Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 雨物語2014 奥多摩・棒ノ折山 


 山名
岩茸石山793m、棒ノ折山969m
 山行日
2014年6月18日(水)
 人数
2人
 コース
戦畑〜岩茸石山〜棒ノ折山〜河又さわらびの湯
 費用
入浴料含め3,758円
 
TAG:奥多摩,ハイキング,棒ノ折山
 
コースmap
岩茸石山・棒ノ折山 登山コ−ス

 

 コ−スタイム

新松戸5:35=(JR)=7:39軍畑7:45−8:35R8:45−9:35岩茸石山9:45−10:35 941m標高点10:45−11:30棒ノ折山11:40−12:35R12:40−13:00河又さわらびの湯

 はじめに

4月に行った地図読み教室実践登山に参加した折に2つの疑問が残りました。1つ目は歩き始めて10分ほどのところにあった上り坂の行方、もう一つは岩茸石の登りで尾根を外さずに登れないか、でした。

この2つの宿題を片すべく計画したのですが大雨のため中止。せっかく苦労して作った計画書を使うために再挑戦しました。日程を決めたのが4日前だったので参加者は2人だけでした。

 登り、そして雨

天気予報の降水確率は午後60%。天気の話しをするとリーダーも雨に当たることが多くカッパを使う頻度は多いとのこと。雨女に雨男、雨は覚悟しました。

途中の黒山に三角点
途中の黒山に三角点

それでもペースを速め逃げ切りを目指します。リーダーが先頭で登り始めるとなぜか間がどんどん開く。しかし下りになると間が詰まる。

そこで2人が暗黙のうちにとった作戦は、自分のペースで歩く、ことでした。登りが遅い私はリーダーに置いて行かれ泣く泣く付いていく有様です。休憩時間も10分にしました。

棒ノ折山の頂上で休憩をとっていると雲が上がってきました。天気が悪くなる前兆です。案の定、下り始めた途端にポツポツ。雨脚はどんどん強くなります。

岩茸石付近でリーダーはカッパを着てザックカバーも付けました。私は、カッパは大切な物なので使わずに傘をさして降りました。

ここらではもう本降りとなり登山道の上は沢のように水が流れています。棒ノ折から河又に下る道は沢コースと尾根コースがありますが雨が降っているので安全な尾根コースをとりました。

雨模様の棒ノ折山
雨模様の棒ノ折山

そんな大雨の中を一目散に下ったのでなんと13時にさわらびの湯に着きました。バスはほぼ1時間後。ゆっくり温泉に浸かることができたので、濡れた体を温め、乾いた服に着替えることもできました。

ただ、温泉に浸かっている間に雨は止み、薄日まで差してきたのです。あの大雨は何だったのでしょうか。

 宿題の結果

1問目、車道脇から出ている地形図にない細い登りの道はやはり上の集落につながっていました。

2問目、登りで一部、まいている登山道を離れ尾根を直登しました。踏み跡はありませんでしたが、そこは藪ではなく、歩きやすい高さ10?程のササ原でした。

 おしまいに

最近の山行、2度も雨天中止だったのでやっと行けた山、美しいリーダーにしごかれましたが、大雨の中も歩けて大満足の山でした。

 H川

写真をクリックすると大きな写真を表示します。

 山行記の訪問者数 今月:11件 累計:807件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

奥多摩 御前山 17年6月11日 

奥多摩 城山 忘年山行 15年12月5-6日 

奥多摩 大岳山 忘年山行 15年12月05-06日 

赤ぼっこ 15年02月17日 

奥多摩・棒ノ折 温泉付き班山行 14年10月26日 岩茸山から棒ノ折山への軽い縦走です。帰り・・・

2班班山行 奥多摩・生藤山 14年9月6日 奥多摩の静かなハイキングコース

1班班山行 新緑の高水三山 14年5月24日 1班班山行です。お天気に恵まれ新緑の高水・・・

2012年度 第3回基礎講座 御前山 13年3月23日 基礎教室は御前山です。今回のテーマはスト・・・

カメの子ハイク・御岳山 13年1月19日 今年最初のカメの子ハイクの写真集です。予・・・

カメの子ハイク・御岳山 13年1月19日 カメの子山行は御岳山です。当初予定してい・・・