Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 年間山行計画 南アルプス・日向山 


 山名
日向山 1,660m
 山行日
2014年6月14日(土)
 人数
CL:N村、SL:I藤(富)、U田、H坂、O澤
 コース
矢立岩〜日向山〜雁ヶ原〜日向山〜矢立岩
 費用
 
TAG:南ア,ハイキング,日向山
 
コースmap
日向山 登山コ−ス

 

 コ−スタイム

矢立石10:00−日向山11:20−雁ヶ原11:35/40−日向山11:50/12:20.−矢立石14:10

 

 風化した白い花崗岩が広がる日向山

日向山の山頂
日向山の山頂

今年の年間山行計画は南アルプス周辺と山域と定め、前衛の山から高山へとステップアップしていく形で進めることになりました。

日向山は甲斐駒ヶ岳の展望台として知られ、山頂部が花崗岩に覆われているそうです。又今年は雪の被害により南アルプス全体で鹿250頭の死骸があるとも言われ、尾白川林道にもいくつかあり触らないよう注意がなされています。

今回はU田さんの協力を得て車で登山口まで車で入り、雁ヶ原まで往復というコースです。駐車場に止められるか心配していましたが、運良く既に登山が終わって空いた場所があり車を止めることができました。日向山はなかなかの人気です。

矢立石の登山口からミズナラ、ブナ、カラマツの木々の新緑は目に優しく、登山道の傾斜も緩くのんびりした雰囲気です。ハイキングの道標もおかれているため、コース上の目安がつきます。ヤマツツジ、ギンリョウソウ、フタリシズカ、ミツバツチグリ、チガソデソウの花が目にとまります。

途中で地元での友だちという若い男女6人組みと会い、ハイキングは初めてだからと私たちの後に付いてくるようになりました。

白い花崗岩が広がる雁ヶ原
白い花崗岩が広がる雁ヶ原

いよいよ日向山に近づくと「水着もって来た。」という冗談がつい出てきます。そして、一歩、二歩、三歩で日向山に到着。皆「わーすごい」と驚嘆の声。

そうです突然花崗岩が風化して出来た砂浜が、目の前に現れるのです。そして、10分程先の花崗岩が露出した雁ヶ原まで足を伸ばすと左に富士山、鳳凰三山、そして甲斐駒ヶ岳、右に八ヶ岳が眺めることができます。

知り合った6人組みに、I藤さんが地図・コンパス・ヘットランプの携帯をレクチャーしていて、若者たちは興味深げに聞いています。そしてI藤さんは、「あなたたちが松戸に近かったら会に入会してもらえるのだけど。」と勧誘するつもりだったのです。

U田さんは1月に黒戸尾根から登った甲斐駒ヶ岳の写真を何枚も撮っています。おそらくその時のことを思い出していたのでしょう。

帰りはO澤さんが以前笹の中で見つけるのに苦労した三角点によって写真を撮り、同じ矢立石に下山しました。7月の年間山行計画はL上田さんによる櫛形山です。

 N村(記)

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記の訪問者数 今月:10件 累計:658件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫