしたが翌日・・・

雪山教室 北アルプス・表銀座縦走 14年5月3-5日 雪山教室、ゴールデンウィークの表銀座縦走・・・

雪山教室NO.9 南八ヶ岳・赤岳 14年4月12日-13日 美濃戸口から入山し行者小屋で幕営、明日の・・・

谷川岳 山頂でピッケルかざして 14年4月6日 千葉県連主催の雪上訓練の翌日、天神平から・・・

爺ヶ岳南尾根 14年3月20-22日 爺ヶ岳は深い雪の中です。ジャンクションピ・・・

爺ヶ岳南尾根 14年3月20-22日 ジャンクションピーク手前の稜線にテン泊し・・・

雪山教室 八ヶ岳:硫黄岳〜横岳 14年3月8-9日 谷川岳を予定して雪山教室はこの時期として・・・

雪山教室 八ヶ岳:硫黄岳〜横岳 14年3月8-9日 雪山教室、赤岳鉱泉のテン場にテントを張っ・・・

雪山教室 日光白根山 14年2月22-23日 雪山教室、大雪のため予定していた鳳凰三山・・・

雪山教室 日光白根山 14年2月22-23日 雪山教室、白根山ロープウェイ駅から厳冬期・・・

瑞牆山・金峰山 14年1月25-26日 雪山教室、富士見平小屋にテントを張り瑞牆・・・

黒戸尾根から甲斐駒ケ岳へ 14年1月10-13日 1月の厳冬期、黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳の山・・・

黒戸尾根から甲斐駒ケ岳へ 14年1月10-13日 厳冬期の黒戸尾根から甲斐駒に登った写真集です。

爺ヶ岳南尾根 13年12月20-22日 爺ヶ岳のい南尾根を登りました。例年にない・・・

北アルプス 燕岳 13年11月16-17日 今年最初の雪山は燕岳へのテント山行です。・・・

北アルプス 燕岳 13年11月16-17日 合戦尾根から雪の稜線を登ると青空の下に槍・・・

燕岳〜常念岳に咲く花や動物たち 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へはたくさんの花が咲く縦走・・・

燕岳〜常念岳 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へのテント山行です。合戦尾・・・

燕岳〜常念岳 13年7月13-15日 燕岳から常念岳へのテント山行写真集です。・・・

硫黄岳・横岳 13年2月9-10日 赤岳鉱泉から厳寒期の硫黄岳、横岳に登りま・・・

登山学校雪山教室 北八ヶ岳・天狗岳 13年1月19-20日 登山教室は北八ヶ岳の天狗岳です。黒百合平・・・